« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

目鯛の昆布締め 山椒香る茄子と厚揚げの炒め煮

060530image_1

<本日の献立>

目鯛の昆布締め
山椒香る茄子と厚揚げの炒め煮
青紫蘇風味のトマトと新玉葱のマリネサラダ
ツルムラサキの海苔和え
大根と葱の味噌汁
7種の雑穀入ご飯

徹夜あけエンドレスなのだけど、眠くない。。。
少し先が見えてきたところで、今日は早めに帰り、お刺身を求めてスーパーに寄ったところ、天然物の目鯛の冊が今日のおすすめ品。


●目鯛の昆布締め

060530_1

天然物ってことばに惹かれたよ。きれいな冊で、帰ってきてちょっと食べてみると思っていたより美味しいけど、やっぱり本物の『鯛』とはちょっと違う。

初めてかな? いや、目鯛のお刺身はスーパーの刺し盛りなんかで、食べているとは思う。この前西京焼きやった時に、黒鯛と同じで鯛とは種類が違うことはお勉強済。なんたって値段が違うよね。
なので酸っぱいもの続きついでに、切ってから昆布締めにしてみた。

水でもどした柔らかい昆布を酢につけておき、切ったメダイの身に塩をふって10分、でてきた水分をふいてから昆布でサンドし、酢を少量かけ、昆布が乾かないようラップして冷蔵庫へ。
10〜15分ぐらいしたらまた昆布を酢で湿らせサンドして冷蔵庫で10〜15分、軽く締めただけでも、切ってから締めるのであっという間に昆布の旨味が浸透。

酢をかけすぎて魚の身がひたると、ささみのようになってしまうので、注意だ。

みょうがと胡瓜のつまで山葵醤油でいただいたが、メダイは、刺身で食べるよりも、この方が私好みだった。


●山椒香る茄子と厚揚げの炒め煮

060530_2

山椒の生の実も買ったの。ケッパーみたいなの作っておこうと思って。。。

今日は茄子を炒める時に、山椒の実を手のひらに半分ぐらい一緒にいためた。
厚揚げも湯をかけて油抜きしてから入れて炒め、だしと醤油(薄口と濃い口半々で使用)、みりん、酒、砂糖でちょっと甘みも感じるよう調味して、仕上げに水溶き片栗粉少々。あさつきを切って彩りにした。

すごく上品な味になってね、良かったよ〜。
山椒の実は生を使ったので、器に煮汁ごと盛る時にあまりいれない位でちょうど良かった。(奥に1個だけ見えるんだけど〜)

普段茄子の煮物はあまり食べてくれないオットも、炒めてからサッと煮たぐらいだと食べてくれる。
できたてを味見してもらったら、今日は山椒のスッキリ感もあって、「うまい!」と褒めてくれ、集合写真も一番前にしてくれたほど。。。


●青紫蘇風味のトマトと新玉葱のマリネサラダ

060530_3

しつこいって言わないで〜!! 身体が酢を欲しがってるの。
これでも微妙にちょっとづつ変えてるのよ。

これ、月曜の朝にマリネしたものだったんだけど、昨日帰れなかったから、食べるのは今日になってしまった。オットに食べてっていうの忘れてたよ。

煮切りみりん大3、レモン汁と酢大2、オリーブオイル大1、お醤油と塩コショウを少々でトマトと新玉葱をマリネしたものに、カッテージチーズと青紫蘇をのせて食べるの。
ダイエット中にカッテージチーズに目覚めて、冬頃大葉との組み合わせにはまってよくサラダを作ってからね、中身がマリネに変わっただけだな。
その時はスライスした玉葱とトマトや海老にカッテージチーズと青紫蘇のせて、青紫蘇ドレッシングやレモン味系のドレッシングかけて食べてたよ。

「あっさり系の和食の中にこういうのがひとつ入るといいんだよな〜」とオット。
今日はなんだか雄弁だし、よく褒めてくれる。


●つるむらさきの海苔和え

060530_4

海苔が見えるでしょうか?
この前煮豚を夜な夜な煮たときに、たくさん湿気らせてしまった味付き海苔を切って、佃煮海苔に味をつけて煮たものなの。
皆様は普通の佃煮海苔でどうぞ。

ツルムラサキは、母が健康の為にと作ってよく食べていたけど、本当にツルに生えている葉だけを摘んで食べていた。今日買った宮崎産のこれはなんだか茎みたいなのがあって、ちょっと違うし、さっと茹でてもヌメリが少ない。

栄養価の高いツルムラサキは、胡麻油を少々とだし醤油でおひたしにして食べるのが美味しいのだけど、今日はお醤油がわりにこの作った海苔の佃煮と胡麻油少々で和えてみた。

こちらも妙にオットのツボにはまったよう。

優しい味の和食が食べたくて久しぶり?に作ったのだけど、オットは「今日は上品にまとまった」と褒めてくれ、こんな程度でも、「こういうのを食べれる店とかやれば?」と言い出した。
「今から調理師の免許とかとればさ、おまえは客商売の才能もあるしさ!」と・・・。 
まともに聞いちゃいないが、客商売の実家で育ったので、客商売の才能についてはないこともないと自分でも認める。
でも・・・、まだ働けって言うんかい!と思う。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月28日 (日)

よもぎうどん ニラとじゃこのおひたし

060528menu

<本日の献立>

よもぎうどん
にらとジャコのおひたし温玉のっけ
新玉葱と胡瓜のもろみみそ和え冷や奴
ふきと薩摩揚げの煮物の残り(写真なし)


土曜は自宅で仕事しようと持ち帰るも、オットが風邪で寝込んでいるのがうらやましく、寂しくてしかたなかった猫のziziはやたらとまとわりつき、掃除していない家のホコリが気になり、ちっとも仕事に集中できない・・・。
冷たい妻だとお思いだろうが、結局出勤し、帰ったのは日曜の夜だった。

オットにはかろうじてお惣菜をつくって出かけたが、自分はパンとコンビニで済ませてしまった。。。

風邪ひきオットは日曜に帰るとだいぶ良くなっていて、深夜にどうかとも思ったが、5月のうちに気になっていた『よもぎうどん』を食べないと!…という事で夕食がわりの夜食。


●よもぎうどん

生のうどんで売っていたのだけど、う〜ん、モチモチしてる。。。
よもぎの香りは良いのだが、疲れた夜食には不向きだ。

もちもちうどんが好きな人はいいのだろうけど、私には今イチだったの。

タイトルに入れたのに、ごめ〜ん!!


●ニラとじゃこのおひたし 温卵のっけ

060528_3

ニラが安くてまた2袋買いしたところで、おひたし。
さっと茹でたにらを水にとってから絞り、じゃこも湯に通して水をきる。
混ぜてだし醤油でいただく。ごま油を少々タラタラも忘れてはいけない。
ちょいと入れるこのごま油が緑黄色野菜の栄養吸収も助けるのだから。
温泉卵と一味唐辛子や糸唐辛子で彩りもプラス。

一度温泉卵の写真やりたかったの。
というわけで、あわてて食べる前にもう1枚。

060528_4

今イチだな。。。次は元気のある時に頑張るよ。


●新玉葱と胡瓜のもろみみそ和え冷や奴

060528_1

また『男前豆腐』なの。値段も高すぎずちょうどいい。
このトッピングは、これ自体単品で食べてたのだけど(こちらを見てね)、冷や奴のトッピングにも美味しいの。
もろみ味噌ケチっちゃだめだよ。
本当はここに青紫蘇刻んでいれたかったんだけど、(もろみ味噌ととても合うから)今日はきらしてしまった。
この前、普通の冷や奴食べたとき、何か忘れているような気がしてたけど、かつお節忘れてたから、今日はかけたよ。

きゅうりはスライサーで切っちゃったけど、かならず水で流して絞ってね。
ビタミンCの破壊酵素があるからね。私は昔妹から教しえてもらったよ。

新玉葱も水分がいっぱいだから、食べる時にお醤油ちょっとだけかけて食べるの。
青紫蘇入れて是非試してみて。
青紫蘇もけっこうアクがあるから、私はいつも切った後水にちょっとさらすよ。
その方がアクの苦みもなくて美味しいもんね。

*****

見に来てくださった皆様

このところバタバタしており、ズレズレの更新です。
しかも日増しに手抜きです。せっかく見にきてくれたのにごめんなさ〜い!

あと、もう少し‥‥‥、息も切れてきていますが最後の追い込み中。

ブログをお持ちの皆様のところへもなかなかゆっくりお邪魔できないのですが、お許しください。いつもあたたかいコメントありがとう。もう少ししたらゆっくりお邪魔しま〜す。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

アスパラの玄米リゾット 焼き野菜とささみのマリネ

060526image_2
<本日の献立>

アスパラとしめじの玄米リゾット
焼きパプリカとささみのマリネ

アップする日にちに迷う。というのも・・・、

この日、オットから調子が悪いので先に休むと電話が入ったが、帰ると写真を撮る準備がされていた。

でももう今日はご飯をつくるつもりはなく、おやつ腹が気持ち悪かったので、冷蔵庫の中のガーキンス(ピクルス)をガリガリ立ったままキッチンで食べていたら、またマリネが食べたくなり作った。

そして、夜中の3時頃オットが起きてきて、「なんかある?」攻撃に、思わず残っていた玄米ご飯でリゾットをつくってみた。


●焼きパプリカとささみのマリネ

060526_2_1

鶏のささみ2本をそぎ切りにし、もろみ酢をふりかけ(なくても酒でもいいかな〜?)、しばらくおいている間に新玉葱1/4個をスライスして、バット等に入れ先にマリネ液につける。
マリネ液は昨日お話した栗原さんのオリジナル(煮きりみりん大3、レモン汁大2、酢大2、オリーブオイル大1、醤油と塩、コショウ少々)に、粒マスタード小2、すりおろしにんにくを少しだけいれたもの。
パプリカ大1/2、ピーマン2個を焼き網で焼きながら、鶏のささみに片栗粉をふって、熱湯で茹でたら、すぐ氷水にとる。
(私はささみをこうやってぷるるんとさせて食べるのが好きでよく登場している)
そして黒くなるぐらい焼けたパプリカとピーマン、つるっとしたささみをペーパーで軽く水気をおさえてマリネ液につける。しんなりした玉葱でかぶせるといいよ。

1時間ほど漬けたら美味しく食べられる。
ステンのバットは100均のを愛用。重ねられるのが欲しい。
ささみもそのまま茹でた方がマリネ液の浸透が早いかもしれないけど、これでもまわりの片栗粉に液がからんで、のどごし良く食べれるのでそうしてる。
好みでどうぞ。


●アスパラとしめじの玄米リゾット

060526_1

生米からではないなんちゃってリゾットだけど、玄米はこういうのにいいね。
この前リゾットは勉強したので、要領はわかったからきっとうまくいく?

玉葱1/4個みじん切り(今日は新玉葱使用)、シメジは熱湯に30秒ほど入れて湯をきっておき、アスパラは下茹でせずに下の固い部分だけ皮を剥いて2〜3cmぐらいに切っておく。
玄米ご飯2膳分はさっと水で洗い、よく水をきっておく。
オリーブオイル大1で、玉葱を炒め、続いてアスパラをいためる。
よく水をきった玄米ご飯を入れて、オイルがまわったら白ワイン大2を入れて混ぜる。
そこに熱い湯を1カップ程度とブイヨン(コンソメ)適量を入れて沸騰してからしめじを入れる。
塩コショウし、適度に水分がなくなり煮えたらバター大1とパルメザンチーズ大2を入れて混ぜるとできあがり。

生米でつくるように、スープを何回かにわけて混ぜ続ける必要なしだから楽チン。固さは湯(スープ)の量で調整すればいいよ。あっという間にできちゃう。

おいしかったよ〜。オットも調子悪いとか言って、どちらもペロッと食べた。
でもアスパラのリゾットには、パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろして入れるべきだと思う。きっとすごく合うんだと思う。
私はパルミジャーノ・レッジャーノちょびっと入のお得な生パルメザンチーズだったけど。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

トマトとアスパラのマリネ つくりおき総菜の晩ご飯

060525image

<本日の献立>

さんまのみりん干し焼き らっきょ添え
煮豚の汁を使った肉じゃが
トマトとアスパラのマリネ
白菜の塩昆布漬け(自家製)
きのこと三つ葉のお味噌汁
白米ご飯

帰ってきてバッグを投出し、さんまのみりん干しをさっと4分で焼きながら、味噌汁を作りながら昨日夜な夜な煮た肉じゃがを温め、朝漬けたマリネと白菜の漬物を冷蔵庫から取り出して皿にのせて完了。10分はかかってないな。。。

今日はまったく気力がなく、ただひたすら眠かったので、こんな状態。

それでも煮豚の汁がもったいなかったので、作った肉じゃがなんぞ、見ていただけます?


●煮豚の汁を使った肉じゃが

060525_1

美味しい汁だから、肉が少なくてもいいかな〜とちょいと減らしてみた。

絹さやとか青味がなかったので、小口葱をまいておきましたよ。
それだけで昨日作ったように見えない?
さんまのみりん干しはおつまみみたいだったので、最後ご飯に肉じゃがの汁をかけて食べてしまった。。。
妹がよくそうしてて、なんだよそれ〜と思っていたのに、旨かった。


●トマトとアスパラのマリネ

060525_2

疲れてきたようで酢の物やマリネが食べたくてしかたない。今日はトマトと下茹でしたアスパラを朝マリネ液に漬け込んででかけた。

マリネ液は、以前にも書いたが、栗原はるみさんの本みりんを使ったマリネ液がとても美味しいと思っている。本みりんの甘さがなんとも上品!
今日はそこに入れるはずのお醤油少々を入れずに、すりおろし玉葱少々とバジルを入れた。
どちらもオリーブオイルがいっぱいじゃないから、和食にもよく合うよ。

マリネ液はレシピにするとこんなかんじ。

煮切りみりん(本みりんを半量になるまで煮切ったもの)大3、レモン汁大2、酢大2、できるだけ美味しいオリーブオイル大1、すりおろし玉葱大1/2、塩コショウ少々、バジル少々。(オリジナルレシピは玉葱とバジルなしでお醤油少々)
野菜のマリネによくあうマリネ液だよ。

*****

見に来てくださった皆様

バタバタしており、ズレズレの更新です。
しかも日増しに手抜きです。せっかく見にきてくれたのにごめんなさ〜い!

ブログをお持ちの皆様のところへもなかなかゆっくりお邪魔できないのですが、お許しください。そのうちゆっくりお邪魔しま〜す。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

気に入るわけないな。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

時鮭(?)とやっこの簡単焼き魚定食

060524image

<本日の献立>

生鮭の塩焼き 蕪の塩昆布漬け添え
鶏レバーの生姜煮
冷や奴
そら豆と新玉葱のマリネサラダ
春キャベツの具沢山味噌汁(新玉葱、人参)
玄米ご飯


24時間営業のスーパーにお惣菜を求めて行ったのだけど、ついつい買い物してしてしまい今日は焼き魚定食に変更。夜中の1時の晩ご飯、皆様の朝食みたい?


●生鮭の塩焼き 蕪の塩昆布漬け添え

060524_1_1

鮭の塩焼きの写真のせる人もいないと思うけど、おいしそうだから、ね!
鮭の旬は秋だけど、春から夏にかけても『時鮭』の生鮭がおいしいんだよね。
いつもは『トラウトサーモン』の冷凍だけど、こちらはいつもより値段も高い。

でも、『旬の生鮭』としか書いてなくて、実は養殖銀鮭かも?
TVでやってた鮭児(ケイジ)とか、食べてみた〜い。どんなだろ。。。

それでも脂がのってて久しぶりの塩焼きは美味しかった!
鮭大好きなオットは「やっぱり魚はいいな〜、うちは魚・魚・魚・肉・魚ぐらいの順番でいいよ〜」と言った。
気持ちはわかる!「私もあんたが魚屋さんか漁師さんだったらいいと思う事も時々あるよ。」と言っておいた。
この都会においては魚ご飯の方が高くつくような気がするのは気のせい?

朝の残りの蕪を塩昆布で漬けたお漬物を添えた。


●鶏レバーの生姜煮

060524_2

昨日肉は十分食べたけど、二人で疲れているのでお互いの労をねぎらっておつまみ1品。

鶏レバー200gは血合いを除きよく洗って切り、長葱1本もレバー程度の大きさに。生姜1固まり(20g位)をスライスする。

小さなフライパンにオイルを薄くしき、生姜とレバーを炒め、だし汁120cc、酒大3、醤油大2、みりん大2、砂糖大1〜1.5を入れて中火でタレに絡ませながら煮て、長葱を加えてしんなりするまで煮て煮汁が煮詰まってきたらOK。煮詰める度合いで味も調整。

仕上げに水にさらした針生姜(私の場合は針じゃないけど)をのせていただく。
甘辛い味がお酒のすすむ1品だよ。


●冷や奴(男前豆腐)

060524_3

冷や奴なんて見せるなって? でもこちらは『男前豆腐』、初めて食べたの。
ジョニーよりややあっさり?
くどくなくてお豆の味がたっぷりでなかなか美味なお豆腐だった。

ところで普通の奴の薬味って何だっけ? 思い出せなくてオットに聞いたら、葱と生姜だって。そうだっけ?
今日は葱を使ってしまったので、おろし生姜とみょうが、青紫蘇、小口葱をまいた。


●そら豆と新玉葱のマリネサラダ

060524_4

旬なそら豆は既に一度いただいたけど、先週皆様のブログはそら豆いっぱいだったのでまた食べたくなり、深夜スーパーで探すも、小袋に6本で398円は高い。
だって、そのうちの豆なんてちょっとじゃ〜ん!
なので今日は冷凍のそら豆購入。なんか違うだろと思うけど。。。

であればと、前に枝豆でやったマリネサラダを今度はそら豆でやってみた。
どちらもおいしい。


●春キャベツの具沢山味噌汁と玄米ご飯

野菜が少ない気がして、春キャベツに新玉葱と人参で明日の朝の分まで具沢山味噌汁を作った。玄米ご飯と鮭でいい献立だと思ったけど、オットから玄米はこの前みたいなチャーハンとかがいいと言われたよ。
疲れた夜には喉の通りが悪いのか、それもなんだかわかる気がする。

残ったご飯はお粥にしてみよう!


 


*****

見に来てくださった皆様

バタバタしており、ズレズレの更新です。

ブログをお持ちの皆様のところへもなかなかゆっくりお邪魔できないのですが、お許しください。そのうちゆっくりお邪魔しま〜す。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

煮豚&味玉と柚子胡椒で2品

060523image_1

<本日の献立>

煮豚と味玉 ほうれん草添え
大根と鮭の中骨の柚子胡椒サラダ
ダブルくらげの酢の物
トマトと新玉葱のハニーマリネ(マリネはオットのみ)
えのきと葱のスープ
7種の雑穀入ご飯

こんな時間にどうかと思うけど、作っておいた煮豚があるので今日もしっかりご飯食べたよ!


●煮豚と味玉 ほうれん草添え

060523_1_1

ドド〜ンと分厚く切ってしまった煮豚、好きです〜。
いろんな作り方があるけど、今回はあらかじめ肉をつけ込み方式でよ〜く味をしみ込ませて煮た肩ロースのすっきりホロホロ煮豚だよ。

豚肩ロース450〜500gを凧糸で縛って形を整え(私は縛ってあるのを買ったケド)、生姜スライス1かけら分と葱の青い部分15cm位、砂糖大2とみりん大3、醤油1/2カップ位をナイロン袋に入れて豚肉を1日冷蔵庫で漬ける。

肉を取り出したらペーパーで汁気を拭いて、薄くオイルをひいたフライパンでまんべんなく強火で焼き色をつけて焼く。

肉をつけたつけ汁と焼いた豚肉を直径18cmの鍋に入れて、酒1/2カップ、お湯を肉がかくれるぐらいまで注ぎ落としぶたをして時々むきを変えながら弱火で1時間ぐらい煮込む。煮汁はタレにするので、煮詰まり具合を好みで加減すればいい。
できた煮豚は黒コショウをたっぷりまわりにつけて切り分ける。

肉を煮ている間に半熟ゆで卵をつくって殻をむいておき、肉を煮た後の煮汁が冷めたら固まった脂を取り除き、卵を半日〜1日漬け込むと味玉もできあがり。
茹でたほうれん草は絞って水をきり、煮汁をかけて一度絞り、器に盛ってから再度タレをかけると美味しい。

煮豚にも辛し少々を溶いた煮汁をタレにしたよ。(写真にはないよ)
味が染みてて美味しかった〜!卵はちと茹で時間が早過ぎたかな?

豚肉が続いてるけど、この前夜な夜な煮ておいたんだ。だから温めて切っただけ!
でもうちではこの肉一塊、1食と作った時のつまみぐいで終わってしまう。
その後のアレンジ料理はこれからもたぶんやれない。。。


●大根と鮭の中骨の柚子胡椒サラダ

060523_3

ツナを使ってもいいのだけど、鮭の中骨缶の方がカロリー低いしオイルがない。

大根の千切りは塩で揉んで水でさっと塩を流したらよ〜く絞り、切った三つ葉と、少々の汁気とともに鮭の中骨、マヨネーズと柚子胡椒(私はたっぷり)で、塩と普通のコショウも少々でさっくりまぜるだけ。

ピリッと辛い大人向けのツナサラダみたいな感じだね。
大根は朝食べた時にまとめて切っておいたのでこちらも楽勝!


●くらげときくらげの酢の物盛り

060523_2

今日の献立なら中華くらげの酢の物でも良かったけど、せっかく味のついてないくらげを買ったので、カロリーおさえて柚子胡椒も使ってもう1品。
でもくらげがちょっとしか入ってないからキクラゲも入れて『Wくらげ』なのだ!

朝、水で塩抜きしておいたくらげ、時間がないのでお湯で戻してしまったキクラゲ、飾り切りして塩で揉んでから水で流して絞ったきゅうりを、酢大2、醤油小2、砂糖小2に柚子胡椒少々(好みで辛しでも)に漬けて盛り合わせただけ。

計量はちょっといい加減なので、好みで要調整かと。。。


●新玉葱のハニーマリネとトマト

『あるある』でやったらしいけど、新玉葱のスライスを蜂蜜につけたものを運動する前に食べると脂肪の燃焼効果が上がるとか?

オットがどこかで聞いてきて、一昨日どっさり新玉葱を買ってきた。瓶に入り切らない分を出したオットだけの特別おかず。
本人は2日ですでに効果があった(?)と喜んでいるのだけど、夜中に煮豚これだけ食べたら明日はどうかな〜。

*****

見に来てくださった皆様

いろいろ予告しておりましたが、今日もなんとかご飯作りました。
あたたかいコメントに嬉しくなり、思わずズレズレですが更新します。

ブログをお持ちの皆様のところへもゆっくりお邪魔できないのですが、お許しください。そのうちゆっくりお邪魔しま〜す。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

めばち鮪とアボカド メインはこっちよ!

060522image

<本日の献立>

茄子とピーマンのオイスターソース炒め
めばち鮪とアボカドの山葵醤油
梅風味の水菜と油揚げの煮浸し
茄子の辛し和え
白菜とみょうがの味噌汁(長葱)
5種の雑穀入ご飯


夕方、オットに「今日もブログやるの?」と尋ねられた。
これは私の帰りが遅いのに家で食事を作るかと聞いているらしい。

待っててくれるなら作りますとも!ブログやりますとも!

今日明日ぐらいは週末に下準備したものがあるからね。
とりあえずスピードメニューで一気に仕上げたぞぉ〜。


●茄子とピーマンのオイスターソース炒め

060522_1

あらかじめ毎日の献立なんぞ考えてないので、冷凍庫の一番手前にあった豚挽肉を使用。ロースがあれば少し細く切って下味つけてあげると良かったね。
今日はそういうのなし。下の分量も目安でいい加減。

茄子3本は皮に切り込みを入れてから水にさらしてアクをぬき、ピーマン2個も縦に切り、熱したごま油大1で豚肉半パックとすりおろしニンニク少々とコショウを入れて炒め、続いて茄子を入れ、油がまわって少ししんなりしてきたころでピーマンを加える。

砂糖小1、醤油大1〜1.5と酒大1、中華だしのもとか鶏ガラスープ小1/2を湯100cc位に溶いたもので炒めたらオイスターソース大1〜1.5を一気に入れてさっと炒め混ぜたら水溶き片栗粉を加える。器にもってから刻み葱をかけてできあがり。

茄子に油が行き渡らないでスープを加えると色が悪くなるから、茄子はしっかり炒めたあとにピーマンや調味料を入れるとキレイだと思うよ。調味料はあわせておくか、一気に入れてピーマンがしんなりしすぎないよう注意。

これは私がお気に入りの台湾料理屋の味に頑張って近づけた風。
うちのオットは茄子を味噌で炒めると食べないけど、これは好きなんだそうな。


●メバチ鮪とアボカドの山葵醤油

060522_2

アボカドの熟成が冷蔵庫の入れ替えで早まったらしい。
メバチマグロの切り落とし特売とタイミングがあったので、そのまま盛ってみた。

アボカドにはレモン汁しっかりかけて、そのまま鮪と一緒に山葵醤油で普通に食べるの。みょうがと青紫蘇が私好みかな〜。これが美味しいんだよね。

集合写真撮るときオットがさっさとこちらを手前にしたの。

「今日のメインは茄子なのよ〜」と小声で言ったら、「オレ的にはこれだよ」とのこと。毎日お刺身食べれたらいいね〜。


●梅風味の水菜と油揚げの煮浸し

060522_3

時々登場する水菜と油揚げの煮浸しだけど、今日は梅風味。

梅味のものが欲しいな〜と梅を出しながら、この前YOMEちゃんがレタスの煮浸しに梅のっけてたの思い出して、煮汁にも梅少々。
梅入れるとさっぱりしてこれまたおいしんだよね〜。



●茄子の辛し和え

今日はお漬物ないかな〜と思ったところで、茄子を出したついでに即席辛し和えをつくってみた。
久しぶりに美味しくて、これから夏は何度も登場な予感。
今度はちゃんと写真にとってもらお!

*****

見に来てくださった皆様

お尻に火がつかないとやれない性格が災いしてバタバタしており、更新とご飯作りが不定期便になりそうな予感です。(野菜が冷蔵庫にあるうちは頑張らないと!)

コメントのお返事遅くなってしまったり、せっかく見に来てくださったのに、更新してなかったりで、本当にごめんなさい。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

冷しゃぶ しゃぶしゃぶだれ研究?

060521image

<本日の献立>

豚の冷しゃぶ コクある(?)塩胡麻だれ
わかめとほうれん草とジャコのさっと煮
カリフラワーとカボチャのマスタードサラダ
胡瓜と蕪の三五八漬け(自家製)
蕪葉の雷汁
7種の雑穀入ご飯

(すっかりアップするのが1日遅くなってしまった。。。)

今日は暑かったね〜。でも日曜だってのに、仕事で帰りが遅くなった。

そろそろ冷しゃぶかしらと買っておいた肉で簡単に冷しゃぶと思ったが、いつもの胡麻だれやポン酢と違うたれで食べてみたくなり、研究???


●豚の冷しゃぶ コクある(?)塩胡麻だれ

060521_1

今日は計量してないし、いまいち未完成的なタレなので次回完成した時に内容はのせるとして、簡単にいうと、すりおろした玉葱をニンニク、生姜とともに炒めて、酒、スープと塩コショウで味をつけ、火をとめてから半ずり胡麻と長葱、レモン汁に蜂蜜を隠し味程度に入れた・・・が、新玉葱のせいかパンチに欠けたので、おもわず豆板醤を入れてしまった。

しかも、さらに半ずりごまをかけようと思ったのに忘れてしまった。

ま、それが以外に美味しいかったのだが、まだまだ研究が必要。今日は時間がなくここまで。でも・・・、次はこんな妙なもの作らんと、美味しい市販品を買ってこいという噂もある。


●わかめとほうれん草とジャコのさっと煮

060521_2

お刺身わかめの残りを使ったのだけど、さっと煮るだけだから乾燥わかめでもいいの。

切ったわかめと下茹でしたほうれん草、チリメンジャコをだし汁に薄口醤油、みりんと塩少々で煮汁をつくって、ジャコから入れ、しんなりしてきたらほうれん草をわかめを入れてひと煮するだけ。

写真は沈んで見えてないけど、煮汁ごと盛って食べてくださいな。


●カリフラワーとカボチャのマスタードサラダ

060521_3

茹でたカリフラワーとかぼちゃは熱いうちに砂糖と塩こしょうしてなじませておき、冷めたら水にさらしたアーリーレッド(普通の玉葱でも)、マヨネーズ、たっぷりめに粒マスタードを加えてかぼちゃが潰れすぎないようさっくり混ぜる。
時間が経つと味を吸うので、再度塩コショウ等調整。


●蕪葉の雷汁

2〜3人分の味噌汁を作るつもりで鍋に湯をはり、水をきって手で崩した豆腐1/2丁と赤唐辛子(私は輪切りにしたけど)、下茹でして刻んだ蕪の葉をたっぷり入れて、味噌をとく。仕上げにごま油たらたらでできあがり。

あとは漬物があるし、今日もご飯がおいしい。

*****

遊びに来てくださった皆様

なんだか月末ぐらいまでどうにも忙しく、超深夜ご飯でもよいとオットが言えばなんとかおうちでご飯を食べたいのですが、ちょっと自信がなくなってきました。
なので、ちょっとずれた不定期な更新になりそうな予感です。
せっかく見に来てくださったのに、更新してない時はごめんなさい。

また、皆様のところに行けない日々が続くかもしませんが、どうかお許しください。それでもたまにコメントでも残していただけると、私も頑張れると思います。

よろしくお願いいたします。



★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

鰹の酒盗和えとアスパラの焼きびたし

060520image

<本日の献立>

鰹の酒盗和え 生姜胡瓜添え
アスパラと舞茸の焼きびたし
水菜とトマトの豆腐サラダ
お刺身わかめとみょうがの酢の物
信州そば


昨日はオットリクエストのお刺身食べれなかったし、蕎麦も茹でずじまいだったので、今日はその欲求を満たすのだ。


●鰹の酒盗和え 生姜胡瓜添え

060520_1

昨日に引き続き鰹の酒盗を使って、今日は旬な初鰹をいただいた。
お刺身で食べるより薄めに切って、酒盗で和えるだけ。
卵黄も一緒に和えるとまたねっとりまろやかな味になるのだけれど、今日はうずらの卵があったので、ユッケ風にポチッと落としてみた。ウズラの卵黄ぐらいが私にはちょうどいい。

早食い夫婦の私たちでも、思わずゆっくり味わってしまう。。。うまい!

つまがわりに生姜ひとかけらたっぷり針生姜にして、胡瓜と一緒に水にさらしたものをつけた。これが鰹の酒盗に合ってさっぱりさせてくれて良かった。


●アスパラと舞茸の焼きびたし

060520_2

メインはアスパラだったはず。。。
アスパラの下の方は皮を剥いて、舞茸と一緒に焼いた。舞茸はすぐ食べれるぐらいになるからご注意。

だし汁に薄口醤油とみりんと塩(少し濃いめに)で汁を少しつくり、大根おろしを多めにしぼって入れ、焼き野菜にかけていただく。
私はだし汁の中に舞茸をいれてしまったので、汁の色が悪くなったね。
盛り方に気をつけてあとからかけるだけにすれば良かった。
エリンギやシメジなんかだったら色もそれほど悪くないかもね。


●水菜とトマトの豆腐サラダ

060520_3

白和えみたいなものだけど、サラダ風にドレッシングにしてみた。
この前初体験した豆苗で作ろうと思ったけど、水菜がめちゃ安かったので変更

水菜は大きめ1束4cmぐらいに切って塩を入れた熱湯で3〜4秒!茹でて水で冷ます。
トマトはミディトマトを切って使ったけど、プチトマトを切ってもいい。
豆腐は水を切ってくずし、塩コショウしてさっと混ぜる。

かけたのは、マヨ味噌ドレッシング。(いい加減な計量なので好みで調整して)
すりゴマ大1、マヨネーズ大1.5、味噌小1.5、砂糖少々にだし汁で好みのゆるさになるようのばす。
野菜や豆腐から出た水分をよくきって器にもり、ドレッシングをかけていただく。今日はドレッシングを別にかけたけど、豆腐にまぜてすり鉢ですれば、豆腐ドレッシングというか、白和えだね。

さっぱり味の水菜も豆腐とマヨ胡麻味噌の濃厚ドレッシングが満足させてくれる。水菜は好みで生でもいいけど、わずかに茹でた感じがたっぷり食べれてシャキシャキ感もあって好き。豆苗でもきっとおいしいと思うよ。


●お刺身わかめとみょうがの酢の物

060520_4

香り野菜が好きな私としてはみょうがが安くなって嬉しい。
毎日食べてるよね。まだ夏にならないけど、毎日食べてる。
今日は暑かったから、お刺身わかめをさっぱり酢の物で食べた。
いつもは胡瓜をいれたりするけど、お刺身わかめならみょうがだけでもいいね。
みょうが嫌いな方、毎日ごめんね。

●信州そば

久しぶりの冷たいお蕎麦。
いつも暖かい蕎麦やるときは、写真撮ったあと、大慌てで蕎麦たべてたけど、今度は楽だ〜。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

夫婦で楽しむ居酒屋風おつまみ 冷蔵庫が運んできた幸せ

060519_image

<本日のお品書き?>

塩茹で枝豆
クリームチーズの酒盗和え
卯の花の炒め煮
蒟蒻田楽のくるみ味噌
お刺身蒲鉾 胡瓜とみょうが添え
帆立の照り焼きバルサミコ仕立て

冷蔵庫が来たよ!15年くらい前のものとは比較にならないね。去年のモデルを安く買ったけど、その方がコストダウンされてないつくりで良かった。沢山入ってキッチンの除菌までしてくれる優れものに夫婦ふたりで盛り上がった。

引っ越しでもないのに、冷蔵庫一つで大騒ぎし、ついでにキッチンまわりの大掃除をし、おつまみを作り出したらもう何を作ったかわからなくなるぐらい結構疲れた。お蕎麦茹でようと思ったのに、「ごめん」したよ。

次はテレビ。この3日間カラーで見たことないし!、夏が来るまでに寝室のエアコンも。。。あ〜、一生懸命働かないと!!


●塩茹で枝豆

今年始めて「枝豆」だけでテーブルに登場。小さめのだけど、濃い味だった。
夏に向けて日々登場だね。


●クリームチーズの酒盗和え

060519_4

この前ささみとアボカドで酒盗和えやった時に書いたけど、合うらしい。

ということでお試しだったけど、想像どおりの味で、クリームチーズがなんだかスモークした熟成チーズに変わる。酒盗だけでも美味しいと思ってしまう私なので、お酒のおつまみにはピッタリ。やはり日本酒に合いそう。。。

●卯の花の炒り煮

060519_2

ベーシックな卯の花(おから煮)。私は椎茸あまり好きではないけど、おからなんかはこういうダシのでるものと一緒に炊くとやはり旨い気がするので、たいてい入れる。具は、人参、椎茸、竹輪、油揚げ、小口ねぎ。炒めるオイルは控えすぎないようにしている、
炒めた後、タップリ目のだし汁で煮て、しっとり煮たら仕上げにごま油を少々と溶き卵で一気にかき混ぜる。冷めてもおいしいようにしっかりめに味をつけた方がいいね。葱は長葱の方が美味しいかも。


●蒟蒻田楽 くるみ味噌

060519_3

タップリめの塩で茹でた蒟蒻に、甘めのくるみ味噌をのせた。
くるみ味噌は、八丁味噌があればそれにくるみを粗刷りしてまぜればいいけど、今日は赤味噌に砂糖とみりんで甘くしたものに、刻んだくるみを粗くすって混ぜた。
アツアツが美味しいね。


●お刺身かまぼこ

060519_5

お刺身買いに行ったんだけど、遅かったからめぼしい物がなくて、またこれ。
今日はみょうがと飾り切りして塩揉みした胡瓜でいただく。
胡瓜の飾り切りは、割り箸を割って、胡瓜の両側に置いて包丁でスライスした後、手で5〜6枚ぐらいづつ離しちゃう。強めの塩で揉んでしんなりしたらずらすように丸めるの。知ってるか。。。酢の物の盛り合わせの時もきれいだもんね。


●帆立貝の照り焼き バルサミコ仕立て

060519_1

醤油とみりん、砂糖で作る照り焼きなんだけど、お砂糖を控えめにして仕上げにバルサミコ酢でちょっとスッキリ仕上げてみた。野菜と合うからね。
今日の野菜は刻んだレタスとアーリーレッド。
新玉葱でもいいし、玉葱と合って美味しかったよ。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

2種の風味の鯵フライ 冷蔵庫がやってくる

060518image

<本日の献立>

2種の風味の鯵フライ(梅紫蘇、レモン) 野菜添え
カリフラワーといんげんのカレー炒め
小松菜と蒟蒻の辛し和え
瓜の三五八漬け
白菜と葱の味噌汁
菜飯(蕪の葉ご飯)

どうやら結婚して10年になるようだが(結婚記念日とかは覚えていない)、今年に入ってあらゆる家電が一気にガタつき始め、昨日オットと夕方から秋葉原に行ってみた。冷蔵庫は結婚前からオットが使っていたお古だったしね。
で、いきなり冷蔵庫を買ってしまった!
今週末は仕事なので明日届くことになり、夕べは外食の後、ガサゴソ朝方までレイアウト変えの準備やら沢山ある野菜で総菜づくりをした。お腹が減って、朝方大量に食べたロールケーキが美味しかった。

眠いけど、やらなきゃならないことがいっぱいで興奮気味?
なんだかフライものなんか珍しく食べたくなって、小ぶりの鯵を4尾買って帰ってきた。

●2種の風味の鯵フライ(梅紫蘇、レモン) 
  野菜(キャベツ、レタス、トマト)添え

060518_1

写真撮るとき、レモンのせるの忘れちゃった!

鯵は20cm弱のやや小ぶりな鯵で、背開きの超ベーシックなこれぞ鯵フライ!って感じにしたかったのでちょうど良かった。フライの時は背開き、焼き魚の時は腹開きだよね。

ぜいごをとって、うろこをこそげとり、えら脇に刃を入れて頭を落としたらえら側からわたを抜き、塩水で手早く洗って背開きに(腹でくっついた形)。中骨と大きな骨はすき、背びれもとる。(順番違うかも〜!)
塩をふってしばらく置いてる間に喉に刺さるかな?と思われる小骨も抜いちゃう。
出てきた水分をペーパーで押さえて軽く塩とコショウはしっかり。

正面に見える梅紫蘇風味は、その後梅肉少々を塗り、小麦粉、溶き卵に絡めた後身側を上にしてパン粉にのせ、刻んだ青紫蘇を卵におさえつけてからパン粉をかぶせて揚げた。紫蘇が透けて見えた方がいいかな〜と思って。

奥にもう1枚あるのがレモン風味で、塩をして小骨を抜いている時にレモン汁をかけたもの。後はふつうに小麦粉、卵、パン粉を付けて揚げ、食べる時にまたレモンを絞って食べるの。
カラッ!サクッ!って揚がって、中はふんわり。
小ぶりと思ったけど、以外に大きかったね。でも油っこくなくて、2枚ペロリ!

レモン風味はレモン汁と中濃ソースに辛し少々、梅紫蘇はお醤油で食べたけど、タルタルソースもいいし、お好みで。
紫蘇はたっぷりに。このぐらいの鯵1枚に紫蘇2枚あるといいかな。


●カリフラワーといんげんのカレー炒め

060518_2

あんなに高かったカリフラワーも安くなったね。
マリネ風も良かったけど、小松菜を辛し醤油にしたので、こちらはカレー炒め。

小房にわけていんげんと下茹でする。
スライスした玉葱を好みのオイルで炒め、しんなりしてきたらカレー粉とコンソメかブイヨン、湯を少々入れ、醤油、みりん、を入れる。
塩コショウで味を整えてできあがり。和風カレー炒めかな?
甘いのが好きな人はお砂糖どうぞ。
玉葱をしんなり炒めると味のつきにくいカリフラワーもしっかりカレー味だから、必須なの。

●小松菜と蒟蒻の辛し醤油和え

060518_3

フライの時って、なんか辛しとかマスタードのものがいいよね。
こちらはヘルシーに蒟蒻で。
これの時は灰汁抜き済の蒟蒻じゃない、普通のがいいの。
長さ1/2にして薄く切った蒟蒻を塩で下茹でし、湯からあげたら熱いうちにたっぷり辛しを入れた辛し醤油に入れて冷めるまでなじませる。
その後下茹でした小松菜と和えればバッチリ!蒟蒻に辛し醤油が染みて美味しい。
お醤油と辛しは再度調整してね。


●菜飯(蕪の葉ご飯)

ご飯は昆布、酒、塩を入れて炊いたご飯に、下茹でした蕪の葉を刻み、再度塩をしてなじませた後、水気を絞って炊けたご飯と混ぜただけ。
トッピングに炒りごま。残りものの野菜でもいいの、フライには菜飯が好き。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

イカのニラ詰めわた焼きと総菜で飲む夜

060516image

<本日の献立> お米なしのおつまみ

イカのニラ詰めわた焼き オクラ添え
青紫蘇風味ツナサラダのっけの寄せ豆腐
里芋の胡麻味噌和え
茄子とえのきの梅肉和え
胡瓜の三五八漬けと蕪の粕漬け

今日は遅くなるけど飲むからというお約束の居酒屋モード。
スルメイカが安かったので久しぶりに焼いてみた。


●イカのニラ詰めわた焼き オクラ添え

060516_1b

どうやって盛ったらいいかわからなくて、なんだかヘンテコになっちゃった!
こんなふうにゲソと何か詰めたのあるよね。私が食べた事あるのはゲソだけだったような気がするけど、あれはなんのイカだろう。。。
ゲソが細いから昨日の残りのニラでわた焼きにしてみたんだけど。。。

イカのわたを取り出してたたき、醤油2:みりん2:酒1の割合ぐらいを加えてタレにする。
ニラとゲソ(つなげておくと楽よ)をこのタレにつけて、キレイに洗って水気を拭いたイカに詰め(竹串が便利)、イカの袋を爪楊枝でとめておく。
残ったタレにさらに醤油とみりん、酒を加えてイカに漬けて20分ぐらいなじませ、
これを網か魚用グリルでタレを時々塗りながら焼いてみた。
甘いのが好きなら照り焼き風に砂糖も入れるといいかもね。
ニラがイカと良く合って、火を通さずに入れたけど、さっと茹でたお浸しぐらいの感じで良かったよ。
私は3ハイのイカのわたを使ってイカ2ハイ仕上げたけど、これも好みがあるよね。


●青紫蘇風味ツナサラダのっけの寄せ豆腐

060516_2

これはオットが一番好きな奴の食べ方かも。皆様もよくやる?
新玉葱に塩をして軽く揉んで絞り、油をきったツナ缶と、斜めに細切りしたみょうがにコショウ少々で混ぜてからお豆腐にのせてるの。みょうがも青紫蘇も絶対かかせない。
で、うちではこれに市販のノンオイル青紫蘇ドレッシングをかけて食べるの。
新玉葱は水にさらす手間が省けるから楽だね〜。


●里芋の胡麻味噌和え

060516_3

味噌味のお焼きが食べたくて、里芋で作ってみようと買ったんだけど、やらずじまいで芽が出始めた。昨日包む系のシュウマイも失敗してるし、レシピなしでやるのは不安になったので、無難に胡麻味噌で和えてしまった。
練り胡麻で作ればいいんだけど、昨日使い果たしてしまったので、今日はすりゴマたっぷり。赤味噌とみりん、砂糖、醤油も少々を混ぜて、蒸し上がった里芋があたたかいうちにまぜる。
ねっとりしたのが美味しいのだけど、オット曰く、飲みにはふさわしくなかったらしい。でも夕方パン食べただけだからな〜。


●茄子とえのきの梅肉和え

060516_4

2度目の登場みたい。はまった組み合わせ。
皮を剥き、細長く切り水にさらしてアクをぬいた茄子をレンジで3分ぐらい。
そしてさっと湯に通したえのき。
たたいた梅肉で和えて、ごま油と梅の味次第だけど、好みで砂糖少々。
Kさんにいただいた梅も最後だよ。ごちそう様でした。


●胡瓜の三五八漬けと蕪の粕漬け

こちらもKさんにいただいた三五八漬けの素で漬けてみたのだけれど、東北では当たり前な三五八漬けは、三(塩)・五(米麹)・八(米)の天然原料で漬ける配分がそのまま名前になったらしい。
糠みたいに臭くないし、必要な量だけ野菜にまぶしておけばいいんだって。
まだ浅漬かりだけど、ちょっと食べたら美味しくてとまらない。
オットが帰ってくるまでに全部食べてしまいそうになった。
塩気さえ気をつければ、麹のお漬物なんかいいよね〜。
野菜が安くなってきて、漬物にはいい季節!これで一品楽できちゃうよ。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年5月15日 (月)

胡麻ダレ蒸し鶏に失敗海老シュウマイ お料理バトン

060515image_1

<本日の献立>

胡麻ダレ蒸し鶏(バンバンジー風)
大失敗海老シュウマイ
白菜キムチ
玄米高菜チャーハン
ニラ玉スープ

あ〜、今日は大失敗!!でも見せちゃうよ。

いつもアメリカから私の料理を見に来てくれるmiaさんから『お料理バトン』を受け取ったので、お時間あれば続きでどうぞ。。。


●胡麻ダレ蒸し鶏(バンバンジー風)

060515_1

蒸し鶏は前に作って冷凍しておいたの。
皮と脂を除いて開いた鶏胸肉、葱の青い部分と生姜のスライス、酒をたっぷりかけたら軽くラップしてレンジで4分ぐらい。冷めたら割いて、出てきた汁ごと冷凍している。

今日のタレはバンバンジーをイメージしてピリ辛の胡麻ダレにしてみたんだけど、こういうのはテンメイジャンとか、芝麻醤なんかの中華調味料で作ると思うんだけど、普段和食党のうちでは揃えきれないので、あるものでそれらしくしてみた。

練り胡麻大1、豆板醤小1/2〜1、赤味噌小2、砂糖小2、酒小2、醤油小2、刻んだ葱と生姜、ニンニクが大1、コショウ、味噌にもよるからあとは鶏ガラスープを少量の湯で溶かしたもので調整すればいいんじゃないかな。
野菜がたっぷりだから、ちょいと濃いめで大丈夫。

大根と胡瓜、人参をスライサーで切って水にさらし、パリッとさせて辛めのタレで一緒にどうぞ。

●大失敗!海老シュウマイ

060515_2

ギャ〜、あんまり見ないで!
思わず眉間にシワが寄ったこの失敗海老シュウマイ。
ふんわり海老シュウマイをイメージして、レシピもなしに、冷凍庫にあったハンペンとムキエビで作ったのが大失敗!!
残っていたハンペン90g、ムキエビ120g(飾りを除く)、刻み玉葱大2、マヨネーズ大1.5、塩コショウ、そしてこれに片栗粉を大2ぐらい入れる予定だった。
がっ、・・・入れ忘れた!

味はとっても優しい味だけど、プヨプヨシュウマイで箸でとるのもやっと。。。
ま、片栗粉入れたところでうまくできたか、それも全く自信はないし、白身の魚で分量増やせば良かったのかな?

ド〜ンとへこんで、「も〜、片栗粉入れ忘れたし…」ブツブツ自分を責めて眉間にたっぷりシワを寄せて食べる私に「味はいいじゃん、トロけるような食感とか書いておけばいいさ」とオットは慰めたが、やっぱりシュウマイはトロけなくていいと思う。豚肉でつくらないと無理?


●玄米高菜チャーハン

060515_3

朝炊いた玄米の残りを冷蔵庫に入れておいて、チャーハンを作ってみた。
良く玄米はチャーハンにいいって言うよね。
初めて作ってみたけど、これは私のような料理ベタでもプロのチャーハンのようにパラパラだ!
卵はあえて別に炒めて混ぜてみたけど、食感もいいし、「やっぱり白いご飯の方が美味しいな」と言いはじめていたオットも、思わずうなるチャーハンとなった。

卵の残りでニラ玉スープも作った。それもいつものだから問題ない。
でも買ってきたキムチが美味しくなかった。残念!

今日は玄米チャーハンに救われた気がした。。。

*****

↓下の続きで『お料理バトン』、よろしければどうぞ。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

続きを読む "胡麻ダレ蒸し鶏に失敗海老シュウマイ お料理バトン"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

メダイの西京焼きと山菜の春ごはん

060513image_1

<本日の献立>

メダイの西京焼き セロリの酒粕和え添え
芹と鶏肉の治部煮風
コシアブラの天ぷら
こごみの胡麻和え
みょうがとオクラのお吸い物
葱入ふきみその焼きおにぎり

雨で肌寒くパッとしない日だが、せめて食卓だけでも春らしく。
昨日に引き続き母からの春の味を大切に楽しんだ晩ご飯。


●メダイの西京焼き

060513_1_1

高知で揚がったメダイ。今は旬ではないと思うけど、鯛と一緒に揚がったのかな?あまり食べた事はないけど、白身の魚なので昨日西京焼きにするべく漬け込んだ。

西京味噌100g、酒大1、みりん大1で3日ぐらい漬けるのを基本にして、翌日食べるなら味噌を50gぐらいの割合にすればいい。辛めが好きなら信州味噌を混ぜてもいい。

魚は塩をふって30〜40分ぐらいしたら水分をしっかりふきとり、煮沸したガーゼをかぶせた上からラップの上で味噌をまんべんなくのばす。両面同じにしたらラップで包み冷蔵庫で休ませる。ガーゼを巻かない焼くときはしっかり味噌をとりのぞかないととても焦げやすいので要注意。

メダイは思ったよりしっかりした身の美味しい魚で、西京焼きにはピッタリ。

付け合わせには朝用に食べているセロリの粕漬けが終わったので、即席粕漬け風に酒粕とあえてみた。3分あればできる粕漬けかな。

セロリ1本は4cmぐらいに縦に切り、やや強めの塩でさっと下茹でしたら水にとって冷ます。水気をよくしぼったらまた塩をしてなじませておく。
その間にだし汁150cc程度を弱火にかけ、酒粕大1ぐらいを溶き、みりん大1/2を入れて一煮立ちしたら小鍋毎冷まし、そこにセロリを入れて和えればできあがり。

とてもおいしかったので、これは今度一品料理にしてみよう。


●芹と鶏肉の治部煮風

060513_2_1

今日は残りの鶏もも肉と一緒に治部煮風なイメージで。あれは合鴨だったか。。。

塩で下茹でした芹は良く絞って鰹だしに浸し、切って器に移しておく。
鶏肉は斜めのそぎ切りにして、皮面に軽く片栗粉を茶こしでふっておく。

鍋にだし汁、醤油、みりんを多めに、塩、砂糖、酒で煮汁を作り、人参を煮て、煮えてきたら火を強めにして鶏肉の皮面を下に鍋に入れる。さっと煮たらだし汁に浸した芹と一緒に器にもり、のこった鶏肉の煮汁は水溶き片栗粉でとろみをつけて上からかけるればできあがり。鶏肉もも肉のあんが芹と合って、美味しい。


●コシアブラの天ぷら

060513_3_1

きれいな葉っぱの天ぷらでしょ。コシアブラっていうの、知ってる?
これも母が送ってくれた山菜。
揚げながら、写真撮りながら、おかわりもしてサクサク食べて、ひと山揚げたのに、完食してしまった。
人によってはたらの芽より美味しいという人もいる。
なんて言うのかな。
たらの芽の天ぷらに、紫蘇の実の天ぷら少しを混ぜたような味。わかる?
これも抹茶塩でいただいたが、と〜っても美味しかった。


●こごみの胡麻和え

060513_4_1

最初に作ってしまったので、ちょっと水っぽくなってきたね。
今日は胡麻和えで(醤油とすりゴマ、砂糖)でいただいた。
やっぱり春はいいね。コシアブラも食べたし、春が終わりだって思うとなんだか寂しいよ。


●葱入ふきみその焼きおにぎり

060513_6_1

母が作って送ってくれた中にふきみそも入っていた。
あまり苦いふきみそは嫌だと言っていたうちのオット用に改良されたもので、何か旨味も感じる。なにこれ。
ふきのとうは刻んでざるに入れ、熱湯をかける。冷めたら絞り、その半分から1/3ぐらいの量になるよう葱も刻む。いつもより少し多めにサラダ油をひいて炒めふきみそを作り、送る為にも葱の水っぽさをかつお節もたっぷり入れて吸わせたというのだ。
オットもこの美味しさには喜んで食べた。
さすが!(普通のふきみそレシピは→こちら

縦に大きく切ったみょうがとオクラのお吸い物が、味噌味のおかずをさっぱりさせてくれて、美味しかった。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年5月12日 (金)

アスパラの牛肉巻き こごみが届きました!

060512menu

<本日の献立>

アスパラの牛肉巻き 青味寄せ
しめ鯖と卯の花の酢の物
大根の明太和え オクラ添え
こごみのおひたし マヨ醤油
芹とえのきのお吸い物
5種の雑穀入ご飯

GWに帰省できなかったのを気づかってくれてか、実家の母から野菜が届きました。「なかなか来れないようですから、北信濃の春の香、味を送ります」とメッセージ。
大切に、美味しくいただきます。

●アスパラの牛肉巻き 青味寄せ

060512_1

まずアスパラ。東京のスーパーでももう少しすると長野産のアスパラが並ぶ。

半分皮をむいて下茹でしたアスパラに、軽く塩コショウした牛肉を巻きつけたのだけど、この牛肉、先日から何回かにわけて食べている冷凍庫の中の肩ロースのお徳用炒め肉なので、アスパラを切ってから無理矢理に貼付けたという状態。
それでも片栗粉を表面に茶こしで軽くふりかけて、薄くひいた油で焼けば、けっこう立派に見える。

焼いたあとの余分な油や焦げを拭き取り、絡めるタレはだし汁2:醤油1:みりん1にざらめがないのでこの前買った三温糖を入れて(普通の砂糖でも)、少し煮詰める程度に絡ませる。

木の芽でも刻んでまわりにつけたら、もう料亭風の春のメイン料理って感じなのだけど、パセリで代用。

牛肉と合わせるのは久しぶりだけど、豚肉でもいい。
プリップリのアスパラを甘辛お肉とたっぷり食べるのは、いんげん巻きとは違う食感。あえて人参も入れないで、アスパラをタップリ味わった。


●しめ鯖と卯の花の酢の物

060512_2

昨日のしめ鯖、皿に盛りきれなかった残りをさらに1時間ほど酢に漬けて、真空パック状態で冷凍保存したものを今日は酢の物でいただく。
昨日苦労して3枚におろしたけど、指輪の奥様が買ったお魚屋さんのしめ鯖よりも安く買えて、さらに2回も楽しめる!

おから100gにだし汁60cc位、酢大1〜2、砂糖大1、みりん大1、塩小1/2弱を入れて火にかけ、混ぜ合わす。味がなじんだら火をとめ、溶き卵1/2個分を入れてすぐに木べらでよくかき混ぜる。

しめ鯖は薄く切り、胡瓜は輪切りにして強めの塩でしっかり揉んで水で流し絞る。甘酢生姜を適量千切りにして、おからが冷めたら混ぜてできあがり。
しっかりしめたしめ鯖や甘酢生姜を入れるので、おからの酢は、酸味が弱めが好きな人は大1で。

しめ鯖は、本当は皮がついたまま冷凍しておくのだそうが、しっかりしめたものは冷凍ならけっこう保つらしい。
こんな和え物や酢の物はお酒のつまみにもなるし、見た目よりずっとしっとりしてて美味しいのよ。盛りつけ方が今イチで、ポテサラみたいだけど。


●大根の明太合え オクラ添え

060512_3

昨日もやった明太和えだけど、今日は大根で。

食べるまでに時間がないので細めの拍子切り。強く塩で揉んだら洗い流して絞り、明太子を混ぜるだけ。茹でたオクラを彩りに。


●こごみのおひたし マヨ醤油

060512_4

こちらも届いたこごみ。よく帰省した際、オットと母でよく採りに行ってくれた。

この冬豪雪でたいへんだった長野の栄村でとれたもの。私の故郷から車で35分。
辛抱強く冬を過ごし、どれほど春を待ちこがれたか、それを考えただけもありがたい山菜に思える。

こごみは胡麻和えか、お浸しで食べるのが一番いい。
お浸しはマヨ醤油で、かつおぶしをかけて食べるのがあっさりした山菜をひきたててくれる私の一番大好きなこごみの食べ方。


●芹とえのきのお吸い物

えのきも信州産は有名だね。これも届いたの。こちらで買ってもいくらでもないのにさ。鰹だしをとって、芹と一緒に吸い物にしたよ。

母の日になるのに、逆にプレゼントもらっちゃったな。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

大好きしめ鯖と彩り総菜の晩ご飯

060511image_2

<本日の献立>

しめ鯖
小松菜とちくわの炒め物
ブロッコリーの白和え
長芋と胡瓜の明太あられ
船場汁
玄米ご飯

久しぶりに早く帰る途中でお魚屋さんに立ち寄ると、生みたいな美味しそうなしめ鯖が売っていた。値札とにらめっこしてるうちに、大きな指輪をした奥様がさっさと連れ去って行った。

そうなるとよけい食べたくなるもので、その先に横たわった「しめ鯖に最適!真鯖」って書いてある鯖を買ってしまった〜。今時でも出まわってるものなのね。

しめ鯖を自分でつくるのは2回目。新年早々にも作ったけど、砂糖を入れたもので、しかも酢に漬けすぎたカンジだった。今日は指輪の奥様が持って行った赤いしめ鯖を作るぞ〜と意気込んで帰ってきた。


●しめ鯖

060511_1_3

昆布は入れる派。山葵醤油で食べる時は、砂糖なしの酢だけが好き。
塩でしめて酢に漬けるだけのなのに、その時間はどのサイトを見てもまちまち。

YOMEちゃんが最近紹介してくれた、美味しそうなお魚料理いっぱいの小太郎さんならきっと作っているはず!と思ったら、ありました〜!(→小太郎さんのしめ鯖
塩は多めにしちゃったけど、時間と柑橘系を入れて酢がまろやかっていうのを参考に。。。

まず、3枚におろす。それをざるの上でたっ白くなるぐらいたっぷりの塩を両面にかけて涼しいところでしめる事1時間(あまり短いとアレルギーが出る方もいるよう)。
その間に冷蔵庫で漬ける用の酢を冷やし、昆布を水で戻す。その後、酢水(1:1ぐらい)で鯖の塩を洗い流す(酢で洗ってもOK)。

密封袋の中に、冷やした酢とレモン汁少々入れ、昆布を鯖の開いた側に貼付けるようにして(1枚にしたの)袋の中の酢に漬け、空気を抜いたら平らで涼しいところで40〜50分(私は冷蔵庫で1時間近くかな)。
袋に入れると酢が少量ですむし、真空状態にすると酢がまわって少し早く漬かる。

袋から出して、最後に小さな中骨を骨抜きで抜けば、身が崩れにくいよ。
薄皮だけを頭の方から剥いで、好みで松葉切りとかそぎ切りに。山葵醤油でいただく。

小太郎さんのよりもう少ししめたカンジだけど、温度でかなり変わるから、時間も好みや季節で調整しないとだね。
酢も冷やしたのにムラがあるのは、3枚おろしが下手だからなの!!!
次は、お魚屋さんにおろしてもらうようにするから〜〜。

でも美味しさ二重丸!トロっとしてるしね〜。
その上、レモンがいいよ〜!うちのオット好みのマイルドな酢。
オットを夜中まで待って食事にしたけど、買ってきたのだと思ったらしい。


●小松菜とちくわの炒め物

060511_2

献立としては、煮物か炒め物が欲しかった。
いつもならサッと炒めで軽い味にするところ、今日は胡麻油とお醤油と砂糖に酒とみりんで少し甘辛なカンジで炒めたの。
しめ鯖はあっさり山葵醤油で食べたから、味のバリエーションができてよかった。
赤い糸唐辛子がうまくのらなかったけど。。。


●長芋と胡瓜の明太あられ

060511_4

こんな時は、長芋をサイダーで洗うといいらしいんだけど、サイダーはないので、とりあえず「あられ」に切った長いもを塩で軽くもんでから酢水で洗ったの。そこに同じく塩で軽くもんだあと、水であらった胡瓜と辛し明太子とで和えるだけ。明太子の量によっては塩を入れて調整。

こちらも白、緑、赤できれいでしょ。


●ブロッコリーの白和え

060511_3

昨日のお豆腐の残りで白和え。
ブロッコリーは塩ゆでに。
白和え衣は、豆腐と白すりゴマ、マヨネーズ、砂糖と塩少々。私はマヨを控えめに塩で調整して豆腐の味が残るようにしてるよ。
いつもならここまでなんだけど、ここにも赤いのが欲しくなったから、トマトの種を抜いて、小さく切ってから少し入れたの。ブロッコリーとも合うしね。


●船場汁

塩をした3枚おろしの真ん中と、えらの近くの身を下茹でしてから、新たに湯で火にかけて、酒と塩で調味。大根を入れて仕上げに針生姜を飾った船場汁を作った。
もったいないしさ、これがまたいいんだよね。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月10日 (水)

きんぴら入豆腐ハンバーグとアボカドのサラダ

060510menu

<本日の献立>

きんぴら入豆腐ハンバーグ トマト添え
アボカドの海鮮サラダ
大根きんぴら
小松菜の昆布茶びたし 
豆腐のすまし汁
ご飯(白米ごま塩)


●きんぴら入豆腐ハンバーグ トマト添え

060510_1_1

和風ハンバーグは作るけど、豆腐入は自分でつくるのは初めて。

それぞれのおうちでいろんな作り方があるだろうけど、以前買った豆腐ハンバーグは、鶏挽肉のつくねのようなカンジだった。
昨日に引き続き冷凍庫の残り物活用なので、合挽き肉を使って、ハンバーグらしさも残したいと意識してみたの。

合挽き肉120g、木綿豆腐100g、卵M1個、玉葱みじん切り1/4弱、パン粉大2、塩コショウ、ナツメグ、そしてこの前冷凍したきんぴら牛蒡をみじん切りにして、小さめ小鉢に半分ほどいれてみたの。

きんぴら牛蒡は細かく刻んで、豆腐はレンジで2分加熱して皿をのせてよく水気をきる。きんぴら以外の材料を混ぜてよ〜〜く捏ねてトロっと粘るカンジになったら、刻んだきんぴらごぼうをさっくり混ぜる。

フライパンに薄く油をひいて、成形した肉を、中火できれいな焼き色が着くよう両面焼いて(中までしっかり火が通らなくてもいいの)、余分な油を拭き取る。

肉が半分沈む位まで熱湯を入れて蓋をして4分ぐらい蒸し焼きに。両面焼いて、水分が完全になくなったら、仕上げにお酒を鍋はだからジュ〜!でできあがり。
水気をきった大根おろしと大葉、あさつきで飾る。

タレは、ポン酢じゃないのよ。特製?ダレ(だし汁にみりんと醤油を同量、大根おろしがあるから濃いめに。火を止めてからすりおろし生姜)で食べたの。生姜は皿にのせ忘れたからタレに入れたの〜。

ふわふわの仲に、ごぼうの食感が少し残ってるの。やっぱり豆腐はこれ以上入れたくないかも。。。


●アボカドと海鮮の山葵マヨサラダ

060510_2

トマトをいれたかったんだけど、ハンバーグに使っちゃったし、蟹がないのでちょっと色味が寂しかったかな?あ、カニカマ入れれば良かったんだ!失敗。
海鮮といっても、シーフードミックスの残り半分ぐらいレンジでチン。わかめも少し戻して切り、アボカドはレモン汁で変色防止。
アボカド以外をわさびとマヨネーズ、塩コショウ少々、それからお砂糖も少々でよく和えて、アボカドを混ぜる。お砂糖少しだけ入れたら山葵が引き立った気がしたよ。山葵はたっぷり入れて大丈夫だよ。
え?、わかめない方がいい?オット的には違ったらしいけど、ダメかしら?


●大根きんぴら

060510_3

うちではこの大根きんぴらがよく朝ご飯に登場してるんだけど、私が子供の時から食べてるもの。あんまりブログで見かけないけど、こんなの見せる人いないのかな?冷めても美味しいからいっぱい作って、こちらも今朝の残り物。

大根と人参だけのシンプルキンピラで、牛蒡のきんぴら作るのと同じ味を目指せばいいの。細く切っちゃだめだよ、1〜1.5cmぐらいの巾で3〜5mm厚。
みりんと一緒に顆粒だし少し入れてもいいけど、水は加えないでね。

ただ、最初の油はごま油とサラダ油半々で多めに入れる。これはお婆ちゃんが「そればかしの油じゃうんまくねぇ!」(おめぇに食わせるタンメンはねぇ!口調で)と良く言っていた。炒めたら最後にごま油と七味唐辛子。

私はけっこう七味を入れて、これを作ると朝からご飯ガッツリ食べてしまう。

たぶんね、大根ステーキよりはまると思うんだけど。。。


●小松菜の昆布茶びたし

最後に青味が欲しいよな〜と小松菜をさっと茹でたんだけど、オットの写真が撮り終わりそうだったから、ジャコも入れるの辞めて、あわてて昆布茶の粉末を少しのお湯で溶かして、それに水気を絞った小松菜入れたの。あとはかつお節があれば、昆布と鰹だしのお浸しだよね?


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月 9日 (火)

ささみとアボカドの酒盗和え ヘルシーおつまみと玄米ご飯

060509image

<本日の献立> ヘルシーおつまみと玄米ご飯

鮭の中骨とシャキシャキ野菜の炒め物
ささみとアボカドの酒盗和え
ニラと桜海老のおひたし
冷やしトマトのパセリと新玉葱ドレッシング
柚子味噌胡瓜
薩摩芋と玉葱としめじの味噌汁
玄米ご飯

GW中にそこそこ頑張った仕事になんとかメドがつきそうで、ちょっと安心。
この前買っておいた、とっておきでひとまず乾杯。
昨日は炭水化物な外食だったので、オットのリクエスト「野菜のおつまみ」に応えて、というのは買い物してない言い訳かな〜。


●鮭の中骨とシャキシャキ野菜の炒め煮

久しぶりにストックしている鮭の中骨缶登場。
今日はシャキシャキ野菜、蓮根と絹さやで炒めてみた。

少量のオイルでサッと炒めた蓮根に中骨缶の煮汁を入れて、酒、塩、薄口醤油、みりんで調味。そこへ中骨と絹さやを入れて中骨を崩しすぎないよう炒めたかったが、崩してしまったよ〜。仕上げに七味唐辛子(好みで一味)。
ホロホロ崩れる中骨とシャキシャキ野菜が美味しいおつまみ系だよ。

水煮にも若干塩気があるから醤油なんかは控えめにしないとね。


●鶏のささみとアボカドの酒盗和え

060509_2

とっておきっていうのは『酒盗』なの。鰹の内臓系塩辛。
鰹食べてからまた思い出して、よけい食べたくなっちゃったんだよね。
前に行ってた焼き鳥屋で、ささみと酒盗とうずらの黄身を和えたものを食べて美味しかったから、アボカドでも絶対合う!と思って。。。

みりんを入れたお湯でささみを茹でて、火が通ったら水溶き片栗粉を入れて混ぜ、冷水にとる、いつものぷるるんささみ。アボカドと和えるから、片栗粉はいつもより控えめにしたの。それをたっぷりのレモン汁で変色防止したアボカドと塩少々、レモン汁ごと和えて、酒盗をかけただけなの。

オットも「アボカドも合う合う〜!」って目を輝かせて言ってた。
なんてナイスアイデアと思ったけど、今検索してみたらそれらしきものが出てきたよ。。。生クリームとか入れて凝ってるみたい!
こちらはあっさりしてて、お酒に合う今日のイチオシだったよ。

検索した時ね、クリームチーズと酒盗が合うっていうのも出てきた!なんかわかる、それ!
酒盗と一緒に食べると、『コクある和風スモーク』みたいな味になるから、クリームチーズも『和風スモークチーズ』みたいになるのかも。。。


●ニラと桜海老のおひたし

060509_3

引き続き桜海老と何で炒めようかな〜と考えたけど、前にどこかで見たおひたしにしてみたの。どこか思い出せないの、検索も出てこないし、たぶんこんなカンジ。

塩で下茹でして水にとったニラ。水気を軽く絞って、刻み長葱とおろし生姜、酢醤油に砂糖、和えて、から煎りした桜海老を混ぜたの。
ちょっと違うかもしれないけど、許してね。
でも桜海老とニラの風味がとってもいいよ!
好みでごま油少し入れてもいいかもね。

●玄米ご飯 薩摩芋と新玉葱としめじの味噌汁 柚子味噌胡瓜

060509_5

ブログでは初登場の玄米ご飯。たまにお昼に玄米おにぎり買って食べてたりしてたんだけど、家で炊くのは初めて。
白米と混ぜたいけど、水加減がわからないから、100%玄米。
8時間も水に浸せって書いてあったから、朝しかけて、炊飯器の玄米モードで炊いてみたけど、普通に炊けてた。
少し飲んだ後のヘルシーご飯のつもりなんだけどね。。。
シットリおかかふりかけと、おかずにしにくい根菜を入れた甘いお味噌汁。
そして一昨日の柚子味噌の残りで胡瓜をおしんこがわりに。
オットは玄米初めてだったらしい。好きだって言うとは思ったけど、大当たり。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

鱈の柚子味噌辛み焼きと桜えびのかき揚げ

060507menu

<本日の献立>

鱈の柚子味噌辛み焼き 柚子味噌胡瓜添え
新玉葱と桜えびのかき揚げ 
絹さやと高野豆腐の卵とじ
ほうれん草のなめ茸がけ
蟹風味蒲鉾 (カニカマ)と三つ葉のお吸い物
7種の雑穀入ご飯

昨日焼き肉だったオットにあっさりめのお魚定食。
それでもお腹が減った状態でバランス考えたのでそれなりのボリュームになったよう。。。


●鱈の柚子味噌辛み焼き 柚子味噌胡瓜添え

この前、幽庵焼きにしようと皮はぎのお買い得たらを買ったのだけど、鰹のたたきにまどわされて冷凍庫行きに。なので柚子味噌焼きに変更したですよ。

060507_1

酒と塩を振って15分ぐらいしたらペーパーで水分をおさえて、よく温めておいたグリルで裏身から焼く。

その間に即席柚子味噌作り。柚子の皮を刻んで、柚子果汁を絞り、味噌(今日は白味噌7:合わせ3でやったけど好み)と蜂蜜(または砂糖)少々、みりんでのばして混ぜる。これも好みだが、私はお魚を焼く時は少しだけ辛みを入れた柚子味噌がすきなので、ここに七味唐辛子をパッパと入れた。柚子が七味の風味とうまく合うよう果汁と皮を調整。今日はこの前冷凍した柚子皮とシャーベット状にした絞り汁を使用。

次に表身を焼き始め、火が通ったかなぐらいで柚子味噌を塗って焼き、仕上げに柚子の刻んだものをパラパラ。ついでに飾り切りした胡瓜にも。

このパターン、確かふきみそでやったわね。。。

オットは「う〜ん、料亭の味だね!」と言っていた。柚子で料亭になるのでありがたい。


●新玉葱と桜えびのかき揚げ

060507_2

旬だしね、いつやろうかと思っていたけど、鱈の日を待っていたのよ!
って言っても、ドライの桜えび、少し湿らしてから揚げたの。。。

海老続きだけど、新玉葱と桜えび、枝豆で揚げたよ。
それにしても、かき揚げ下手ね〜。

小エビなんかも良く使うけど、やっぱり桜えびガツンと入れたかき揚げは私が揚げても美味しいね!私的にはこれは抹茶塩で。


●絹さやと高野豆腐の卵とじ

060507_3

コロコロした形の高野豆腐、こちらもまずまずのボリューム。

だしと酒、砂糖、薄口醤油、塩、みりんで煮た高野豆腐。煮汁が少なめになったところへ塩でした茹でした絹さや入れてそっと混ぜ、酒、砂糖、塩各少々、水溶き片栗粉少々で卵を溶いてかけまわし、ふわっとかき混ぜる。
そして残った煮汁ごと盛りつけ。


●ほうれん草のなめ茸がけ

060507_4

こちらは名前のとおり、ほうれん草になめ茸かけたの。
ここまでは皆様のおうちでも良く食べている?
でもこれにチーズをかけて食べると美味しいとこの前友達から教えてもらったのでやってみた。かけたのはパルメザンチーズ。
嫌いじゃないわよ。でもそのまんまの方が私は好きかも!
チーズ違ったのかな〜。

今日は柚子に、抹茶、三つ葉と大好きな香りがいっぱい。
焼き肉は1日でいいけど、こういうのは毎日でもいいそうな。
ありがたいお言葉?

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

うまうま海老のリゾットで一人晩ご飯

060506image

<本日の献立>

うまうま海老のリゾット
豚肉と春キャベツのマーマーレードソテー
大豆と野菜のサラダ

オットはスタッフと焼き肉だそうな。
どうでもよくなりがちな一人晩ご飯だけど、しっかり作って食べるのだ!


●うまうま海老のリゾット

本当は海老とアスパラのリゾットの予定だったのだけど、アスパラを入れ忘れた。
もう十分に美味しすぎたから(自画自賛!)。

初めて自分で作った生米からのリゾット。なぜ『うまうま』かというと、一昨日食べた甘えびの頭で、あの夜スープを作っておいて昨日食べれなかったからそれを使ったのだ!

060506_1

そりゃもう、海老のエキスた〜っぷり!いい香りだよ〜。
こちらのサイトを参考に、簡単にアレンジしたけど、もう海老のだしを使っているだけで私が作っても旨い!!下の材料は二人分に直してみたよ。

1. オリーブオイルでニンニクを炒め、香りをつけたらニンニクをとりだす。

2. 本体を食べた後の甘エビの頭16尾分位(甘エビを食べる前に冷水で洗ったもの)を入れて炒め、赤くなったらワイン適量をかけて臭みを一緒にとばす。

3. セロリの葉、スライス玉葱、人参なども残り物など入れて炒めたら、水650cc位とトマトピューレ大1/2、固形ブイヨン(コンソメでも)を1個入れ、海老を潰しながら15分程煮てこす。全部で500ccぐらいのスープができるようにする。

4. ブラックタイガー(好みの海老でどうぞ)8尾のうち、4尾飾り用にし、残りを1cmぐらいに切って一緒にバター大1と塩コショウで炒める。(バターは後で使う)

5. 鍋にオリーブオイル大1を熱し、玉葱みじん切り1/4個を炒め、生米1カップを洗わずに入れ、米に油がなじんだら白ワイン40cc加えて煮立てる。

6. 3でできたスープ500ccのうち、200ccを注ぎ、木べらで混ぜながら煮立てて、汁気がなくなったら残りの半分を入れて混ぜる。
また汁気がなくなったら残りのスープと切った海老のみを入れて混ぜる。

ワインを加えてから18分で火を止めるようにするとアルデンテの美味しいリゾットになるらしい。

7. 火をとめたら海老を炒めたバターとパルメザンチーズ大2を加えて手早く1〜2分
混ぜ込み、塩コショウで味を整えればできあがり。

仕上げに飾り用の海老と刻みパセリ(あればイタリアンパセリ)などを飾る。

トマトピューレやトマトソースをもっと入れて、パスタソースもいいけど、リゾット作ってみたかったからね!満足した〜。

明日の朝、オットにも作ってやろ!いつものお粥と間違えないといいけど。。。


●豚肉と春キャベツのマーマーレードソテー

060506_2

オットに朝セッティングしてもらったんだけど、自分で作って、自分で写真撮るのはすごく大変ね。
蓋をしておいたから、フライパンの中のキャベツの色がすっかり悪くなっちゃって、盛りつけのセンスもないけど、味はなかなか良かったですよ。

豚肉とフルーツの組み合わせが好きでね、お醤油でもいいみたいだけど、今日はバルサミコを使ってみた。

オリーブオイル大1を熱し、塩コショウした豚肉ロース70gをソテー。バルサミコ酢を大1入れて絡ませる。

そこへマーマーレードジャム大2、粒マスタード大1/2を入れて混ぜたら、切ってレンジで2分チンした春キャベツを入れてさっと混ぜ、塩コショウで整えて火を止める。

今日使ったジャムは 最近お気に入りのフランスの"St. DALFOUR"。
ノンシュガー無添加で完熟果実の甘みだけで作られたの。これまた朝のトーストにもたまらない香り。使うジャムによって塩コショウやバルサミコも調整した方がいいね。


●大豆と野菜のサラダ

060506_3

昨日開封した大豆の残りで、朝に良く食べているいつもの大豆と野菜のサラダ。
野菜はトマトだったり、2種類しかなかったりいつもいろいろ。

今日のは、大豆、胡瓜、コーン、ハムとパセリ少々。

常備している甘酢、オリーブオイル、レモン汁、玉葱のみじん切り、パジル、塩コショウ、にマヨネーズも少し入れて混ぜたドレッシングで和えてレタスの上にのせた。
フレンチドレッシングにマヨネーズ足したカンジだね。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

鰹のたたきと初めての豆苗

060505image

<本日の献立>

鰹のたたき
揚げ茄子と筍の木の芽味噌がけ
豆苗と大豆の胡麻マヨ和え
トマトサラダパセリドレッシング
はんぺんと海老と三つ葉のお吸い物
7種の雑穀入ご飯

今日はこどもの日。皆様のお宅ではきっとご馳走ね。
うちにも子供みたいなのが一人と、6kgの赤ちゃんサイズの猫がいるけど。。。


●鰹のたたき

060505_1

いっただきま〜す!
この写真のパターン、この前やったばかりだったな〜。

子供の日の大人の為かしらね?鰹のたたきが安かったのは。。。

新玉葱をいっぱい敷いて、鰹の間に胡瓜。
薬味は刻んだニンニクと生姜、みょうがに青じそたっぷりと。
普通にポン酢でいただきました〜。旨い!!

鰹のたたきも、切ってから塩をひとふりして、冷蔵庫で休ませてから食べると美味しいと聞いたので、やってみた。確かに!!


●揚げ茄子と筍の木の芽味噌がけ

060505_2

すみません。筍が残ってました。そして茄子も1本だけ。
茄子は赤味噌だろうと思いながらも、残った木の芽と白みそ、みりんで木の芽味噌を作って、だしで少しゆるくしたの。本物の木の芽はまたいい香り!
茄子も筍も素揚げしたもの。食感も違うし、色も反対の茄子と筍。
なんとなく組み合わせて盛ったら、ちょっとそれらしい?


●豆苗と大豆の胡麻マヨ和え

060505_3

スーパーで良く目にしてたのだけど、買ったことがなかった『豆苗』はグリンピースの新芽ね。
袋の後ろに炒め物、鍋物に最適ってことは、生は無理?と思ってかじったら、豆の苦いカンジ〜〜。生はやっぱりダメだ。
私的にはまずは和え物で攻めたいね。豆だから胡麻系がいいかな〜と想像。

さっと湯に通してから水にさらして絞った豆苗と、細切りのハムを胡麻マヨ(すりゴマ、マヨネーズ、砂糖と塩コショウ)で和えた。
でもさっと湯に通しただけでも、すごく量が少なくなって、うちでは物足りないからお豆どうし、水煮大豆を急遽追加したの。
豆苗は、火を通すとクセがなくて、なんにでも合わせやすいのね〜。
栄養的にも、ビタミンAにCが小松菜やほうれん草よりずっといっぱいなんて凄い。
大豆と胡麻マヨ和え、バッチリ合いましたよ〜。ハムはお忘れなく。

え?また水に浸しておくと芽が出るの?!食べれるくらい出るのかな〜?


●トマトサラダ パセリドレッシング

060505_4

久しぶりにガラスの器登場です。
あと一品何しよっかな〜と思い、色がきれいなトマトに決定。

刻んだパセリと新玉葱、酢、オリーブオイル、砂糖と塩コショウでドレッシングにして混ぜただけ。今日のボリュームとしてはちょうどいいかな。

それにしても、鰹たっぷり食べてビール飲んだら、もうお腹がすごいことになってる〜! 満腹、満腹。。。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

筍と牛肉の山椒炒め 甘エビ刺身で深夜に飲む

060504menu

<本日の献立>

牛肉と筍の山椒炒め
甘エビのお刺身
白和え(椎茸、人参、いんげん)
もずく酢(みょうが、生姜添え)
白菜と大根のつまの味噌汁
7種の雑穀入ご飯

昨日はお友達と飲みに行って、若鮎塩焼きに黒鯛の刺身に湯引きのハモだの牛ロースの串につくねにって、食べたいもの一通り食べて、〆になぜかワッフルデザート。おしゃべりして、楽しかった〜。

オット?一応作って出かけたの…、ショボイ私のおかず、家で食べたわよ。

今日明日はお仕事DAYなの。
しかも今日はオットと11時過ぎに帰ったからね、ちょいと手抜きの遅い晩ご飯。


●牛肉と筍の山椒炒め

060504_1

筍もいよいよおしまい。青椒肉絲にすればよかったかな?
肉も油も控えめに、牛肉と筍とピーマン、酒、砂糖、みりん、塩と山椒、お醤油少々と溶かした粉末だし少々で炒めた。粉山椒もたっぷり入れたけど、あっさり食べれてよかったよ。。


●甘エビのお刺身

060504_2

私だけ昨日贅沢したので、オットにも…。って言っても、私の大好物ね。
途中で「殻はご自分でどうぞ〜」状態になって、盛りつけも中途半端。

テレビを見てたオットに「大根のつまやってくれる?」って持っていったら、大量に作ってくれて、明日の朝もつまサラダだよ!

久しぶりで美味しかった。どーしようかって言いながら、冷蔵庫へまた取りに行って、たくさん入っていた1パック、あっという間!


●白和え

060504_3

椎茸と人参といんげんのベーシック白和え。
豆腐とすりゴマ、みりん、醤油、砂糖と塩。
胡麻たっぷり入れて、ブレンダーで混ぜたから、自分ですり鉢ですってる時よりなめらか〜。でも少量なのでちとやりづらいな。。。
今日は遅いから作ったのは炒め物と白和えだけだね〜。


●もずく酢

060504_4

買って来たもずく酢だ〜。みょうがと生姜たっぷりでいただくのも好き。


★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

ひじきと枝豆の手づくりがんもどき フードプロセッサー購入

060502image

<本日の献立>

ひじきと枝豆の手づくりがんもどき ししとう添え
筍と鶏としめじの煮物
ジャコと胡瓜とわかめの酢の物
大根としば漬けのぱりぱり漬け
里芋の味噌汁(人参、絹さや)
5種の雑穀入ご飯


まともなキッチンツールを持っていない私、でも今日、ハンディタイプのフードプロセッサーを購入!ブラウン社製の『マルチクイック』なる商品。
設置スペースもないし、バーミックスは私の料理では敷居が高かったのだが、店頭で安く買えて良かった〜。

で、これを使ってまずはがんもどきのリベンジだ。


●ひじきと枝豆入がんもどき ししとう添え

060502_1

このブログを始める前にがんもどきを作って失敗したことがあるの。
原因は、山芋が多過ぎ、豆腐の水切りとすり方も足りないし、あわや爆発寸前。いろんな作り方があるようで迷うが、前回の失敗をもとに、卵と小麦粉も加えてみる。

豆腐300g、山芋30g、溶き卵大さじ1、小麦粉大1、みりん大1、醤油大1/2、塩少々。
具は芽ひじき5g位、枝豆(豆だけ出して)小皿1皿弱、人参2〜3cm

豆腐はくずしてからレンジで2分半、その後皿の上に重しをのせてしっかり20分水をきる。
ひじきを戻して短く切り、枝豆を茹でて取り出し、人参はみじん切りで茹でる。
豆腐と山芋、調味料をブレンダーでよく混ぜて(またはすり鉢でよくする)、具をさっくりとあわせる。
少し低めの揚げ油にスプーン2個で形づくりながら落として一度揚げ、その後揚げ油の温度を少し揚げて、カラッとするよう2度揚げ。
好みで大根おろし、生姜とだし醤油でどうぞ。

こ、これはたまらない!!!写真みたいなカンジでいいんだよね?
このぐらいの小麦粉だと、煮ても美味しいく食べられそうよ。

オットの帰りが遅くて、揚げたてを食べさせることはできなかったが、それでも十分美味しくいただけた。リベンジ成功〜〜!

それにしても、このブレンダー、すり鉢で2回にわけてすっていたのがあっという間に混ざって、こりゃ作りたい物がいっぱいだ〜〜!


●筍と鶏としめじの煮物

060502_2

上手に煮れたよ。筍の煮物にはとりもも肉がいい!胸肉じゃこうはいかない。

余計な脂をのぞいた鶏肉は食べやすく切り、テフロン加工のフライパンで油をひかずに皮面からさっと焼く。鍋にうつして鰹と昆布の合わせだしに酒と砂糖で煮たら筍投入。薄口醤油と塩、みりんも入れてクッキングペーパーの落としぶたで煮る。
7分ほど煮たらシメジを上にのせて、鍋をふってしめじに煮汁がかかるぐらいにし、ペーパーを再度かぶせる。仕上げに水溶き片栗粉を少々で煮汁を筍に絡ませる。炊きあわせ風に盛ってもいいね。

分厚い筍も、私、こんなおいしい筍なら全然鳥肌たたないよ〜。克服!


●ジャコと胡瓜とわかめの酢の物

060502_3

普通はシラスを使うと思うんだけど、大きいちりめんジャコがやすかったので、酢につけてみたもの。いつもおいしいごちそうがいっぱい並ぶkotobuさんが酢ジャコを作っていたので真似したのだけど、実はシラスだったかも?

食べ物の名前も地方で違うからこれを関西の方が見ると「同じじゃん」てこと?

酢の物が好きなので、ダイレクトに酢の物にしてしまったけど、小さめのジャコならいろんなサラダのトッピングにいいね。日持ちするみたい。。。


●大根としば漬けのぱりぱり漬け

060502_4

これもたびたび登場。

梅やしば漬けを食べなかったオットが「これ、好き」というようになったもの。
ごま油をきかせて食べるの。こちらをご参照くださいな。

*****

昨日の30度にもなる暑さと今日の雨の肌寒さ、ここはどこ?状態。
皆様お身体ご自愛ください。

★料理ブログに参加してます。今日の晩ご飯、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »