« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

鰯の有馬煮とアスパラとコーンのかき揚げ

060630image_1

<本日の献立>

鰯の有馬煮
アスパラとコーンと小海老のかき揚げ
焼厚揚げの新玉葱と胡瓜の金山寺味噌(もろみ味噌)がけ
小松菜と切干し大根のからし醤油和え
柴漬け
根菜たっぷりのお味噌汁(薩摩芋、じゃがいも、人参、玉葱)
7種の雑穀ご飯

●鰯の有馬煮

060630_5

これは5月末に買った山椒の実の写真。
佃煮になっているのは買ったことがあったのだけど、実を買ったのは初めて。

その日に一部を炒め物に使ったけど、後は風味を良くするために1日陰干しして、休日にテレビを見ながらちまちま実を枝から離し、3分ほど茹でてから一度水にとって、佃煮にしないで冷凍しておいたの。
辛いのが好きな人は水にとらずに冷まして保存するといいそう。

この作業、猫に向かって手伝ってくれよ〜と何度か言ってしまったぐらい面倒だったけど、頑張った後は美味しいごちそうをイメージして煮るのみ。楽しみ〜!
東京でこれだけ入って398円なら佃煮を買うよりいいかな。

今日久しぶりに真いわしを入手!帰って腹わたをとったあたりで思い出して、この山椒の実を使って初めての有馬煮を作ってみたの。

060630_1

お店で食べたのは甘辛味だったけど、一応ネットで調べて、あちこちからいいとこ取りして、私はちょっと甘辛ですっきりした味を目指したよ。

私は腹を開いて腹わた出しちゃったけど、こういう風に煮るなら頭を落としてかきだせば良かったと今は思うな。

6尾分、きれいに冷塩水で洗ったらペーパーで水分をふいて、熱湯1:酢1を沸騰させた中にサッと通してからざるにあげる(表面の皮がきずつかないようにね)。

煮汁は水またはだし汁4(鍋によって適当に):酒大3:みりん大1:醤油大1.5〜1(目分量につき要調整)で作って、冷凍した山椒の実大1と鰯を鍋に並べ、魚の上に砂糖を大1/2(好み)をかけてからペーパーの落としぶたをして煮詰めたよ。
途中で煮汁を魚に何度かかけ、ひっくり返さなければ、表はきれいに煮る事ができるからね。

私は実山椒で煮たけど、市販の佃煮になっている実で煮るレシピは沢山あるよ。
でも私たち好みの柔らかな山椒の味ですごく美味しかったの!
オットは「食べた後もすっきりしてて気持ちいい〜な〜」って言ってた。

鰯や鯵は夏が旬な美味しい魚、実山椒で煮るた上品ですっきり味にお酒もすすんじゃうよ。



●アスパラとコーンと小海老のかき揚げ

060630_2

前に母から送ってもらった沢山のアスパラでいろいろ食べた気がしてたけど、天ぷらにするの忘れてたよ。

今日は買ったアスパラだけど、コーンと切ったムキエビも入れてかき揚げにしたの。衣にお塩ちょっと入れてね。

アスパラとコーンが甘いね〜。
かき揚げはいつも下手だけど、美味しかったよ!


●焼厚揚げの新玉葱と胡瓜の金山寺味噌(もろみ味噌)がけ

060630_3

あはは…、またの登場ごめんね。

いつものようにスライスした新玉葱の水分をペーパーでとって、太千切りの胡瓜を水で洗って絞ったものに、もろみ味噌(今日は金山寺味噌)とたっぷりの鰹節で和えたものをのせる。食べる前に和えた方がいいよ。
そしてお醤油をちょっとかけて食べるの。
今日は小さい厚揚げに大量のトッピング。青紫蘇忘れちゃった〜。

このトッピングだけでも1品よ。


●小松菜と切干し大根のからし醤油和え

060630_4

少し残っていた小松菜をさっと茹でて、少量のだし醤油(だし汁1:醤油1)に浸し、戻した切干し大根も絞って浸し、軽く絞ってからたっぷりのからしと、少量のお醤油を加えて和えただけ。

ツンとした辛さに歯ごたえもあって美味しいよ。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年6月29日 (木)

トマトとズッキーニの冷製パスタとカンボゾーラ??

060629image_1

<本日の献立>
トマトとズッキーニの冷製パスタ(アンチョビバルサミコ)
鶏のささみとカラフル野菜のごちそうサラダ
カンボゾーラとオリーブのバゲット
いただきものサクランボ

なんか大盛りだ〜〜!

今日は暑かった〜。おつまみご飯が続いたので、ちょっと気分を変えてみるよ。
ズッキーニとチーズが食べてくれ〜って冷蔵庫の中で言ってるの。

目新しいもの探しにセレブな奥様が行くスーパーに寄ってウロウロ長居したけどみバジルとカッペリーニだけ買って来た、つもりだった。。。
でも茹でる時、よく見たらフェデリーニ(1.4mm)!!!ガックシ…。
仕方ないのでこれで我慢。。。


●トマトとズッキーニの冷製パスタ アンチョビバルサミコ味

060629_1

ベースのソースは『基本のイタリアン』にあったトマトソースをアレンジ。
それにズッキーニと、何かうまみが欲しくて、買ってあったアンチョビをいれてみることに。・・・お、おかしいかな?

メモよ。

湯むきして種をとった完熟トマト(フルーツトマトは買ってないから普通の)小3個、ズッキーニ1本も1cm角(のつもり)に切り茹でる。

アンチョビフィレー8枚、バジリコ4枚+飾り用。野菜は1cm角(のつもり)で、アンチョビは小さく切る。

レモン汁大1、バルサミコ酢大1、エクストラバージンオイル大2、塩、胡椒、はちみつ小1/2(普通のトマトを使ったので甘みとして)を混ぜ、トマトやズッキーニ、アンチョビも入れて冷蔵庫で冷やす。

パスタ160gを塩大1強で茹でて、氷水で冷やして水気をきり、オリーブオイルを少し絡めておいたの。(カッペリーニじゃないからわかんなくて〜!)
パスタと冷えたソースを和えて麺を盛り、具をのせバジルを飾った。

あ〜、きれいに盛れなかった〜。野菜も大きすぎた〜。
でもアンチョビいれて美味しかった。
次は良く見てカッペリーニ買ってくるわ。


●鶏のささみとカラフル野菜のごちそうサラダ

060629_3

今日のサラダはパサツキがちな鶏ささみをしっとりいただくタルタル風?ドレッシングで。

ささみは酒をふってしばらくおいてから茹でて割き、ゆで汁の中で冷ます。
パプリカ赤・黄とピーマンは切ってからアルミホイルをひいたグリルで焼く。
レタスを切り、スライスした新玉葱、と混ぜて器に盛り、その上にパプリカとささみをまぜてのせた。

ドレッシングはピクルス小1本刻んで、マヨネーズ大2、レモン汁大2、こちらもついでにはちみつ小1、なぜか醤油も小1、あとは塩胡椒で調整して盛ったサラダにかける。

温泉卵をのせて、イタリアンパセリがないので普通のパセリを刻んでのせた。
あとは胡椒をパッパ。
温卵くずして食べればタルタルソースみたい。


●カンボゾーラとオリーブのバゲット

060629_4

『カンボゾーラ』ってチーズ知ってた?
これはイタリアじゃなくて、ドイツのなんだけど、カマンベールとゴルゴンゾーラがミックスされたブリー&ブルーチーズ。

カマンベールのしっとりさとゴルゴンゾーラの程よい香り、試しに買ってみたんだけど、すごく食べやすかったし、どっちもいいとこどりで気に入っちゃった!

なぜかアメリカで大人気って書いてあったけど、Miaさ〜ん、知ってた?

●いただきものサクランボ

うわ〜〜い!!こんなにいっぱいでいいの?

お仕事でお世話になっている、センスのいい私たちの憧れのIさんご夫妻に昨日サクランボをいただいた!

060629_5

その一部だけど、見て〜。だ〜い好きなんだ、さくらんぼ。
でも高くてなかなか買えない。。。さくらんぼ泥棒とかニュースでもやってたね。

もう全部食べちゃった〜。ごちそうさまでした。

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

豆腐と砂肝の味噌漬け★おつまみおかず

060628image

<本日の献立>
豆腐の味噌漬けバター焼きと砂肝の味噌漬け焼き
小松菜と豚挽肉の炒め物
長芋とツナのサラダ
枝豆
7種の雑穀ご飯のおにぎり

あいかわらず更新がずれていて、なかなか追いつかないよ。

この日はオットより私の方が帰りが遅かったので速攻おつまみご飯。
遅くなるのはわかってたから、月曜の夜中に準備したのが味噌漬け。


●豆腐の味噌漬けバター焼きと砂肝の味噌漬け焼き

060628_1

お豆腐の味噌漬けはYOMEちゃんレシピ(→こちら)で、お豆腐にうすくお味噌を塗ってラップに漬けるだけのお手軽さ。
私は安いお豆腐だったから、重しをして水切り15分してから、味噌1カップにみりん大1.5〜2ぐらいかな?適当に混ぜて薄くぬった。
ラップして2日目、みそを落としてバターで焼く。
ん〜、バターで焼くとちょっとチーズみたいでワインもいいね!
私は紫蘇を添えてみた。
2日目でもみりん入れたら、うちの味噌だとちょうどいい塩加減だった。

砂肝は前にも出てるかな?私とオットの大好きおつまみ。
みりん入のお味噌で漬けるの。みりんの量も適当でも大丈夫だよ。
食べやすく小さめに切った砂肝をラップにのせ、味噌をたっぷりめに混ぜて包み、冷蔵庫で2日。
味噌をざっと洗い流して、焼くか、テフロン加工のフライパンで油をひかずに焼くの。焦げやすいから弱火でね。
こちらも七味唐辛子を添えて食べる。ほ〜んと美味しい。

今日は焼くだけだから楽チン。


●小松菜と豚挽肉の炒め物

060628_2

時間がないのであまりメニューを考える余裕も、材料もないんだけど、
小松菜と豚挽肉を胡麻油で炒めて、酒、中華だしの素を少量の水で溶いたもの、お醤油少々、塩胡椒で調味したら仕上げに水溶き片栗粉でまとめるだけ。
葱入れるのを忘れたので、最後に刻み葱と糸唐辛子を飾ったよ。
ちょっとトロ味のあるもの1品もいいわ。


●長芋とツナのサラダ

060628_3

今日はメインらしいものがないので、こちらもちょっとボリューム出してみる。
長芋2を千切りにして、酢水で洗い、ぬめりをある程度落とし、水気をきる。貝割れ大根1/2にカットして、新玉葱適量スライス(普通ので水にさらしても)、レタスも適量ちぎる。
ツナ缶小1個、オイルをきって、長芋の色が悪くならない程度の山葵醤油とレモン汁を好みで。あとは塩胡椒で野菜とさっくり混ぜる。
トッピングにこの前いただいた韓国海苔をちぎって。
大根サラダより食べれちゃうよ。

あとは枝豆あればいいや〜。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年6月27日 (火)

鰹の揚げポンと納豆蕎麦きんちゃく

060627image

<本日の献立>

鰹のたった揚げポン酢びたし
海老と胡瓜の白和え
納豆蕎麦きんちゃくの網焼き
冷やしトマトパセリ&レモンドレッシングがけ

大根のお味噌汁(写真なしで私だけ)
5種の雑穀ご飯でのりたまおにぎり(写真なしで私だけ)

「少し遅くなるから、おかずだけでいいや」とうちの写真係は言ってました。
でも何がどーしたのか、帰ってきたの、2時ちょい前。
もう写真もいいよって感じだったのだけど、撮るんだそう。

家事は手伝わないが、あんたはエライ!

遅いならと私もおやつ沢山たべたんだけど、待ってたらお腹減りまくりで、
先におにぎりと味噌汁食べちゃった。

この何ってことない居酒屋風なおかずたちは、残りモン&常備品活用で。


●鰹のたった揚げポン酢びたし

060627_1

お安い時に買った鰹、小さい方1本を冷凍しておいたもの。
実家では角煮なんかにもしてたけど、野菜と一緒にできるだけジューシーに食べたいのでやってみた。
下味はお酒と醤油を1:1ぐらいで15分ぐらい。
それに片栗粉をつけて揚げたんだけど、卵白が残っていたので、試しに半分は溶いた卵白をからませてから片栗粉で揚げてみた。
でもなくていいみたい。。。

新玉葱のスライスと三つ葉を切ってそのまま冷蔵庫で先にポン酢に漬けておいたもので、揚げた鰹に胡椒少々してから挟んで、さらに鰹にポン酢をかけていただいた。

三つ葉の香りが揚げた鰹とあっておいしかったよ。片栗粉にも玉葱エキスのポン酢が染みて、意外とジューシーに食べれるし、鮪でやってもおいしいね。
冷蔵品の残り物だったら、半生で揚げるといいね!

●海老と胡瓜の白和え

060627_2

昨日残しておいた絹ごし豆腐70〜80gぐらいかな?
私の常備品、冷凍してある小さなお安いムキエビで白和え。

胡瓜は強めの塩でもんで、しんなりしてきたら水で流し、しっかりぎゅ〜っと水気を絞る。
ムキエビは酒を入れた湯でさっと茹でて(固くならないようにね)水気をきってさます。
白和え衣はレンジで2分チンしてからペーパーや重しで水気をきった絹ごし豆腐70gぐらい(?)に白すりゴマ大1、お砂糖はなくてもいいぐらいだけど好みで少々、薄口醤油小1に塩胡椒(調整して)。できるだけなめらかになるようする。
魚系を入れる白和えの時は、私はお砂糖とか入れなくて、胡椒なんかも入れておつまみ風に仕上げてるけど好みで。

食べる前に胡瓜の水気をもう一度絞ってから和えてね。
なめらか豆腐の中に胡瓜の歯触りと海老のプリっとした感じが好き。


●納豆蕎麦きんちゃくの網焼き

060627_3

初めて私のブログに登場した納豆。日々朝食では食べてるんだけどね。
おつまみにはいつもかかせないお揚げに入れて焼いちゃうけど、常備品っていったらうちの場合お蕎麦よ!

今日は少量を茹でたけど、蕎麦が残った次の日なんか、ママのおやつにもどお?

納豆1パック添付のたれも。蕎麦は1人分の半分ぐらいかな?お揚げの大きさにもよるから適当に茹でるか残ったものを刻む。そして葱か小口葱も刻み、(好みの薬味でどうぞ)山芋6〜7cmぐらいすりおろしたものを加えてよく混ぜる。
これに半分に切って油抜きしてから絞ったお揚げに詰めて楊枝でとめる。
表面にうっすらと胡麻油を塗ってグリルで焼けばできあがり。

060627_4

食べ方は、鰹ぶしをたっぷり添えて。
それに麺つゆをかけて、汁気をすった鰹節とお揚げを一緒にいただくの。
蕎麦アレルギーや、納豆嫌いでなければきっと気に入る!


●冷やしトマトパセリ&レモンドレッシングがけ

060627_5

あと居酒屋でかかさず頼むのは冷やしトマト。
基本的にはレモン汁とパセリ、あと控えめのお酢と砂糖、そして塩胡椒で調味した簡単ドレッシングをちょいとかけて。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

スッキリ甘辛チキンのはちみつ煮

060626image

<本日の献立>

スッキリ甘辛チキンのはちみつ煮 レモン添え
豆腐とトマトと胡瓜のサラダ
蒸しキャベツのナムル
茄子ともやしのスープ
5種の雑穀入ご飯でジャコと小松菜の焼き飯


先週のいろいろは今日一気に解決の方向に向かい、ほっと安心。

●スッキリ甘辛チキンのはちみつ煮 レモン添え

060626_1

昨日安かったから久しぶりに買った手羽元、ちょうど鶉の卵の賞味期限が迫っているのではちみつで一緒に煮てみる事に。
いつものようにバルサミコで仕上げる甘辛スッキリ味。

まず下味、YOMEちゃんがチキンを焼く時にブラウンシュガーを塗っていたのを思い出したので、三温糖を薄くすり込んで、酒1:醤油1に漬け込むこと15分。

その間に鶉の卵を茹でて水の中で殻をむいておく。

漬け込んだ手羽元は、フライパンに薄く油を引いて皮面から焼き色がつくよう押さえつけながらまんべんなく焼く。

鍋にうつしてひたひたの水と酒1/2カップ、醤油大4、はちみつ大4(好みで3)ぐらい入れて強火にかけ、沸騰したらアクをとりながら10分、うずらの卵とバルサミコ酢大1を入れて時々木べらで返しながら煮汁にとろみがつくまで煮詰める。

(*追記:手羽元は12〜13個、鶉の卵は10個分でした)

レタスを敷いた上に盛りつけて、レモン汁をちょっと絞っていただいたよ。

揚げるより好きかも〜、甘辛なのにちょっとスッキリ味で4つも食べちゃった!

●豆腐とトマトと胡瓜のサラダ

060626_2

先週例の濃いお豆腐を食べてから、豆腐はしばらくいらないというカンジになっていた私たち。今日はお安い絹ごし豆腐でさっぱりと。
鶏を煮込んでいる間に簡単にサラダ1品。

絹ごし豆腐大2/3丁、胡瓜1本、トマト1個をころころ切って、胡瓜は塩をしてなじませてから水で流したもの。新玉葱のみじん切り1/4個水分を軽く絞ってさっくり混ぜる。

ドレッシングはノンオイル青紫蘇ドレッシング。刻んだ大葉2枚のせて簡単にすませちゃったよ。


●蒸しキャベツのナムル

060626_3

またまた蒸しちゃうよ。
生のキャベツは朝コールスローなんかで食べるけど、夜はつい火を通して食べたくなる。
刻んだ葱、半ずり白炒り胡麻、塩、砂糖少々、胡椒と豆板醤、胡麻油少々で味付けした簡単ナムル。


●茄子ともやしのスープ

060626_4

なんだか今日はミックス献立。
汁物は鶏ガラスープに干し海老を少し、薄口醤油と塩、胡椒で味付け。
具は酢を入れた湯でさっと下茹でしたもやし、皮を剥いて切り、水に5分ほどつけてアクを抜いた茄子。
彩りにパプリカも仕上げに入れたんだけど、作ってからだいぶ時間もたって見えなくなってしまったよ。


●雑穀入ご飯でジャコと小松菜の焼き飯

060626_5

冷蔵庫の中の残りのご飯、手羽元でカロリーあるかなと思ったので、胡麻油を控えめに、ジャコと小松菜、炒りごまで塩味の簡単焼き飯。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

大根蕎麦に鯵と胡瓜のからし酢みそ和え

060625image

<本日の献立>

鯵と胡瓜のからし酢みそ和え エシャレット添え
さつまいもの胡麻天と竹輪の磯辺揚げ
茄子とモロッコいんげんの含め煮
白瓜の三五八漬け
ざる大根蕎麦(葱、みょうが、わさび)

土日は異常なほどよ〜く寝て、ちょっともったいなかったかな。
でも来週からまた睡眠不足にも耐えられそう。





●鯵と胡瓜のからし酢みそ和え

060625_1

鯵のたたきも第4弾?、いつものお安い小振りな鯵2尾だけど、
美味しい季節にいろいろ楽しむよ。今日は酸味も柔らかな『からし酢みそ和え』。

鯵はぜいごをとって3枚におろして小骨をとり、皮もはぐ。
そぐように切り、わずかに塩をふって冷蔵庫で15分。
胡瓜1本を薄く切り、強めの塩で揉んでしんなりしたら水で流してぎゅっと絞り冷やしておく。
好みの薬味も刻んでおく。私はみょうがとアサツキを刻んで大葉を飾った。

辛し酢みそは味噌によっても違うけど、今日はお手軽バージョン。

まず西京みそ8:普通の味噌2でブレンド。普通の白みそならそのままで大丈夫。
ブレンドした味噌大4(普通の白みそ大4と砂糖大1/2〜1でも)、みりん大1、だし汁大2を混ぜて電子レンジ200Wで1分、かき混ぜてさらに1分チンしてかきまぜる。
この味噌の1/3ぐらいの量の酢を入れ混ぜると『酢みそ』ができる。
更にからしを加えれば柔らかな『からし酢みそ』になると思うんだ。

お魚や野菜により好みで甘さを調整したり、酸味はだし汁で調整すればいいよ。

食べる前に冷蔵庫から鯵をとりだし水分をペーパーでおさえ、胡瓜の水気を良く絞り、薬味とからし酢みそで和えればできあがり。

オットが好きなエシャレット、前は確かマヨ味噌だったけど、今日は同じからし酢みそでいただいたよ。美味しかった。


●さつまいもの胡麻天と竹輪の磯辺揚げ

060625_2

お蕎麦だから天ぷら2種ね。
久しぶりのさつまいもの天ぷらは、白炒りごまと塩少々を衣にたっぷり混ぜて揚げ、揚げたらさらに胡麻を少しかけて油をきるの。
竹輪の方は衣に青海苔と塩少々。
箸でパッパと衣を落として・・・が下手なのよね〜。
衣が少しづつ余ったので、こんな時の衣で天かすを作って冷凍した。
冷やしのお蕎麦に入れてもいいしね〜。




●茄子とモロッコいんげんの含め煮

060625_3

やっと作ったよ、子供の頃からよく食べてる定番だったはずなのに。
いりこで煮た?って聞いたので、うちのは何のだしだっけ?と今日母に電話した際に聞いてみたら、「煮干しサ〜」とのこと。そ、そうだった?
そういえば、昔は毎日の味噌汁も頭と内臓の黒いのをとってミキサーにかけてたっけ。。。

田舎の味を再現しつつ私流に、ちょうど残ってる煮干しがあったので頭と内臓をとって包丁の柄でひとつきし、ぬるま湯に15分ほど漬けてから7分煮て煮干しのだしをとった。

その間モロッコいんげんは塩湯で軽く下茹で、茄子は格子の切れ目を入れて切る。

茄子の皮面を油で炒める。皮面を炒めたら反対側もさっと炒め火をとめる。
そして熱湯をかけまわし、蓋をずらして湯を捨てる。(手抜きしなければざるにとって湯をかけ油抜きするといいけど)

いりこ(煮干し)のだし汁に醤油、酒、砂糖、みりんでひたひた位に煮汁を作り、油ぬきした茄子とモロッコいんげんを入れ、ペーパーの落としぶたをしてゆっくり煮含め、火から下ろして鍋毎水をはったバットで冷ます。
油抜きや冷やすのはちょっと手間だけど、こうすると色が悪くなりすぎないで、味がすっきり染みると思うんだ。
茄子は油を多く吸うからね、揚げびたしの時も熱湯で油抜きしてるよ。

最近鰹だしばかりだったけど、思い出した〜、茄子と煮干しの美味しさ!
かなりうまくいって母の味超えたかも?冷たくてもホッとする美味しさだね。

皆の家のそれぞれの味や作り方でいろんな味があるんだろうな〜。


●ざる大根蕎麦(葱、みょうが、山葵)

060625_4_1

春に温かい大根蕎麦やったけど(ギャー、この日もエシャロット食べてる!)、今日はざるで美味しい大根蕎麦!

大根10cmぐらいを蕎麦の2割〜3割分ぐらい千切りするのだけど、これは切れないスライサーなんて使っちゃダメだよ。
茹で上がった蕎麦と同じ位の太さになるよう包丁で千切りするの。
それを塩を入れた湯で蕎麦よりちょっと固め位に茹でて(余熱で柔らかくなる分も計算して)ざるにとり、扇いで冷ますの。氷でものせて仰げば早いよ。
冷めたら冷蔵庫で冷やして水をきった蕎麦と混ぜて食べるんだ。

好みの薬味やトッピングでどうぞ。

大根蕎麦は特別いいものじゃなくていいよ、好みの乾麺で十分。
ただ、水をケチらずたっぷりの湯でちょうど良い固さに茹であげることと、流水でやさしくもみ洗いをしっかりするのさえすればね。

060625_5_1

蕎麦にまつわる思い出話をちょっとだけ。

私の実家がショボイ民宿をやっていた頃、たまにかけ蕎麦を出していて、蕎麦係というのが存在した。
この蕎麦係、随分長い事おばあちゃんの仕事で、蕎麦を茹でる見極めと、他の作業を並行してできない大事な仕事として扱われていた。

それは乾麺だったのだけど、それでもお客さんが食べるまでの時間を計算して絶妙な茹で具合を判断し、名前を忘れたが、大きな柄のついたざるで黒い大鍋から引き上げて水にとり、そのもみ洗いの完了の判断も婆ちゃんが80近くまでやったかな。
その後を引き継いだのは私だった。

蕎麦をやるのは大晦日や連休の時なので、私も連休の度に帰り蕎麦を茹でた。
しんしんと雪が降る中の真水の冷たさだったけど、毎日じゃないからね、少しでも美味しい蕎麦のことを考えたら嫌ではなかったよ。
でも正直、賄いで食べてみて、「今イチだったかな」って思ったこと数回。
今でももう1歩ってカンジ。こっちだと水が違うんだろうね、なかなか同じならないよ。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

大葉香る秋刀魚の焼き漬けと蛸もずく

060623image

<本日の献立>

大葉香る秋刀魚の焼き漬け 焼きエリンギ添え
蛸ブツと胡瓜のもずく酢
さやいんげんの胡麻チーズソース
三つ葉とえのきの辛し明太子和え
白瓜の三五八漬け
白菜とアサツキのお味噌汁
白米ご飯

あいかわらず遅れた更新です。

しんどい週だったな。言いたい事も言ったのでだいぶスッキリ!
今日はちょっと身体がお酢を求めているので簡単に行ってみよう。


●大葉香る秋刀魚の焼き漬け

060623_1

旬を外した時期の生秋刀魚、安い時に買って内臓をとって冷凍しておいたもの。
焼き漬けにでもすればおいしいかな?と思ってね。マリネみたいなもんだね。

生秋刀魚は頭を落として塩をして15分ほど置く。
10cmほど葱を斜めに薄く切り、大葉2〜3枚も切っておく。
焼き漬けの液は、だし汁少々、ノンオイル青紫蘇ドレッシングに胡麻油を入れて沸騰しないよう温め葱を漬ける。

熱いと酸味が気になるけど、冷めるとそうでもない。だし汁を少し足せば酸味も和らぐよ。

エリンギは1/2に切って焼き、手で割いて大葉の1/3と一緒にこちらも液に漬け、続いて生秋刀魚の水分をふいて4〜5に切り分け軽くひと塩して焼き、焼けたアツアツを液に漬ける。
秋刀魚の両面に液をなじませ、漬けておいた葱と大葉をタップリかぶせしばらく待てばできあがり。

季節はずれかなと思ったけど、意外と脂もあったよ。
それでも大葉の香りでさっぱり&胡麻油でジュージーに食べれるよ。
ノンオイル青紫蘇ドレッシングなんて使わないという方は、酢とお醤油とみりんにだし汁で一煮立ちして胡麻油を入れ、大葉たっぷり使えばいいんじゃないかな。

骨はとってないから食べる前に一言必要。


●蛸ブツと胡瓜のもずく酢

060623_2

しばらく蛸を食べてなかったので、一番少量の蛸ブツのパックを昨日買った。
山葵醤油もいいが今日は酢の物風に。

市販品のもずく酢は3倍酢なので蛸をいただくには少々甘いと思う。
なのでまずは二杯酢(酢大4とだし汁大1、薄口醤油少々と塩少々)にたこを漬ける。

胡瓜は割り箸を割って胡瓜の両側に置き、薄く切った後6〜7枚ぐらいづつ切り離す。そして強めの塩でよく揉み、水で洗ってからぎゅっと絞って蛸と一緒に酢に漬ける。

器に市販のもずく酢を盛り、たこを漬けている二杯酢を少々混ぜて、蛸と胡瓜をもずくの上に盛り、山葵少々器に添えればできあがり。

食べる時は山葵を好みで少し溶かしてもずくと混ぜていただくの。


●さやいんげんの胡麻チーズソース

060623_3

白和えにしようと思ったが豆腐がないので、わずかに残っていたカッテージチーズを使ってみた。

正確な計量ではないのだけど、白炒り胡麻大1をすって、カッテージチーズ大1くらい、だし汁大1、薄口醤油小1弱、砂糖小1弱、塩少々加えて混ぜ、そのまま蓋をせずにレンジで1分。
さらにすってしばらく冷ますと胡麻チーズソースはできた。

さやいんげんは塩茹でしたのみ。
白和え衣よりもちょっと濃厚。

オットは喜んで食べたからなかなかイケルみたい。


●三つ葉とえのきの辛し明太子和え

060623_4

最近三つ葉が安いよね〜。大好きなの。

えのき1/2パックはたて半分に切って熱湯に通してそのまま冷ます。。
三つ葉1袋も切ったら耐熱ボールに入れて湯をかけ冷水で冷やし水をしぼる。

三つ葉にだし醤油(だし汁1:薄口醤油1)をかけて軽く絞り、えのき、ほぐした辛子明太子適量とあえるだけ。漬物やこんな火を使わない物があると楽だわ〜。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

車海老の姿焼きで気合いを入れた日

060622image

<本日の献立>

車海老の姿焼き
塩豚とほうれん草の胡麻だれ和え
厚揚げとアボカドのおかか和え
茄子とピーマンの生姜味噌炒め
胡瓜の三五八漬け
えのきと三つ葉のお吸い物
7種の雑穀ご飯

猫のziziは、元気がないといつも頭をなでてくれる。
ちなみに朝ご飯の催促は寝ている私の鼻の穴に爪をひっかけてひっぱろうとする。
爪が伸びてくると痛い。

アリがカマキリと戦い続けるには、旨い肴と少しの美味しいお酒が必要。
明日の出陣に備えて気合いを入れたつもり。


●車海老の姿焼き

060622_1

気合いが入るかどうかは別として、一応天然物。
でもインド洋かどこかで採れたのだから、冷凍されてきてるんだろうね。
おかげで1尾70円本日のオススメ品。車海老の旬は6月かららしい。

塩をとかした氷水で洗い、背わたをとってから塩と酒をふって20分おく。
串を差してまっすぐにし、水分をふいてまた美味しい塩をふり焼く。
焼きすぎに注意だよ。

プリッとした身をとりだしレモンをちょいと絞っていただくだけでいい。
海老には目がないの。


●塩豚とほうれん草の胡麻だれ和え

060622_2

残りの塩豚は塩辛いようなら熱湯で少々塩抜きして細く切り、ほうれん草も下茹でして切る。
豚に塩気があるから、和える胡麻ダレは、すり胡麻大1、練り胡麻大1、だし汁大1、薄口醤油小1弱、砂糖小1(ぐらいだったと思うけど)を混ぜて和えた。
白髪葱を飾ってできあがり。
美味しかったけど、あっという間に塩豚完食。また作りたいな。


●厚揚げとアボカドのおかか和え

060622_3

アボカドが食べ頃を迎えてしまったので、予定変更で前にもやってる厚揚げと。

厚揚げ1枚は熱湯をかけて油抜きして焼くか、茹でて切る。
アボカド1個は切ってレモン汁をかけ色止めし、あればプチトマト5〜6個は1/2に切るのだけど、今日は普通のトマト1個種を除いて切った。

鰹節たっぷりと、好みで山葵少々混ぜたお醤油で混ぜる。
アボカドはもう少しやわらかくして和えてもいいね。

これでちょいと3人分ぐらいになるよ。


●茄子とピーマンの生姜味噌炒め

060622_4

オットが写真を撮ってる間にちょっと食べたくなってちゃちゃっと炒めたの。
うちのオットは濃い味の甘味噌にすると食べないので、今日はすりおろし生姜も入れて、味噌、酒、砂糖で甘さ控えめにして炒め、オットの分はご覧のようにちょっぴりだけにした。

それなのに、「これ、もう少しないの?」とオーダー。
「嫌いだと思ってさ〜」と言って私の分をあげたよ。おかしな人だね〜。

*****

ちょっと皆様のところへも足が遠のいておりますが、遅れて更新しつつ、頑張っているのでまたゆっくり遊びにいきま〜す。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

最後の初鰹?の刺身定食

060621image

<本日の献立>

鰹のお刺身(すりおろし生姜、ニンニク)
モロッコインゲンと茄子とカボチャの炒め物
茶碗蒸し(鶏ささみ、いんげん、人参、椎茸、三つ葉)
ニラと桜海老のおひたし
白瓜の三五八漬け(自家製)
おくら汁
7種の雑穀ごはん

あ〜、なんかこういう気持ちを食卓に持ち込んじゃいかんですよね。

日曜に準備しておいたもの、あとは漬物と半年先の梅酒だけ。。。
簡単で美味しくて、こんな時でも喉を通るもの、そう、お刺身しかないな!


●鰹のお刺身

060621_1

もう初鰹って言わないのかな?
最後なら、思いっきり大きな冊でお刺身食べておきましょ。
スーパーに寄ったらお腹減ってきた…、こういう奴なのね〜。

つまも用意して、すりおろし生姜とニンニクでいただいた。
皿にのりきれず、ちょっとおかわりもしたしね。

今年はたくさん鰹を食べた気がする。あとは冷凍した1冊どーしようかな。


●モロッコインゲンと茄子とカボチャの炒め物

060621_2

あれ〜、本当はモロッコいんげんと茄子を煮ようと思ってたのに、油を使ったもの一つぐらいあった方がいいかなと思って炒めてしまった。

今年初めてのモッロコいんげんは下茹でし、カボチャも切ってレンジでチンした。
茄子を切って炒めたら、インゲン、カボチャを加え、お醤油と酒、砂糖、みりんに塩少々、半ずり胡麻をたっぷり加えてちょっと甘辛味。

肉厚で筋がないモロッコいんげんは、炒めても煮てもおいしいね。
まだ半分あるから今度煮よう。


●茶碗蒸し

060621_3

なんだか三つ葉が大きすぎたし、具が沈んで何にも見えなくなっちゃった。

この前コロッケの中身用にさやいんげんと人参を茹でて少しだけ冷凍しておいたものと、椎茸、鶏のささみが入っている。椎茸苦手だけど、入れるとおだしになるもんね。

卵1個にだし汁1カップ、あとは中身によってだけど、今日は酒小1、薄口醤油と砂糖少々、塩小1/4ぐらいで調味。

最近は引き出物でいただいたパスタポットが穴のあいた2重構造のものだったから、時々蒸し器としても使ってる。今日はきれいにできたみたい。


●ニラと桜海老のおひたし

060621_4

前にやっておいしかったから、また登場。
レシピというほどのものではないけど、→こちらを見てね
でも今日は葱入れ忘れたよ。。。


●白瓜の三五八漬け

060621_5

これも日曜に漬けたもの。塩と米麹と米の割合が3:5:8でそのまま名前になったんだって。山形のお漬物なのかな。
私は漬け床を作らないで、直接野菜にすりこんで素をつけたまま密封袋に食べる分だけ入れてる。2日もあれば食べられるんだ。
扱いが楽チンで、麹の甘みが美味しい! 今度お取り寄せしようと思ってるの。
麹が手に入れば自分でも作れるらしい。
白瓜も美味しいし、胡瓜もよく漬けてる。お魚や肉にもいいみたい。
ほ〜んと、これオススメ。


●オクラ汁

お味噌汁に、下茹でして刻んだオクラたっぷりとみょうがと葱も刻んでるだけ。
味噌は赤味噌8:普通の味噌2にしてるけど、好みでなんでもいいよね。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年6月20日 (火)

塩豚と豚のおだしの釜揚げうどん

060620image_1

<本日の献立>

塩豚と水菜とトマト 柚子胡椒添え
きんぴらごぼう
茄子と胡瓜の金山寺味噌和え
たっぷりわかめの豚だし釜揚げうどん
おかかおにぎり

ムシャクシャしてる日2日目、でも日曜に漬けた塩豚あるの。
ぼーっと茹でてしまったよ。
ま、とりあえず小鉢からいこうか。

●きんぴらごぼう

060620_4

日曜に作って冷凍しておいたきんぴらごぼう。七味唐辛子入。
時間があったからいつもより細いみたい。またもや早々に食べてしまった。


●茄子と胡瓜の金山寺味噌和え

060620_3

メインが塩味だし、みそ味1品ね。
切って塩揉みした胡瓜と茄子を水で流してしっかり絞り、金山寺味噌(またはもろみ味噌)と鰹節タップリで、食べる直前に混ぜただけ。

でも夏はこういうのが手軽でおいしい。朝晩食べても飽きないの。


●塩豚と水菜とトマト 柚子胡椒添え

060620_1

オットも体脂肪気にしてるから、塩豚も肩ロースでサッパリジュージーに行くよ。

豚肩ロース450〜500g、ひもで縛るか、縛っているのを買ってくればいいよね。
できるだけ美味しい天然塩を肉の5%すりこむっていうのが、普通みたい。
私は煮豚の時と同じで、生姜スライス1固まり分と葱の青い部分15cmたてに切って、肉に貼付けてから脱水シートで巻いて、ラップした。
日曜の朝漬けたから、今日の夜だと2.5日目。
2日目から食べれて、1週間は熟成しても平気らしいけど、塩分強いから注意だよ。
私は水で洗って20分塩抜きしてから、半分に切り、肉が浸るぐらいの水と酒1/2カップ、一緒に漬け込んだ葱や生姜も入れてペーパーで落としぶたをしてから45分茹でた。
途中で肉を返して、また肉が浸るぐらいまで水を足さないと塩辛いよ。
あら熱をとって、肉を多少の汁気とともに袋にうつすか切って盛りつけ。
残りのスープは漉して、氷水をはったバットなどに鍋毎入れて冷やすと、脂肪だけが固まるから、その脂肪を取り除いてスープにする。

付け合わせには、さっと湯をかけて冷やした水菜を絞り、水菜も肉汁につけてから柚子胡椒で和えた。それからトマト。
肉にはたっぷり白髪葱を盛って、柚子胡椒を添え、好みで一緒にいただく。

あ〜、美味しい。もっと食べれるけど、今日はやめとこう。
スープはどうするかっていうと、私が食べたかったのは↓。


●たっぷりわかめの豚だし釜揚げうどん&おかかおにぎり

060620_2

冷やして脂をとりのぞいたスープは肉の旨味たっぷり!
途中で水を足したせいか、塩味もこのまま行けそう。
そしたらわかめをたっぷり戻して、葱を切り、うどんを茹でよう。
スープも火にかけ、みりんを多め、醤油を少々。
ゆであがったアツアツのうどんに豚のおだしのスープをかけて、たっぷりのわかめと葱、そして半ずり胡麻もたっぷりかける。

肉が入ってないのに、肉の旨味のあっさりうどん。
うま〜!!なんだかソーキ蕎麦も思い出す。
うどんは汁がわりに二人で半分、あとはおかかふりかけのおにぎり1個でいいかな。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年6月19日 (月)

おからとインゲンとツナのコロッケ

060619image_1

<本日の献立>

おからとインゲンとツナのコロッケ キャベツ・トマト添え
白瓜とそぼろ煮
水菜とカニカマの胡麻和えマヨ風味
らっきょの酢漬けとみょうがの甘酢漬け
絹さやとえのきの味噌汁
5種の雑穀入ご飯

今日は冴えない日でご飯作るのいやだったんだけど、昨日のうちにコロッケのネタを作っておいたので、遅い帰宅にもかかわらず、深夜にコロッケなんぞ揚げてしまった。

●おからとインゲンとツナのコロッケ

060619_1

おからを買って、パッケージのコロッケの写真が美味しそうだったの。スープでも作りたいとちょうど生クリームも買ったし、後はアレンジしてみたの。

おから80g、じゃがいも1個、さやいんげん7本、人参3cm、ツナ缶小1個、玉葱1/4、バター大2、生クリーム大3、卵黄1個分、コンソメ小1/3を湯大1で溶いたもの、とろけるチーズ1枚、塩コショウ。
衣は薄力粉、水、パン粉で卵なし。

おからはから煎りして取り出し、玉葱をバターで炒めておく。
ジャガイモと人参はレンジで蒸して、インゲンは下茹でし、5〜6mmぐらいに切る。ジャガイモはつぶして塩コショウ。
ツナの汁気を良くきってすべての材料を混ぜ、真ん中にとろけるチーズの切った物を入れて丸める。
薄力粉を適度なトロ味がつくよう水でといたものにつけてからパン粉をつけて揚げたよ。

写真は人参見えてないんだけどね、けっこう入ったはずなんだ。

おからを使えばヘルシーかなと思ったけど、結局いろいろ入れたからじゃがいもだけでやればよかったかな?

ま、いいやね。ツナもいっぱい具沢山コロッケよ。

●白瓜のそぼろ煮

060619_2

そぼろあんなんだけど、そぼろの旨味と瓜を一緒に炊いたの。

今年初めての煮た瓜。今日は作り立てだから温かいまま食べて、明日の朝は冷やしたのにするよ。

鶏むね挽肉をテフロン加工のフライパンか鍋でそぼろ状にしたら、だし汁と薄口醤油、みりん、酒、塩を入れて、下茹でした白瓜も入れて煮含めるときれいな色になるけれど、今日は下茹でなしでいきなり煮たので、色がね・・・。
時間なかった〜。

仕上げに水溶き片栗粉でまとめた。
歯ごたえ残してもよし、柔らかく煮るもよしだね。


●水菜とカニカマの胡麻和え マヨ風味

060619_3

カニカマを1/2に切って割いておき、水菜は切って耐熱ボールに入れたら熱湯をかけてかき混ぜ、すぐ水で冷まして水気を絞る。

だし汁に薄口醤油、塩を入れたものに水菜を浸してから軽く水気を絞ると水っぽくなくておいしい。

胡麻をすり、マヨネーズ、だし汁、薄口醤油と砂糖と塩各少々で調味した胡麻マヨ和え。水菜は生より熱を加えた方が食べやすいね。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

帆立・サーモン・イカの3品盛りと鯛飯茶漬け

060617image

<本日の献立>

海鮮おつまみ3品盛り
(ベビー帆立の照り焼きバルサミコ仕立て)
(するめイカと胡瓜の梅あん)
(スモークサーモンとセロリのマスタード和え)
ざる豆腐(やっこ野郎)
みょうがの甘酢漬け(写真なし)
鯛飯茶漬け

今日は一日中美味しいパンを食べ続けて、あまりお腹がへってない。
しかも夕方友達と会って、ケーキまで食べている。

どちらにしても今日は鯛茶漬けで簡単にすませる予定。

ついでにおもてなしおつまみ風に、冷凍庫からわずかな残りをかき集めて、冷酒に合う簡単おつまみ膳のイメージで行ってみるよ(また一人遊び?)。


●海鮮おつまみ3品盛り

060617_1

 (ベビー帆立の照り焼きバルサミコ仕立て)

以前一度野菜の上にのせてブログにも登場していたの。
醤油とみりんとお砂糖の普通の照り焼きで、お砂糖少し控えめで仕上げにバルサミコ酢でちょっとさっぱりさせたもの。今日は白髪葱をあしらってみた。

 (するめイカと胡瓜の梅あん)

連日食べていたするめイカ、冷凍した最後の1枚よ。
本当ならハモでも食べたいところ、それ風に梅のあんをつくってみた。
イカは皮をむいて、足のイボイボも手でだいたいこそげ落とす。
鹿の子に筋目を浅く入れて、縦1/2に切ってから1.5cmぐらい幅に切り、酒の入った湯でさっと茹でる。
胡瓜はたて1/2にしてから斜めのスライス。塩少々して水で洗って絞る。

梅あんは梅中2個、だし汁大5、薄口醤油小1/2、みりん小1、塩少々、だし汁大1に片栗粉小1/3を溶いたもの。小鍋で一煮立ちさせて片栗粉であんにする。
梅の味によってだし汁や塩気は調整して。

 (スモークサーモンとセロリのマスタード和え)

スモークサーモンが冷凍できるのか試してみたんだけど、大丈夫みたい…。

サーモンの切り落としをそぎ切り、セロリは塩湯でさっと茹でて水にとり、ペーパーで水分をとってから粒マスタード、塩胡椒少々と和えてからサーモンと混ぜるてカッテージチーズをのせる。混ぜてもいいの。

スモークの風味が残る程度に粒マスタード入れるぐらいにしたよ。塩はサーモンの塩気があるからほんの少しだけね。

●ざる豆腐(男前豆腐のやっこ野郎)

060617_2

あとは新鮮な物1つ用意。お豆腐ね。
これ、特売で買った『やっこ野郎』っていう男前豆腐店のお豆腐なんだけど、
すっごい濃厚!
前にやったみたいにしば漬けと抹茶塩でざる豆腐にして、飽きるといけないから、青紫蘇・みょうが・かつお節の薬味とだし醤油の用意もした。
それでも生豆乳が苦手な私にとっては重すぎ〜。
思わずみょうがの甘酢漬けをとりに走ってしまった。
『男前豆腐』の方が好きだな〜。


●鯛飯茶漬け

060617_3

ちびちび飲んだら、食べたかったお茶漬け。
昨日おにぎりにして冷凍しておいた鯛飯をレンジでチンして、焼きおにぎりにしたもの。三つ葉をたっぷり切って器に入れておく。
あとは美味しいお吸い物ぐらいに調味しただし汁をアツアツにして食べる時にかける。

060617_4

おこげも入って香ばしく、鯛と鰹だしのいい香りに三つ葉がそそる!
好みで山葵少々でサラサラとどうぞ。

*****

前の日、紫陽花を買って、うっかりテーブルに飾っておいたままにしたら、猫のziziに葉を食べられて無惨な状態に。。。
今日の笹も食べたくて、私の足にしがみついてるし。。。

めずらしく簡単なつまみを盆に盛ってみたりしただけなのだけど、オットは気分が良かったらしい。二人でちょっと飲みすぎた夜でした。

料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

ちっちゃ・・・やっと鯛飯

060616image

<本日の献立>

ごぼうと人参のかき揚げ
卵豆腐の冷製海老あん
セロリとエリンギのもろみ味噌和え
ふっくら黒豆
オクラとみょうがと葱のお吸い物
鯛飯

前にテレビで鯛味噌茶漬け見てから、鯛飯や鯛茶漬けがずっと食べたかったの。
でも鯛って高くてなかなか買えなかったんだけど、先日市場で見つけたの!

本日の特売小鯛!4枚入って180円。
とりあえず内臓とエラをとって、瞬間冷凍。本日時間もあるのでいただくことに。

で、悩ましいのがその献立。こんなんじゃ足りない?

●ごぼうと人参のかき揚げ

060616_1

昨日たくさん肉も食べたので、野菜のかき揚げにした。
ごぼうは冷蔵庫で長い事寝てたし、細いささがきに切ってから酢を入れた湯で下茹でした。
人参と玉葱で塩少々入れて揚げる。
オットは塩、私はだし醤油少々で食べた。久しぶりだったし美味しかった。

●卵豆腐の絹さやと海老のあんかけ

060616_2

既製品の卵豆腐で簡単にすませちゃう。

下茹で済みの絹さやを切って、ムキエビは簡単に酒をかけて揉んで洗うだけの下処理をしておく。
添付のだし汁3つ分小鍋にあけて、だし汁少々を追加し、薄口醤油と塩少々もたして海老と絹さやを煮る。
火が通ったらすぐ水溶き片栗粉であんにし、冷やしてから卵豆腐にのせた。

冷製茶碗蒸しみたいにスプーンでいただく。

●セロリとエリンギのもろみ味噌和え

060616_3

セロリももろみ味噌があう野菜だけど、今日は食感がちがうエリンギと混ぜてみた。相性は・・・、ま、好みってことで。

セロリは切ってから塩を入れた湯でさっと茹でて水にとり、エリンギも茹でて湯をきって冷めたら、どちらもペーパーで押さえてもろみ味噌と和える。
茹でたセロリは甘くておいしい。魚にも肉にも和え物にもしやすい。
子供たちも最初に食べるセロリが生でなく、茹でたものなら嫌いにならないんじゃないかなと思ってしまう。


●ふっくら黒豆

060616_4

鯛といったらやっぱりお豆でしょ。なんかめでたい組み合わせ、違う???

この黒豆見て!、こんなふっくら柔らかな黒豆食べた事ない。
しかも甘さがなんとも上品。

これは以前筍をいただいたKさんが炊いたもの。
グルメなKさんはこんな美味しい黒豆や、ふっくら絶妙な塩加減の梅干しを作る。
梅干しは10年目でやっとそういうものができるようになったらしい。
私もこういうふうにお豆を炊いたり、梅干しを漬けられるようになりたい。

ところでこの黒豆、砂糖で煮てないけど、使ってる砂糖はグラニュー糖。
今度私も黒豆買って来て、説明するわ。

あまりにも美味しくてうちのオットも絶賛。Kさんごちそう様でした。

●オクラとみょうがと葱のお吸い物&鯛飯

060616_5

では小鯛4枚で思いっきり鯛を楽しもう。

炊く30分前に米2.5合をといでざるにあげ、昆布を洗っておく。
市場で見つけた小鯛4枚のうち3枚は素で焼いて、1枚は塩焼きにした。(えらと内臓はとって塩水で洗ってよく拭いてからね)
表面に焼き色がうっすらつくぐらい焦がさないように注意。
土鍋に米をあけ、だし汁500cc、薄口醤油大1弱、酒大1、塩小1/3を入れて混ぜ、昆布をひき、その上に素で焼いた小鯛3枚のせて炊く。

いつも土鍋でうまく炊けないからネットで調べた。
最初の5分ぐらい中火、あとは弱火で10分ぐらい、最後は強火で10秒、蒸らしが15分。

塩焼きの鯛の身をほぐしておき、鯛飯が炊けたら頭と昆布と骨をとって一緒にかき混ぜる。お焦げもできたけど、それがまた美味しい!

そして必ず吸い物椀が必要。
今日はオクラと茗荷と葱。

ご飯のおかわりでお腹いっぱいになった。
残りのご飯はおにぎりにして冷蔵庫へ。明日のお楽しみ。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

ガッツリ!鶏のネギ焼と小松菜炒め

060615image

<本日の献立>

鶏の葱焼き
小松菜とひじきと松の実の炒めもの
新生姜とトマトの甘酢漬け
野菜の塩昆布浅漬け
絹さやと卵豆腐のお吸い物
ゆかりご飯

今日は大好きな焼き鳥屋メニュー、鶏の葱焼きをガッツリ食べる。
前に作ったとき、100gじゃものたりないと言われたので、今日は130gづつ用意。
どうだ〜!

●鶏の葱焼き

060615_1

ブログには2回目登場だけど、今日は肉も葱も増やしたよ。

葱には青紫蘇入れてみた。
でも、卵黄で固めちゃうから、青紫蘇は上に生をのせれば良かったよ。
その方が香りがすると思う。

レシピは前にやった時の→こちら普通の2人分があるけど、写真の色が悪いから、今日のガッツリ2〜2.5人分で再度アップするよ。

鶏モモ肉260g、長葱10cmぐらい、卵白1/2個分、卵黄1個分、塩コショウ、
A(醤油大2、みりん大1、酒大1)

100gを3つに切った鶏肉をAで下味をつける。30分ぐらいは漬けて。
刻んだ長葱は、卵黄と塩コショウをまぜておく。

魚焼きグリルを熱し、鶏肉を焼く。表面が乾いてきたら、Aのつけ汁を刷毛で肉に塗りながら焼く。
片面を焼き終える前に溶いた卵白を塗り、さらに焼いたら裏返して同様にAのつけ汁をつけながら少し焼く。
火がとおったカンジになったら卵白を塗り、卵黄とまぜた長葱をたっぷりのせて焼くだけ。

仕上げに好みで大葉を刻んでのせてもいいよ。


●小松菜とひじきと松の実の炒めもの

060615_2

栄養価の高い小松菜が安かったから、たっぷり炒めて食べるぞ〜。

芽ひじき(または普通のひじき)をぬるま湯で戻して水をきり、小松菜は2.5cmぐらいに切る。
フライパンで松の実をから煎りして取り出し、好みのオイルをひいて、少々のすりおろしニンニクと、小松菜、ひじきを炒める。
味付けは酒と醤油少々、塩コショウにみりんも少々。
松の実を戻し入れて混ぜれば出来上がり。

あっさり小松菜に松の実のコクが合うよね。


●新生姜とトマトの甘酢漬け

060615_3

昨日のはじかみを漬けた時に、新生姜のスライスも一緒に甘酢漬けにしたの。
普通の生姜より辛みが少なくて食べやすい。
今日はその新生姜の甘酢漬けを刻んで、切ったトマトと混ぜたら甘酢をかけて冷蔵庫で冷やしたもの。
ジンジャートマト?さっぱりしていいの。
新生姜も季節のもの。今ならまだ間に合うよ。
甘酢は酢2:砂糖1に塩少々入れただけのもの。


●野菜の塩昆布浅漬け

060615_4

帰ってきて、即席で漬けたけど、真空状態に空気をストローで吸い出して密封袋に入れて冷凍庫で凍らない程度に冷やしたら、けっこうあっという間に食べられる。
入っているのは、キャベツ、胡瓜、人参、塩昆布、塩。


●絹さやと卵豆腐のお吸い物&ゆかりご飯

060615_5

絹さやも旬だね〜。
まとめて下茹でしておいて、今日は卵豆腐とみょうがを一緒にお吸い物に。
ガッツリ鶏肉でもゆかりご飯と吸い物でご飯もしっかり食べたよ。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年6月14日 (水)

サーモンとアボカドの柚子胡椒和えにとろろせいろ

060614image

<本日の献立>

スモークサーモンとアボカドの柚子胡椒和え
だし巻き卵 大根おろし・はじかみ添え
花野菜とカボチャの胡麻マヨネーズソース
胡瓜と生青海苔の酢の物
とろろせいろ

こんなおつまみ料理を出してくれる蕎麦屋があってもいいよなというイメージで、夕飯作ってみたの(一人で楽しんでいる変なやつ?)。
少々無理のある食材だけど、とにかくとろろ蕎麦が食べたかったのよ。


●スモークサーモンとアボカドの柚子胡椒和え

060614_1

洋風なものにしたくなる組み合わせだけど、和食や蕎麦屋の一品にならないかしらと考えて浮かんだもう一つの素材は糸三つ葉。
おもわず近所のスーパーに三つ葉だけ買いに走ったら、2袋(4株)で116円だった。ラッキ〜!

三つ葉1袋(2株)を2.5cmぐらいに切り、塩少々を入れた耐熱ボールの中で熱湯をかけてかき混ぜたら水に放ち、ざるにあげて水気を絞る。

スモークサーモン切り落とし(普通のスライスでも)1パックは食べやすく切り、アボカド1個も切り、レモン汁1/2個分で色止めと酸味を加える。

少量のだし汁に薄口醤油少々加えたものに三つ葉を浸して、軽く汁気を切り、サーモン、アボガド、柚子胡椒を好みの量入れてさっくり混ぜればできあがり。

ほとんどスモークサーモンの塩気に柚子胡椒だけなんだけど、美味しかったのよ。
三つ葉があるしこれなら和食!ってカンジで行けると思うんだけど。。。


●だし巻き卵 大根おろし・はじかみ添え

060614_2

だし巻き卵は蕎麦屋で必ず注文するものの一つで、大好きなんだけど、だし汁とかの配分って、いまいちこれでいいのか自信がない。
母がやってたようにみりんも入れてて、片栗粉も入れたりするの。
みりんとか入れるの邪道かな?
固いように見えるかもしれないけど、ふわっと柔らかいんだよ〜。
もっと空気入れて巻くのかな? まだまだつかめない。。。

とりあえず今日のを記録。アドバイスあれば教えて〜!

卵3個、だし汁約60cc、片栗粉小1/3、みりん大1/2、薄口醤油小1、塩小1/4、サラダオイル適量。
片栗粉は出しにとかしてから、卵とあわせて泡がたたないようにかき混ぜて焼いた。

添えた『はじかみ』、東京では『谷中生姜』って名前で売っているけど、それを自分で甘酢漬けにしてるの。

にじますの時に添えたかったね〜。昨日のカマにも間に合えば良かったのに。

だいぶ外側が剥かれていた安いのを買ったせいか、赤い色があまり出てないけど、買ったのより優しい味。
冷たいものを食べる季節だから、生姜とか食べて身体冷やしすぎないようにしないとね。


●花野菜とカボチャの胡麻マヨネーズソース

060614_3

こちらも洋のイメージが強いこの前グラタン作ったセット。蒸したり、茹でたりして冷蔵庫に入れておいたんだけど、間が差してそのまま出してしまった。
炒りごますって、マヨネーズと砂糖少々、だし汁でのばした簡単ソースをかけた。

それでも組み合わせて和食器に銘々盛りして和風だしでのばしたソースかければちょっと良くない?


●胡瓜と生青海苔の酢の物

060614_4

昨日入手した生青海苔、1P80円で2回も楽しむ私。
残りも少ないので胡瓜と酢の物に。

胡瓜1本は千切りし、塩でしんなりさせたら水で洗って絞り、三杯酢(酢大2、砂糖大1/2、薄口醤油大1/2、だし汁大2)につけて冷やす。

生青海苔はさっと洗って(乾燥でもいいけど)水気を切っておき、食べる直前に胡瓜を器に盛った後、残りの三杯酢に青海苔浸してから汁気と共に胡瓜の上にのせたの。酢も少しですむからね。
最後にすりおろし生姜少々のせてできあがり。緑がきれいなのよね。


●とろろせいろ

060614_5

とろろ蕎麦食べたくて長芋買ってあったんだけど、いつもバリエーション豊富なkotobuさんのとろろ蕎麦見たら完全にノックアウト!で本日蕎麦の日。
これから何度も登場するからね、まずはせいろでいただくよ。
とろろには鶉の卵と青海苔トッピング。

色が黒いからってそば粉が多いわけじゃないよ、今日はとろろ入の普通の。

うちのオットはボソボソは嫌だから二八ぐらいの蕎麦がいいって言うけど、十割蕎麦の打ち立てのおいしいのを食べたことがないんだと思う。
私の実家の近く(近くではないが)信州の富倉でおいしい蕎麦をいただいてから私の蕎麦好きに拍車がかかった。
その時は打ち立ての蕎麦で、蕎麦が出るまで40分はつまみを食べて待ったよ。蕎麦の香りはこういう物なんだって感激したっけ。。。

今日は自分が飲まないのにビールを買ってきてくれ、テレビを見ながらとろろと大根まですって、オット大活躍!ありがとさ〜ん。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

鰤カマ!とキャベツのずんだ和え

060613image_2

<本日の献立>

鰤カマの塩焼き 大根おろし・茗荷甘酢漬け(写真なし)
オクラと海老と長芋の冷たい煮物
キムチ奴
キャベツのずんだ和え
生青海苔のお吸い物
7種の雑穀入ご飯

●鰤カマの塩焼き 大根おろし・茗荷甘酢漬け

ごめ〜ん、また塩焼きで。
でもこの胴切りの鰤カマ!こちらはオット用で、私のはもう少し三角だったけど、切身でたっぷり2枚分はあったよ。こんなカマに出会えるのは幸せ。
豚肉かと思うくらい脂もあって、旨かった〜、あ、美味しかった〜!

鰤カマは裏側を上にして盛るのかな? 私が行ってた割烹は鮪は表だったけど。
表だと食べにくいもんね。
今日はこの胴切り具合見て欲しいので、とりあえず表で写真撮ったよ。

カマは海水ぐらいの塩水で頬のあたりも手早く、そしてよく洗い、水気をふいて塩をふって長めに置く(1時間〜30分)。
出た水分を押さえるように拭いたらもう一度塩をして皮面からじっくり焼く。
身が厚いので、網だったらアルミホイルとかかぶせて焼くといいかも。

大根おろしはたっぷり用意。好みで粉山椒もいいね。
私は途中でみょうがの甘酢漬けがあったのを思い出して食べた。

「これみんな食べたら食べ過ぎだよね」って言いながらも食べてしまう私たち。


●オクラと長芋と小海老の煮物

060613_2

国産オクラも安くなってきて嬉しいね。
今日は冷たくしても美味しい煮浸し風。

長芋は拍子切り、オクラは斜め半分に切り、どちらも塩でこすってヌメリや毛をとってから洗い流す。
ムキエビは背わたがついていたらとって酒をふりかけ軽くもんで10分ほど置く。

オクラは塩を入れた湯で下茹でし、別鍋にだし汁、薄口醤油、みりん、塩で味をつけたところへ長芋を入れて軽く煮る。

次に海老を入れて火が通おりそうになったらオクラを入れ、火をとめ煮浸しに。
美味しいだしをとって、あっさり上品な味に仕上げると夏のおもてなしにもいいよ。


●キムチ奴

060613_3

今日は塩味のものが多いので、一品インパクトが欲しくてキムチ奴。
お豆腐は京都のなんとかっていうお豆腐で、普通の味だったからキムチのせるのにはちょうどいい。

白菜キムチを刻んでのせ、長葱みじん切りパラパラでおしまい。


●キャベツのずんだ和え

060613_4

ランチの帰りにお菓子屋さんに寄って、ずんだ餅食べたいな〜と思っていたのと、茹でてたっぷり食べたいと思っていた特売キャベツが合体!
何か赤みを入れたい気もするけど、これはグリーンのみに。

枝豆は塩で茹でて実を取り出したら薄皮をとり、1/3位を残して刻み、すり鉢ですってつぶす。
だし汁少々と塩(好みで薄口醤油少々)で味付け。
キャベツは蒸して、蒸し上がったら頑張って一気に扇いで冷ます。
これできれいな色が残るので、ざく切りにして、つぶした豆と残りの枝豆で和える。

私は冷凍枝豆使ったよ。それでも美味しいってオットは喜んだ。

でも、薄皮とるのに時間がかかったよ!焼き魚だしと思って明日の分までたっぷり茹でたから大変。子供でもいればこんなとき手伝わせることができるのかね。
時間がある夕方、のんびりどうぞ。


●生青海苔のお吸い物

060613_5

ランチに行ったのは、2駅先の地味な街なんだけど、そこに小さな市場があることを今日初めて知った。
スーパーでは見ない新鮮なお魚が並んでて興奮!
そこで買った生の青海苔、今日は半分お吸い物にした。
真ん中のはカニカマ。
青海苔のいい香りのお吸い物が濃厚な鰤カマと合って美味しかった。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

鯵の梅たたきサラダと蒸し鶏のキャベツ巻き

060612image

<本日の献立>

鯵の梅たたきサラダ
蒸し鶏のキャベツ巻き 葱胡麻だれ
ほうれん草とコーンのガーリックバター炒め
なす焼きの生姜醤油
鯵と豆腐のふわふわつみれ汁
5種の雑穀入ご飯

サッカーに備えて今日は早々に買い物して帰宅。つまめるものと思っていたのだけど、特売品によって献立が決まるので、そうもいかなくなった晩ご飯。

●鯵の梅たたきサラダ

060612_1

小振りなお刺身用鯵が1尾58円!買わずにはいられない。
小さいとよけい3枚おろしがうまくいかないけど、たたきなら平気。
今日は美味しい梅で梅たたきにしようと思ったんだけど、小さくて物足りないので、大根入れてサラダ風にしてみたよ。

大根4cmぐらいとみょうが1個は千切りして冷水でシャキッとさせ、青紫蘇4枚も刻んでさっとアクをとる。
梅干し大1個は種をのぞいてたたき、鯵は3枚におろして切ったら梅干しとお醤油タラタラとつけてしばらく冷蔵庫で少しなじませる。
食べる直前に梅を塗った鯵と大根、みょうが、青紫蘇の半量を混ぜて器に盛り、青紫蘇の残りをのせればできあがり。
好みでお醤油少々かけて召しあがれ。

大根は塩でしんなりさせて、和え物風にするのもいいかもね。


●蒸し鶏のキャベツ巻き 葱胡麻だれ

060612_2

今日のメインは本当はこちらの予定だったのよ。

前に栗原さんレシピを真似て作ったときに、セロリがなかったから、代わりに蒸したキャベツを入れてみたんだけど、あら、いいじゃないの!ってことで今日はシンプルにキャベツだけ。

皮をはいで平に開いた鶏胸肉1枚に、お酒をかけ、すりおろし生姜少々ぬって15分ぐらい漬けている間に、キャベツ大3枚ぐらいを蒸して冷ます。
キャベツを刻んで水気をよく絞り、ラップを引いた上で鶏肉でギュッと巻き、葱の青い部分を縦半分に切って鶏肉に貼付ける。
そのラップに軽く包んでレンジで4分〜5分。途中で向きを変えてみて。
汁気が出るけど、そのまま冷ましてから1〜1.5cmぐらいづつ切る。

たれはお好みで。今日は葱入のごまだれ。
すり胡麻大2、お醤油大1、砂糖大1、だし汁大1、刻み葱3cm分とおろし生姜少々。
中のキャベツにも合うよ。


●ほうれん草とコーンのガーリックバター炒め

060612_3

冷たくて油のないものばかりだとなんだから、ちょっと炒め物一品。
この前イカのバター醤油やって思い出したの。
バターを火にかけ、ニンニクスライスで香りを出したらほうれん草とコーンをさっと炒めてお醤油と塩コショウ。


●なす焼きの生姜醤油

060612_4

なにってことない普通のなす焼きに生姜とかつお節。


●鯵と豆腐のふわふわつみれ汁

いつも3枚におろした中骨の身とボロボロになっちゃったのをかき集めて、お豆腐たしてふわふわつみれの汁にしてる。
尾を除いて、鍋で煮て船場汁風に大根の千切りも。ちょうど切ってるしね。
適当なレシピはこちら。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年6月11日 (日)

花野菜とカボチャのグラタンランチ

060611image_1

<本日のランチ>

花野菜とカボチャのグラタン
きのことトマトの青紫蘇マリネ
トースト
コーヒー

私が和食しか食べてないと思ってる方もいらっしゃるようなのだけど、平日ランチはお店やコンビニでパスタやドリアなんて食べておりますよ。

今日は美味しいパンがない週末なので、珍しくお昼にグラタンなんぞ作ってみたよ。


●花野菜とカボチャのグラタン

玉葱スライス1/4個分とベーコン2枚を炒める。

ブロッコリーとカリフラワーを小房に分け、それぞれの芯も食べれるように切る。
かぼちゃは皮をある程度そいで食べやすく切り、カリフラワーとともに蒸すか、レンジで4分ぐらい。ブロッコリーは、塩を入れた湯で下茹して水をきる。

バター大2で小麦粉30を焦がさないように炒めたら室温に戻した牛乳を少しづつ加えてのばし、ブイヨン1個分を水大2ぐらいに溶いて入れ、塩コショウ。

炒めた玉葱とベーコン、ブロッコリーやカリフラワーの芯や花、かぼちゃを加えてさっとまぜ、バターを塗ったグラタン皿に入れる。

上からとろけるチーズをちぎってのせ、さらに粉チーズをかけてオーブンで焼く。
仕上げに刻みパセリとパプリカをパッパッ。

カボチャが甘くて美味しかったよ。中にはブロッコリーとカリフラワーの芯もけっこう入ってる。
この器が小さいもんだから、4皿分作って、二人でおかわりした。

夜はまたヘルシーご飯にするよ!


●きのことトマトの青紫蘇マリネ

060611_2

残りものじゃないって、朝作って冷やしたんだよ。
昨日、エリンギ&えのきでやったマリネの、シメジ&えのきバージョン。
写真撮ってくれたから、アップするよ。

それにしても、今週は食べ過ぎた週だったかな?

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

カルビのっけのビビンバとちょいと副菜

060610image

<本日の献立>

カルビのっけの石焼ビビンバ(焼肉カレア製)
するめイカと胡瓜の炒め物
味噌ダレの野菜サラダ
冷たいお茶

今日は午後から仕事で新宿に出た。
あちこち歩いたら、久しぶりの新宿にとっても疲れてしまった。

すっかり遅くなり、初台にあるオットの叔母たちが経営する焼き肉屋で用を済ませ、ついでにカルビのっけの石焼ビビンバをテイクアウトでお願いした。

待っている間のすきっぱらにビールで、やや目がまわったけど。。。

ということで、めちゃめちゃおいしいビビンバと焼き肉屋のご紹介は、お店のホームページができたらまたするとして、帰ってきてからなんとか作った副菜をご紹介。


●するめいかと胡瓜の炒め物

060610_2

韓国に中国に、もうミックスだよ!

冷凍しておいたスルメイカ小2ハイは水で解凍して皮付きで切り、胡瓜1本も細長い乱切り、残ってた赤ピーマン1個も適当に乱切り。

生姜とニンニク各1片、長葱5cmぐらいをみじん切りにして、鶏ガラスープの素小1を大2くらいの湯で溶いておき、胡麻油で生姜とニンニクを炒める。

そこへピーマンを入れて炒め、次にイカと胡瓜を入れたら溶いた鶏ガラスープの素と酒大1、塩コショウしっかりしてさっと炒める。仕上げに薄めの水溶き片栗粉少々で残った汁気を絡ませればOK。できたらすぐ火から離してね。

胡瓜のシャキシャキが残るようにさっと炒めるのが美味しいよ。
好みで赤唐辛子や豆板醤を入れてもいいと思うな。


●味噌ダレの野菜サラダ

060610_3

この『カレア』でも味噌だれ風のサラダを出していたので、今日はそれをイメージして、ちょっとオイルを控えた味噌ダレのドレッシングを作ってみた。

野菜はサニーレタス、新玉葱のスライス、わかめも見えないけどたっぷり。
あと胡瓜やトマトも合うけど、今日はなし。

ドレッシングは、味噌小2、醤油小1、酢大1、砂糖大1、鶏ガラスープの素小1/2を大1の湯でとかしたスープ、半ずり白炒りごま大1、胡麻油小2、すりおろしニンニクとすりおろし生姜を各小指の爪ぐらい(好みで)、豆板醤(コチュジャンでも)好みで小1/2〜。

これで山盛り二人分のサラダのドレッシングができる。
醤油と味噌の配分を半々ぐらいにしてもいいし、砂糖は味噌によって調整して。
お醤油やレモンで焼肉を食べたら、サラダはこんな味噌ダレもいいよ。

わかめとかレタスばっかりでも、なんだかボリューム感じるよ。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

アスパラご飯とししゃもの天ぷら

060609image

<本日の献立>

ししゃもの天ぷら磯風味
切り昆布と豚肉のピリ辛煮
するめイカとセロリの辛し酢みそがけ
きのことトマトの青紫蘇マリネ(エリンギ、えのき)
しめじと豆腐の赤出し
アスパラご飯

今日は時間もあったので、久しぶりにのんびり晩ご飯作り。


●ししゃもの天ぷら磯風味

060609_1

肉の後で節約ご飯みたいでしょ。

今日は広告の品のカナダ産太っちょししゃもだよ。これもいわゆる『からふとししゃも:カペリン』ってやつ。
それでもグリーンランド産の細くて脂のないのと違って、卵はぎっしり。
細いグリーンランド産も、南蛮漬けにしたり、天ぷらにすればボリュームアップ。

今日はメインらしいのがないので、青のりと塩少々を天ぷら粉に混ぜて磯風味の天ぷらにした。

カラッと揚げた中にプチプチがいっぱいで、私のような卵好きにはたまらんよ。


●切り昆布と豚肉のピリ辛煮

060609_2

いつもは沖縄風に、お醤油やみりん、酒と椎茸の戻し汁や赤唐辛子で炒め煮にしてたんだけど、YOMEちゃんがニンニクや生姜を入れて、鶏ガラスープで韓国風炒め煮にしてたので、それらしく真似てみたよ。

切り昆布160gざく切り、人参太4cm位細い棒切り、椎茸2枚一度熱湯で洗ってから砂糖水に入れてレンジで3分軽くラップして戻し、豚の切り落とし100gは適度に切る。

生姜1かけらとニンニク1片はみじん切りして胡麻油大1で香りをたたせてから豚肉も炒める。
そこへ椎茸、切り昆布、人参を入れて炒め、醤油大1、みりん大1、酒大1、水1/4cup、鶏ガラスープ小1、コチュジャンがないから代わりに豆板醤小1〜1.5で少し煮た。

醤油なんかのバランスはYOMEちゃんと一緒だけど、油少なめで少し煮汁が多いかな?
仕上げに炒りごまたっぷりかける。七味韓国海苔はなかったけど、ちょっとピリ辛味にニンニクとかのパンチがあって、ご飯がすすんだよ〜!これでうちの軽い3人分かな。


●するめイカとセロリの辛し酢みそがけ

060609_3

すんませんね、毎日お安いするめイカで。残り3ハイよ。
今日は冷凍したうちの1パイを冷水で戻してちょっと和え物。

するめイカ1パイは、えんぺらを胴の方に引っ張って、上から下へ皮をむき、1cmぐらいの輪切りにし、足もイボイボの外側だけおおまかに皮をひいて、2〜3本づつ切る。
いかは酒を入れた湯でさっと茹であげ水を切って冷まし、セロリ1本は切って塩をいれた湯でさっと茹で、冷水にとって水をきり、イカとまぜて器に盛り、やや酢をきかせた即席辛し酢みそ(白みそ4(普通なら2〜3):砂糖1:煮切りみりん1:酢1〜1.5に練り辛しを混ぜて練る)をかけた。

ぬただね。イカも柔らかくておいしかったよ。


●きのことトマトの青紫蘇マリネ(エリンギ、えのき)

060609_4

ノンオイル青紫蘇ドレッシングはある? 私は夏、奴にも使うから欠かせない。
今日はこれを使ったヘルシー簡単マリネ。

きのこはなんでもいいけど、今日はエリンギ2本とえのき大1/2パックを使用。
切って、さっと湯に通すぐらいで茹でて水をきっておく。
トマト小2個も各6枚ぐらいにスライス、青紫蘇2枚刻んでアクをとったらきのこと混ぜる。
ステンレスのバットにトマトを斜めに半分敷き、その横にきのこ。
マリネ液はノンオイル青紫蘇ドレッシング大3:バルサミコ酢大1:エキストラバージンオリーブオイル大1(好みで太白の白やグレープシードオイルでも)、胡椒少々を混ぜてバットのきのことトマトにかけて冷やせば出来上がり。
マリネ液が酸っぱく感じるようなら砂糖少々どうぞ。

オイル控えめなので、オリーブオイルでも和食と合うよ。
ヘルシーきのこ、たくさん召し上がれ。


●アスパラご飯としめじと豆腐の赤出し

060609_5

母が送ってくれたアスパラの最後を飾るのはアスパラご飯。

お米2合は洗った昆布10cm各ぐらいと酒大1、塩小1/3を入れて炊く。
卵1個を溶いて塩と砂糖少々入れ、フライパンで薄く引いた油で炒り卵を作る。
アスパラは塩を入れた湯で下茹でし、少し冷めたら頭を除き5〜6mmぐらいに切り、だし汁にしっかりめの塩、薄口醤油少々と酒少々を入れて一煮立ちさせたもの(白だしを薄めてもいい)に浸しておく。

ご飯が炊けたら昆布を取り、卵と汁をきったアスパラをさっと混ぜるの。
ふわ〜っとアスパラとおだしのいい香りがたつよ。

母が気が済むまで食べたいからと買ったアスパラ。
我が家も大満足。食いしん坊は遺伝だね。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

イカとアスパラのバター醤油炒めと2種のほうれん草&クリームチーズ

060608image

<本日の献立>

ごま鯖の塩焼き みょうがの甘酢漬け添え
スルメイカとアスパラのバター醤油炒め
ほうれん草とクリームチーズの海苔巻き&和え物
白菜と蕪葉の浅漬け(柚子風味/自家製)
かき玉汁(人参、玉葱、かき菜)
7種の雑穀入ご飯

●ごま鯖の塩焼き みょうがの甘酢漬け添え

060608_1

そろそろごま鯖がおいしい季節になってきたね!
太って丸々としたのがわりと脂がのっておいしいよね。
後は秋の一番おいしい真鯖を待たないと。
今日は美味しそうなごま鯖を見つけたので、すごく久しぶりに塩焼きにした。

塩も均一にかけてるんだけどね、ガスの調子も今イチ悪くてムラができちゃう。
でもジュワジュワ脂が出て、久しぶりの塩焼きにオットも喜んだよ!

朝漬けたみょうがの甘酢漬けも、シャキシャキ食べれるぐらいにきれいな色になって、美味しかった。

でもほんと、今度はガスの調子が悪いの。買い換えないとダメだって。
あ〜、憂鬱。。。しばらくだましだまし行こう。


●スルメイカとアスパラのバター醤油炒め

060608_2

旬といえば、スルメイカも?
最近すごく生のが安いよ。できるだけ黒い皮のが美味しいんだよね。
鯖と一緒に買ったこれ、小さいけど生スルメイカ5ハイ入って198円だもん。
今日は2ハイいただきま〜す。あとは内臓とって、洗って冷凍か冷蔵。

買ってきたら水で洗う前に水分ふいて、わたと胴を離して引けば滑らなくていい。
胴についた透明な骨も指を入れて、えんぺらを持って引けばとれる。
それから水で中の残ったわたも取りながら洗うの。

スルメイカは皮付きで1.2cmぐらいづつ切って、好みでわたも1つきれいに取り出して洗ったら中の茶色いのだけたたく。
アスパラは下茹でしたものを4cmぐらいに切って、エリンギも1本切った。
フライパンにバター15g位を溶かして、エリンギを炒めたら、イカとアスパラを入れてたたいたわたと、醤油を鍋はだからまわしかけ、酒も入れて香りがたつようにさっと炒める。コショウをかけてイカに火が通ればできあがり。
わたを入れると、これまた濃厚。好みでどうぞ。

エリンギは無くてもよかったな〜。
でも今日もビールが旨い。いい香りだよ〜!


●ほうれん草とクリームチーズの海苔巻き&和え物

060608_3

今日は簡単メニューで、時間を持て余してしまったので、また海苔巻きしてみた。

さっと茹でたほうれん草を水にとったら絞り、少し濃いめの浸し地(市販の白だしを薄めたものが便利、またはだし汁に塩、薄口醤油と酒少々)につける。

クリームチーズを1cm位の拍子切りに切って、焼き海苔も半分に切る。
ほうれん草を軽く絞って、クリームチーズと長さを揃えて切り、海苔の上でチーズが真ん中にくるよう巻けばいいの。

焼き海苔がなくなったところで、残りのほうれん草で和え物もつくってみた。

クリームチーズは小さく切って室温で戻し、同じく浸し地からあげて軽く絞ったほうれん草と混ぜる。海苔がなくて少々物足りないので、レモンと生姜を入れて食べ比べたけど、生姜もなかなかおいしかったので、ちょっとのせた。
こちらも好みで醤油少々。


●白菜と蕪葉の浅漬け(柚子風味/自家製)

060608_4

冷凍しておいた柚子を使ったんだけど、今はフリーズドライのがあるんだって。
これは朝昆布だしの素を少々の湯でといて塩でもみもみして、柚子を加えただけの自家製浅漬け。
市販品よりだいぶ塩分が控えめで、たくさん食べれて嬉しい。


●かき玉汁

玉葱、人参、かき菜入のかきたま汁。
おかずがあっさりしすぎたかな?って時にすぐやっちゃう。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

キムチ素麺と厚揚げの甘酢炒め

*サーバーのメンテナンスによりアップできなくなっておりました。
 見に来てくださった皆様、ごめんなさいね。

060607image

<本日の献立>

キムチ素麺
厚揚げとカラーピーマンの甘酢炒め
焼きアスパラの香味醤油
レタスとしらすのさっと煮

昨日から例のご飯で焼きおにぎり食べ過ぎちゃった。
大葉の風味が美味しかったし、おにぎりって、随分食べこんでしまう。
3合二人で2食で終わったんだもんな〜。これは普通?

ま、今日はご飯食べたくないんで、麺で行くよ。


●キムチ素麺

060607_1

私はこれ、夏に冷麺がわりによく食べてる。
素麺の上に細く刻んだ白菜キムチと、胡瓜の千切りに焼き海苔をちぎってのせるの。韓国海苔なんかあればいいね〜。
ゆで卵も添えたら上出来。麺つゆは普通の味付けにおろし生姜、プラス胡麻油をちょいと垂らす。

20歳で学生だった頃、学校の課題とバイトに追われて10日間素麺だけで暮らしたことがあったよ。その後、2年間素麺食べれなくなったけど、これをきっかけにしてまた素麺好きになったんだ。

よく考えると昔からアクセク働いてるかも。一生こんななのかな?


●厚揚げとカラーピーマンの甘酢炒め

060607_2

前にも一度やってるかな? また食べたい季節になってきたよ。
昔、料理の本で見た写真の記憶だけで、レシピはよく覚えてないけど、酢豚っぽく炒めるの。
前はパプリカ使ったけど、今日はカラーピーマン。
3色揃ったらこれからの季節におすすめ!

油抜きした厚揚げ1枚を切って、ピーマン3色各1個(パプリカ1/2でも)も乱切りにする。
甘酢炒めのタレを合わせておく(醤油大2:酢大2〜2.5:砂糖大2:水大4くらい+片栗粉小1 好みで調整)。
ピーマンと厚揚げを油で炒めて、火が通ってきたら甘酢炒めのタレをかき混ぜながらかけてトロ味がついたらできあがり。
子供はこういうふうにしてもピーマン食べないのかな?


●焼きアスパラの香味醤油

060607_3

焼きアスパラは、この前焼きびたしにしたけど、今日は香味醤油をかけたよ。

アスパラを焼いている間に、ニンニクと生姜を刻んで、胡麻油で焦げないように炒める。
そこへアスパラにかけられる分の醤油をジャーっと入れてグツグツしてきたら焼きたてのアスパラにジュワ〜っとかける。
かつお節ものせていい香り!

強火で焼いて、旨味凝縮って感じのアスパラもいいよね。


●レタスとしらすのさっと煮

060607_4

レタスの外側をいつも朝炒めたり、煮びたしにしてるのだけど、明日の朝用に今日買った安いレタスで作ったの。
でも、どこまでも外葉って感じで、明日の朝用には多過ぎる量ができてしまったので、予定外で一品。
しらすでも、ジャコでもいいし、炒めてもいいよね。
うちもけっこう野菜食べてる方だと思うけど、生ゴミはホント少ないよ。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

フンパツ!おろしポン酢で焼肉

060606image

<本日の献立>

フンパツ!おろしポン酢だれの牛焼肉
ブロッコリーとハンペンの冷たい煮物
アスパラの胡麻和え
冷やしトマトと新玉葱のマリネサラダ
大葉が香る葱味噌焼きおにぎり

これまで私、こんな肉を買ったことはたぶんないかも。
牛肉の登場頻度は少ないし、いつも切り落とし肉で、美味しい焼肉は外で食べればいいと思っていたし。

060606_1_2でも、今日は自慢じゃないけど(いや、ちょっと自慢)、国産牛の100g当たり980円ってヤツを買った!‥‥‥、でも牛肉全品半額セールで!!

仕事が一山超えてから、飲みに行っていないし、これは飲み代だと思えば安い物だと言い聞かせ、私的には半額でもかなりの勇気を振り絞って買ったのだよ。


●フンパツ!おろしポン酢だれの牛焼肉

『油をひかずにホットプレートで軽く焼いて、おろしポン酢でお召し上がりください』と書いてあるとおりにした。
こんなに霜ふってんだから、ポン酢以外ないと納得し、大根おろし、アサツキ、スダチ、みょうがと薬味もたっぷり揃えた。

久しぶりにホットプレートを出して、楽しい焼肉のはずだったが、思わず無口になって無心で焼いて食べた私たち。

二人で300g。おいしかった〜〜〜〜〜。

明日から倹約しないと。。。

●ブロッコリーとハンペンの冷たい煮物

060606_2

濃厚なお肉に、あっさり鰹のおだしがきいた冷たい煮物はいかがでしょう?

ブロッコリーはさっと塩で下茹でし、わかめは水で戻し、水気をきってく。
だし汁は追い鰹するか、粉末だしを少々加える。薄口醤油とみりん、酒少々と塩はしっかりきかせて、はんぺんを煮る。煮すぎるとシワシワになるから注意。
ブロッコリーを入れてひと煮立ちしたらすぐ火を止め、わかめを入れる。
煮浸しのような感じ。
冬はわかめなしで温かいのを食べ、夏はわかめ入で冷やして食べる。
おだしの風味たっぷりで上品な煮物に見えるので、おもてなしにもいい。
刻み葱を少々かけていただくとまた美味し。


●冷やしトマトと新玉葱のパセリマリネサラダ

060606_3

今日のマリネはオイルなし。
レモン汁と酢、白ワイン少々(ワインビネガーがなかったので)、塩コショウと蜂蜜少々にたっぷり刻みパセリ。
冷えたトマトをスライスしてマリネにのせて、マリネ液を上からかけた。
白ワインは面倒でアルコールをとばさずに使ってしまったよ。


●アスパラの胡麻和え

060606_4

昨日に引き続き、朝お約束どおり、細いのを卵とじにして食べて、今日は中くらいのアスパラで胡麻和え。
黒胡麻はフライパンで煎ってからすって、た〜っぷり。
お醤油と砂糖、みりん少々で下茹でしたアスパラと和えた。


●大葉が香る葱味噌焼きおにぎり

060606_5

今日は普通の白米の予定だった。なかなかご飯が炊けないのであれ?
ぎゃ〜!!『玄米モード』のままだった!

炊けた3合ものご飯は妙にねちゃっとしていて、うちの実家の父だったら怒るだろうな〜(お米を愛してたヒトでしたから)と思いながら、焼きおにぎりにしてごまかした。

味噌と砂糖、刻んだ葱と大葉、みりんでのばし、両面焼いたおにぎりにのせてちょっと焦げ目がつくくらいにグリルで焼いた。
大葉の香りがまた食欲をかきたてる。

明日の朝もこれだな。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

鰯の蒲焼きとプリップリのアスパラ


060605image_2

<本日の献立>

鰯の蒲焼き 甘酢生姜添え
海老とそら豆の豆腐寄せ
アスパラのおひたしマヨ醤油がけ
胡瓜の酒盗あえ
蕪の三五八漬け(自家製)
大根と油揚げたっぷりのお味噌汁(三つ葉)
5種の雑穀入ご飯

かつて私の実家があった北信州でも、アスパラの出荷が最盛期を迎えている。
母が気が済むまでアスパラが食べたいと、近所だった農家からB級品のアスパラを箱でどど〜んと買ったよう。

昔は私の家でも毎日食べる自家用分ぐらいは作っていて、毎日たくさん採れるので困ったぐらいだ。朝も昼も夜もアスパラ。そんな時もあった。
なかなか帰らない私にも、た〜っぷり両手で2つかみほどの採れたてアスパラがクール便で届いた。

●アスパラのおひたし マヨ醤油がけ(和え)

060605_3

B級品っていっても、太すぎたり、曲がったりしただけ。細、中、太と3種にわけて、塩を入れてさっと茹でた新鮮なアスパラ。

太いのは、マヨネーズとお醤油をまぜたもので和える。かつお節をかけてどんぶり山盛り一杯食卓に出る。スーパーでちょっと買ったのは食べ方いろいろ考えるけど、きっとこのパターンが地元でも一番の食べ方かな?
ちょっと今日はきれいに積んでみたけど。

プリプリ…ブリブリ…、なんて甘くて美味しいの!
いくらでも食べられて、今日はふたりでおかわりいっちゃいました〜。

明日は焼こうか、炒めようか、細いのは朝、卵とじにしてた〜っぷり食べよう。

冷蔵庫の中でどんどん筋張ってくるので、焼く以外は新鮮なものはできるだけ早くボイルして、真空状態(冷凍保存袋などに入れて、空気をストローで吸い出してるの)にしてます。3日目にいただく時、全然違うよ。


●鰯の蒲焼き

060605_1

メインは小さくて何にしようか悩んだまま、頭と内臓を取って冷凍庫で眠っていた鰯を蒲焼きにしてみた。

頭と内臓をとり、洗って手開きで骨を尾のところで折ったら、小骨をすきとるのだけど、そんな余裕のない小さい鰯だったのでそのまま塩コショウして小麦粉をつけてしまった。

フライパンにやや多めに油をひいて両面焼き、油をペーパーで取り除いたらタレ(醤油2〜2.5:みりん1:三温糖1:酒1)を入れて絡めて煮詰めた。

器にもって、好みで粉山椒。私はアサツキの切ったのがあったので彩りに追加。


●胡瓜の酒盗和え

060605_4

写真は必要なかったかな。もったいなくて、ちびちび食べていた鰹の酒盗も最後になってしまった。(というか、いい加減に食べきらないと)

最後は飾り切りして塩揉みした胡瓜を洗って絞ったものにかけていただいた。
酒盗だけでも美味しいのだけど、塩辛いからね。
好きな人はこれでお酒1本飲めるよね。今度はイカの塩辛買ってこようかな〜。


●海老とそら豆の豆腐寄せ

060605_2

白和えにしようと残っていたわずかな木綿豆腐や、そら豆も食べなきゃ!
そら豆の白和えは前に食べたし、今日はムキエビも入れて思いつきでやってみた。

ムキエビ60gは酒をかけて軽く揉んでしばらくしたらペーパーでふきとり、そら豆(7本分位)は下茹でする。

木綿豆腐90gぐらいは水気をきって、ペーパーで水分を絞りながらすり鉢に崩し入れ、練り胡麻大1、塩少々、だし汁大1〜2(豆腐により)と片栗粉小1/2ぐらいを加えてよくする。

海老とそら豆をさっくり混ぜたら小鉢に入れて押し付け、軽くラップしてレンジで1分40秒ぐらい。(海老に火が通ればOK)
少し冷めてから鉢に逆さに盛る。

だし汁と薄口醤油、みりん、酒と塩少々を加えて一煮立ちしたら水溶き片栗粉であんを作り、豆腐にかける。

冷たく冷やして食べたけど、美味しかったよ。
豆腐によって、入れるだし汁の量は調整した方がいいかしれない。
冷凍の枝豆なんか使ってもいいし、絹ごしなら片栗粉小1にすればなおいい!

わざわざ器に逆さに盛ったけど、小鉢にそのままあんを流しても良かったし、もうちょっとそら豆と海老が見えるように、分けておけばよかったけど。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

野菜入ドライカレーと玄米バターライス

土曜日に長〜い昼寝をしたらよけいにだるくなってしまった。

あちこちのブログのお友達のところへゆっくり顔を出して、Ryouさんのところのトロッとしたカレーに悩殺された。

うちにあるものでできるのは、ドライカレー。

そうそう、フードプロセッサーを買ったときからずっと食べたくて、お菓子もつくらないのに、アーモンドスライスまで買っていたんだ。

オットは会社の近所の居酒屋ランチのドライカレーや専門店のカレーがお気に入りで、何度か「カレーはどお?」と聞くたびに、カレーはあそこのがあるからいいと拒否され続けている。

でも、この日は他に作る元気が出ないし、どうしてもカレーが食べたくて作った。

カレーだと電話で言ったら、この日はご飯いらないとのことで、ふてくされて再び寝てしまい、日曜日のお昼に持ちこしたのが、これ。

060604image

<本日のランチ>

野菜入ドライカレーと玄米バターライス ピクルス添え
トマトのっけのパセリいっぱいのコールスロー
なぜか急に飲みたくなった白ワイン
ハーゲンダッツのグリーンティアイスクリーム

刻んでお湯を入れてチンした人参と、バターを炊きたての玄米に混ぜた。

ドライカレーはこちらのブラウンのフードプロセッサーのレシピをアレンジしてあるもので作った。

トマトジュースがないので、ブイヨンとケチャップにし、野菜はビーマンも追加。
肉は合挽きの挽肉があったのでそれを使った。

ピクルスも福神漬けみたいに添えてしまったよ。

でも見た目そっくり!?

この日、新しいテレビがやってきて、すっかり機嫌がよくなった私たち。
朝からバタバタ動いたせいか、とってもお腹が減っていたし、ブツブツ言うかなと思ったカレーもかなりガッツいて食べていたので、美味しかったよう。。。

私的には、玉葱に新玉葱を使ったことや、肉が挽肉を使ってしまったことを除けば、玄米のバターライスもカレーに合って美味しかった。

気がついたら6月。夏を迎える準備が何もできてないので引き続き家事に追われた1日。明日からまた頑張らないとな、はぁ。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

鶏肉と香り野菜の塩炒め 速攻晩ご飯

060602image

<本日の献立>

鶏肉と香り野菜の塩炒め
サーモンのお刺身
えのきと海苔和え紫蘇風味
蕪の三五八漬け(自家製)
蕪葉とみょうがのお味噌汁
7種の雑穀入ご飯


久しぶりに1日お休み。
ずーっと寝てたと思うでしょ? それがさ、昨日ビール2本飲んでそのまま寝てしまい、夜中に目覚めてからずっとゴソゴソやってんの。身体のリズムが狂った?

たまりにたまった洗濯もして、午後は美容院に行ったよ。
急に白髪は増えてボサボサだったし、随分長くなってしまった髪を20cm以上切ってきた!
あ〜、スッキリ!! 6歳は若返ったはず。後ろから見たらまるで小学生?

だいぶ遅くなったので、『野菜たっぷり炒め物+ちょいとお刺身+和え物+漬物』の必殺簡単ご飯。


●鶏肉と香り野菜の塩炒め

060602_1

あ〜、同じのやっちゃった!
前にやって、すごく美味しかったの。今日はそのままの材料が揃ってた。

作り方はこちらをどうぞ(→2月28日の日記 なんか写真の色薄いな〜)

今日は粗挽きコショウにしましたよ!
本当にシンプルな調味料で素材の味が楽しめる。この料理のポイントは↓。

1. 鶏肉は絶対に皮付きもも肉を使用。(黄色い脂肪は取ってね)
2. 皮面から焦げ目がつくまでフライ返しなどで押さえつけながらあまり動かさずに焼く事。
3. 葱や野菜は炒めすぎないようにする。


●サーモンのお刺身

060602_2

脂ののったトラウトサーモンのお刺身がおいしそうでさ〜、一人100円分、一番小さい冊を買ったよ。
写真のせるほどでもないけど、こりゃ初鰹の倍ぐらい脂が!(言い方が悪いな)
久しぶりのお刺身に、少量でもすご〜く満足した。
食べ終わった醤油の小皿にサーモンの脂がキラキラ浮いてたもん。

●えのきと海苔和え紫蘇風味

060602_3

炒め物でけっこう野菜使ったし、肉も魚もあるので、ヘルシーきのこで超簡単和え物一品。

一昨日に引き続き、湿気った焼き海苔で作った自家製?海苔の佃煮。

切って、お湯でふやかしてから火にかけて、けっこうたっぷりの醤油と砂糖でかき混ぜながら煮たの。好みになるまで継ぎ足し入れたよ。

で、えのき茸1袋は切って、耐熱ボールに入れ、熱湯を入れてかき混ぜたらざるにあける。これを2回くりかえして水をきればOK。

私はいつも調理時間の短縮の為にポットにいっぱいのお湯をわかして、それをつかっている。とても湯が湧くまでなんて待てない。
刻んだ青紫蘇とえのきをよく混ぜておき、そこに海苔の佃煮を入れてさっくり混ぜる。海苔の佃煮の塩気にもよるけど、真っ黒になりそうだったら、お塩で調整して。仕上げにアサツキもパラパラ。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

鰹の味噌たたき やっと終わったよ〜!

060601image_1

<本日の献立>

鰹の味噌たたき
ニラとちくわの炒め煮
蕪とハムのわさび酢
焼きそら豆
豆腐のお吸い物(みょうが・長葱)
5種の雑穀入ご飯

いつから寝てなかったのかわからなくなってきた。
1日置きに帰っていたようだけど、本日やっと納品完了!終わったよ〜〜!!

ブログをやってなければ、一人でストレスを貯めていただろうけれど、皆様からの暖かいコメント、すごくすごく、本当に嬉しかったのです。
ありがとうございました。

ちょっとだけ頑張った自分に「おつかれさ〜ん!」しに飲みにでも行きたいところ、今日はオットが遅いのでスーパーに寄っておうちでおつかれさん。


●鰹の味噌たたき

060601_1_1

今日のお買い得品は生かつお!
今年の初鰹は、サラダ風のたたきや酒盗和えをいただいたが、まだみそ味を食べてないので、味噌たたきにしてみた。

生姜みじん切り大1弱、味噌大2、レモン汁大3位かな〜(小さめ1個分)、みりんと醤油を各小1、(味噌が辛めなら好みで砂糖小1入れてもいいかも)を合わせる。
鰹の冊約200gは、血合いの部分を除いて切る。
合わせた味噌でさらに軽くたたき混ぜる。
器に盛ってアサツキをた〜っぷりどうぞ(なければ刻み葱ね)。これは必須!

ツマには胡瓜が必要。味噌と合うから一緒にいただくの。
一昨日?胡瓜のツマをスライサーでやったらスーパーのツマみたいだったので、やはり鰹の味噌たたきには頑張って千切りする!・・・と、やっぱり美味しい。

血合いの部分は、すりおろしニンニクとすりおろし生姜、醤油でやや細かくたたき、器にもってから、刻み生姜の残りをトッピングした。
ご主人のおつまみ?私は食べるけど。

初鰹は戻り鰹よりあっさりしてるから、こんな味噌たたきも美味しい!
レモンじゃなくても、全体の分量調整してスダチなんかでもいいと思うけど、お酢はだめだよ、きついから。
帰ってきて普通の刺身の方がいいと言ったオットも納得。


●ニラとちくわの炒め煮

060601_2

さっと煮ようと思ったのだけど、他に油を使っているものがないと腹持ちしなくて夜中にお腹が減るので炒め煮にしたの。でも、炒め始めてから竹輪をもう1本追加〜って切ってたら、炒めすぎちゃった。。。

熱した胡麻油で竹輪とニラ、輪切りの赤唐辛子を入れてさっと炒めたら、鰹のだし汁、醤油、みりん、お砂糖少々。
さっと煮て火を止める。和風の炒め煮。


●蕪とハムのわさび酢

060601_3

蕪の漬物を漬けて、残り2つの蕪でもう1品。

蕪2個と葉5〜6本程度は切ってから塩でもんで、しんなりしてきたらよく絞り、二杯酢(酢大4、薄口醤油大1、だし汁大1)に山葵をタップリめに入れたわさび酢の中に漬ける。
しばらくなじませ、食べる前に千切りハム2枚分を加えて山葵や塩気を調整すればいいの。(塩で揉むときの塩が多過ぎたら、水でさっと流してから絞ってね。)

すっきりしていて、お酒にも合う。
メインが山葵醤油のおかずじゃない時の一品にいいよ。


●焼きそら豆

060601_4

先週?高かったそら豆だけど、今日はなんとか買えるレベル?
12本で298円。これより安いの私の近所ではない!

みんなも食べた?焼きそら豆、うちも一人3本づつ、皮をむいてお塩で大事に食べたよ。でもオットは皮を剥くのが面倒だったよう。。。


●豆腐のお吸い物

子供の時から豆腐のすまし汁って呼んでたんだけど、よく考えたらすまし汁って、透明な吸い物のこと。
でも私は母がそうしてたように、豆腐の時は、いつものお吸い物より醤油の割合を少し高くして塩を控えている(色が少し濃いめってこと)。
この方が合うと思うんだよね。
だからこれからは豆腐の吸い物って呼ぶよ。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »