« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

青梗菜と帆立のオイスター炒めと深夜の中華粥

060330image_1お米がやばい2日目。そして夜中2時の晩ご飯は、、、お粥。

<本日の献立>

・おつまみスモークチーズとビール

・青梗菜と帆立のオイスター炒め

・鶏の手抜き中華粥

・デザートに胡瓜とカイワレのもずく酢サラダ(写真なし)


●鶏の手抜き中華粥

疲れてくると、噛まなくてもいいものが食べたくなるのは私だけ?

鬼のように仕事ばかりしていた時は、シュークリームが主食だった。

今日もコンビニレアチーズケーキとバタークッキーを夕方食べた気がするが、同じ過ちは繰り返してはならないのだ。

鶏ガラスープとお酒と塩のお粥。具は一緒に炊いた鶏肉、きくらげ、おろし生姜をまぶして電子レンジでチンした白菜、クコの実に葱。

わりと大きいカフェオレボール(だったんだ)、もちろんおかわりしたけどね。

子供の時もお粥食べたかったけど、忙しい家だったからね、言えなかった。
だからお粥って、風邪ひきさんになると作ってもらえるありがたい食べ物のイメージだったの。
今じゃ、ご飯がない時と疲れてきたら自分でつくるもの。。。

●青梗菜と帆立のオイスター炒め

060330_1_1

何ってことはないですが、とても好きな味付け。美味しい!
今日は遅すぎて、チャレンジャーにはなれません。

ごま油、ニンニク、赤唐辛子(見えませんね)、お酒、醤油、鶏ガラスープ、オイスターソース、塩、胡椒で味付けして、仕上げに水溶き片栗粉少々。

長葱をたんまり切ってかけて食べようと思ったのに、忘れてしまった。

毎晩必ず一つや二つ入れ忘れする私。。。
これって歳のせい? それとも、もしかして? 

仕事に差し障りが出て来たら病院に行ってくるよ。

これでさっさとお粥食べて、洗い物しながら「・・・物足りない。」ってつぶやいて、もずく酢と野菜まぜて食べたの。

そしたらなんだか満足。
疲れた時はやっぱりお酢パワーが必要だね!!


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るようなブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

きのこの和風とろろパスタ?!

060329image_1 あ、お米がそろそろやばい!
日曜まで持たせないと。。。

とろろ汁が食べたかったのだが、パスタにする。

「夜中にパスタ?」って、オットは言いそうだが、正当な(?)理由があるので、ヘルシーなきのこいろいろミックスにしてみた。


<本日の献立>

・きのこの和風とろろパスタ

・トマトと豆腐の味噌グラタン

・新玉葱としらすの柚子ポンサラダ

・甘夏とキウイフルーツ



●キノコの和風とろろパスタ

オリーブオイルでニンニク少々炒めて香りをつけて、ベーコンを炒める。
そこへエリンギ、しめじ、えのきの3種を入れてさっと炒め、茹で上がったパスタを入れる。
味つけはこの後麺つゆを!(kotobuさんの和風きのこスープスパのアレンジ。)
少し濃いめにしてあとは塩コショウで整えた。

問題はこの後のトッピング。
パスタを茹でる前から考えていたのだが、なかなか決まらず、とりあえず温泉卵とみつばと葱と海苔に、食べたかったとろろを準備していた。

・・・ちょっと欲張りすぎ!

なので今日のセレクトはとろろと三つ葉に海苔!

このとろろ、大根おろしと酒(普通は煮きり酒?だけど私はダイレクトに!)でのばしている。
麺つゆだし、合わないわけがない。

そして唐辛子の代わりに好みで七味をかけていただく。

060329_1

ちょっと変?。。。寝不足で頭が混乱してるのかも。

とろろがなくてももちろん麺つゆですからおいしいです。

素直に蕎麦にすればいいじゃないの!というご意見、承ります。

ですがっ、

「お蕎麦にしした方が良かった?」とオットに聞くと、夕方立ち食い蕎麦を食べたとのこと。ぎりぎりセ〜フ!!

それでもオットは「こりゃいいや!」と言ってパスタ85gペロッとたいらげた。

●豆腐とトマトの味噌グラタン

060329_2

これオススメ!
今日はプチトマトだけど、普通のトマトでお豆腐いっぱいにして食べたい。
今日の小さい器用の材料だけど簡単にご紹介。

木綿豆腐(1/2丁約180g)はレンジで2分加熱して水をきり、1cm厚で器に2段重ねぐらいで収まるよう切る。
プチトマト(5〜6個)はへたをとって1/2に切る。
カッテージチーズ(大2弱)と西京みそ(小2ぐらい)を混ぜておき、
耐熱容器にしっかりバターを塗った後、塩コショウをしながら豆腐とトマトを容器に並べ、隙間や上にカッテージチーズ味噌をいれていく。

その上からピザ用チーズをのせて彩りパセリ。

今日は忘れちゃったけど(まただよ〜!!)、パン粉も少々だね。

オーブンやトースターで焼くだけ。

カッテージチーズと西京みそのヘルシーなのにコクがあって甘いこの組み合わせ好きなの!(⌒‐⌒)
なんか似てるよね、これら。

新玉葱としらすの柚子ポンサラダ

060329_3


新玉ねぎ、しらす干し、カイワレ大根に、ゆずポンかけただけ。

今日はかなり手抜きっぽい?

でも温泉卵にこのサラダのマヨネーズ和えと2品明日の朝のおかずもできたから!


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るようなブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ブリの香味ステーキ やっぱりご飯もいっただきま〜す!

060328menu

<本日の献立>

・鰤(ブリ)の香味ステーキ

・キャベツと豆と海老のバター炒め

・大根とハムの柚子胡椒サラダ

・人参と胡瓜の粕漬け(自家製)

・7種の雑穀(七福米入)ご飯 と ビール

夜遅いからおつまみのつもりが、ブリにやられたわ!!

オットだってご飯いらないからって言ってたのに、「ねえ、ご飯ない?」だもん。
冷凍ご飯チンして一緒になって食べちゃった。。。



●鰤(ブリ)の香味ステーキ

060328_1

下処理したブリは酒と醤油をからめておく。

スライスしたニンニクとたっぷりの生姜を色がついて香りが移るまで炒めたら一旦取り出して、その油でブリを両面焼き色が着くように焼く。

そこに酒、醤油、みりん、砂糖と胡椒、オイスターソース少々をあわせたタレをかけ、少し煮詰まるまで中火でソテーし、タレの汁気が少なくなったらニンニクと生姜を戻し入れる。

器にニンニクや生姜ごともって、白髪葱をかざる。

大好きなブリももう食べ納めかな〜って、この前「活〆」ってシールに誘われて買って冷凍しておいたヤツ。
ニンニクも生姜もかなり入れて、スライスも厚めだけどホクホクになって美味しいの! こりゃご飯が欲しくなっちゃう(≧∇≦)。

ステーキと名付けているからには、後ろに付け合わせの野菜を準備していたのだが、思いっきりのせ忘れた。

明日の朝のオットのおかずにしま〜す。


●キャベツと豆と海老のバター炒め

060328_2

塩炒めにするつもりが、なんだかバターで食べたい気分になったので、和洋折衷メニュー。。。

バターと塩コショウ、白ワインが入って、パルメザンチーズを少し入れた。

もっともっと入れたかったのだが、なんせブリはカロリーありますんでね、こんなところでおさえてしまった。

そもそも今日は体力仕事だったので、500kcal以上のおやつも食べたはず。。。

豆は昨日の残りのそら豆と枝豆。

わかっちゃいるけど、ビールがすすみます!


●大根とハムの柚子胡椒サラダ

060328_3

こってりしたブリにはナイスなサラダ…、というより和え物かなぁ。

塩もみして絞った大根の千切り、セロリのスライス、ハムの千切りが入っている。

柚子の絞り汁があれば良かったんだけど、ないので柚子一味と酢、オイル少々と柚子胡椒に塩、みりんと砂糖少々で味付け。仕上げに山葵もプラス。

ん〜、さっぱりだけじゃなくて、ハムがいい感じに山葵や柚子胡椒とあってくれる。大人向け。

これ、蕪とハムのわさび酢のアレンジバージョン。

あ、このブログにはなかったっけかな〜。

画像も整理しなくては!


●人参と胡瓜の粕漬け

少し早めだけど昨日から食べ始めた粕漬け。
朝用なのに、寂しい気がしてつい出しちゃった。
初めて自分で漬けたのよ!
人参は水がでないから楽でいいね。
今日はないけど、セロリもおいしい〜〜!@^▽^@

******

★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

豚巻きレンコンのソース炒め ヘルシーでボリュームたっぷりご飯

060327image2日間もジャンキーな外食だったので、今日は野菜たんまり買って、腕がちぎれそ〜ってカンジで帰ってきた。
事務所の近くのスーパーね、夜中2時までやってんの!
でも9時過ぎたらこんなに野菜買うのは私だけ。
今日はなんと言われようと、つくりますよ!ストレス解消だわ。

<本日の献立>

・豚巻きレンコンのソース炒め レタス添え

・鮪とオクラとみょうがの山葵醤油

・そら豆と枝豆の白和え

・キャベツと春雨の酢の物

・かぼちゃとさつまいもの味噌汁

・5種の雑穀ご飯 ビール




●豚巻きレンコンのソース炒め

野菜がたくさん食べれる肉のメインといえば、豚肉巻き!
今日は蓮根。1cm厚の蓮根を酢水につけた後、レンジで2分。それに豚ロースを巻いて、塩コショウの後、肉に小麦粉を軽くたたく。
油をひいたフライパンで、肉の巻き終わりから焼き色が着くまで両面じっくり焼く。味付けはウスターソースとみりんがベース。
酒少々、ウスターソースをだらだらだら…、醤油をたらたら…、みりんもけっこう入れて、中火で両面にソースをよく絡ませて、ソースをかけ、パセリを最後に飾る。私は先走ってソースに入れちゃったけど。。。

ソースが甘辛なので、レタスや彩りに人参刻んで一緒に食べるとまた美味。
子供も大人も大好き味じゃないかな?
豚肉二人で120gしか使ってないのに、蓮根のシャキシャキとこのボリューム!


●鮪とオクラとみょうがの山葵醤油和え

060327_2 鮪の落とし身が安かったので、残っていたオクラで。
タイトルのとおり、みょうがも入れて普通にわさび醤油で。

このままご飯にかけてもいいよね。

あ〜、やっぱりおうちご飯っていいなぁ。





●そら豆と枝豆の白和え

ずっと新鮮なそら豆で白和え食べたかったんだけど、けっこう高くて買えなかった。
今日やっと買ったの。枝豆ダブルで!!
ところでさ、豆の殻って、食べる方法ないのかしら?
そら豆なんて豆は少しだけなのにね。

060327_3 フープロもっていないし、面倒なのでいつも白和え衣はすり鉢でするだけなんだけど、今日はちょっといいお豆腐だし、裏ごししてからすり鉢で。
以前オットと行きつけの飲み屋で出てくるのも、すごくなめらかでクリーミーだったから、今日は真似て、生クリーム(がないので、代用になるかわからんがコーヒーフレッシュ1個)入れて、白だしにすりゴマ、みりん、砂糖少々に塩。

豆も下味つけて茹でたんだ。
あ〜、激ウマ!やっと食べたよ。

でもオットに、枝豆だけでもいいって言われちゃった。
・・・確かに枝豆の方が美味しかったから悲しい。


●キャベツと春雨の酢の物

060327_4 酢の物といえばこれってぐらい子供の頃食べてた母の酢の物。
この取り合わせってもうずっと食べてないな〜、なんでだろ。。。変な組み合わせ?

入っているのは、軽く塩もみしたキャベツ千切り、春雨、わかめ、ピンクの蒲鉾。

春雨は味を吸うから、いつもより濃く味付けして、しばらく冷蔵庫に入れた後、食べる直前に必ずもう一度味をみて出さないとならない。

でも野菜を食べる酢の物ってかんじでいいのよ。
なつかし〜。

*****

かぼちゃとさつまいものみそ汁も野菜の甘みがおいしくて、
今日はバランスよく野菜食べてオットも私も満足、満足。

明日はハードだ。頑張らないっと!



★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

おかゆと野菜ばかりの朝食

週末は両日仕事で深夜残業。

週末はファミレスもいっぱいし、
事務所の近くのラーメンだのコンビニで泣く泣く済ませてしまった。

今週なんとかのりきれば、健康的な生活が待ってるかしら。。。

060321morning アップするものがないので、3月21日の朝食。
この日は前日につくりすぎたおろしや、野菜くずで大皿いっぱい!

恥ずかしいからいいって言ったんだけど、オットが写真をとってくれたのでアップしておく。

ラーメンなんかの次の日だったら、おかゆにこんな野菜づくしの朝食も悪くないけどね〜。

<3月21日の朝食>

・白みそ仕立てのおかゆ

・カリフラワーと茎の卵とじ

・蓮根のきんぴらもろみそおろし和え

・大根とセロリの葉の即席粕漬け

・きゅうりのふきみそ和え


*****

私の通勤路も桜がだいぶ咲いて、思わず遠回りして大好きな桜の香りを楽しみながら事務所に向かう。

でも、桜と一緒にゴミも増える。
週末はお花見が始まったのかな?

花を見ながらの酒はいい。
私もお酒は好きだからね。

だた、どうか桜の根をふまないよう、少しだけ控えめにお花見してくれるといいなといつもニュースを見ながら心配になる。
ゴミも同じで、ちょっとした気遣いなんだけどね。。。

こんなこと言うのはおばさんかな?



にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

見ないで〜!鮭とカリフラワーのからしチーズ揚げ

夜中の12時に唐揚げを揚げる女がいたら顔を見たいもんです。

060324image

<本日の献立>

・鮭とカリフラワーのからしチーズ揚げ(セロリの葉添え)
・牛の大和煮三つ葉和え
・春菊とカニカマの煮浸し
・しめじとしらたきのたらこ炒め
・雑穀ご飯少々とビール

今日は外食のつもりだったのに、オットがおかずだけ食べたいなんてぬかすもんですから、オットより20分早く帰ってきて準備したですよ。
何も思い浮かばなくてね、明日食べようと思っていたカリフラワーと鮭、揚げてしまった。

オット、帰るなり油を火にかけたのを見て…「え〜、揚げ物なの?!」。

自分でもこんな夜中に!とか思っているところへそう言われたもんだから、険悪なムードが漂った(-""-;)。。。

でもね、安心して。
強行突破して揚げたカリフラワー食べて、「あ〜、これ美味しいんだよな!野菜の唐揚げならそう言ってくれればいいのにぃ」と言いながら、全部食べたもの。
残していいって言ったのにね。ハハハ( ´∀`)。

●鮭とカリフラワーのからしチーズ揚げ

060324_1カリフラワーが安くなったら毎年食べるこれ。本当は粉からしと粉チーズをつけて揚げるらしいが、ないのでねり辛しを使用。

カリフラワーの花の部分にゆるくした辛しをつけ、その後塩コショウを混ぜて良く溶いた卵液につけてから、パルメザンチーズをまんべんなくつける。
次に小麦粉をつけ、余分な粉をおとして揚げる。
鮭も骨をとって小さく切ってから同様に揚げる。

甘塩のサーモンであれば、コショウだけ入れた卵液で先に揚げて、その後卵液に塩も入れてカリフラワーを揚げればいいよ。
好みのソースやケチャップでどうぞ!

付け合わせはセロリの葉っぱ…しかなかった。
ケチャップのせるの忘れて写真とっちゃったし。。。
鮭2枚とカリフラワー直径12cmで2人プラスお弁当分ぐらいだから夜中でもいい?

●しめじとしらたきのタラコ炒め

060324_3アクをぬいたしらたき(アク抜き済みしらたきが便利)をフライパンでよ〜く空煎りして(キュ〜って音が鳴る位)、バターと湯をかけたしめじを入れ、タラコを混ぜて塩コショウするだけ。仕上げにわけぎや刻み海苔をトッピング・・・って、また忘れた〜!!( ̄□ ̄;)!!

予算がない時はパスタ用タラコソースでどうぞ。
今日は冷凍しておいたタラコけっこう入れたから美味しいのに、トッピング忘れるなんてかなし〜。


●春菊とカニカマの煮浸し

060324_4下茹でしてしぼった春菊と水にもどしたわかめ、細かく割いたカニカマを、だしと薄口醤油、みりん、塩で味付けした中に入れてさっと煮るだけ。

今日は『白だし』使ったよ。

便利だけど、塩気が強いから気をつけないとだな。

●牛の大和煮三つ葉和え


超特売品で非常時用に買った牛の大和煮缶詰使用。
初めて食べたけど、随分味が濃いし、脂もあるからお湯を足して煮たの。
三つ葉でもたっぷり入れれば立派かなって・・・。
でもダメ。今度自分で牛肉煮て冷凍しておくわ。
いかにも缶詰の味だも〜ん。

*****

深夜の唐揚げに、缶詰・・・、今週はもう限界かも。



★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

和風麻婆豆腐 春菊のサラダ

060323image 今日深夜の晩ご飯。ご飯がすすむおかずが並んで思わずおかわりしてしまった。お腹いっぱいで苦しい〜!

でもまた鯵の開きなの。いいの、オットも大好きだし。

<本日の献立>

・鯵の開干し焼
・和風麻婆豆腐
・エノキとオクラのツルツル和え物
・春菊とグレープフルーツのサラダ
・アスパラのマヨ醤油和え
・湯葉と三つ葉のお吸い物 (春菊の茎入)

和風麻婆豆腐

鶏挽肉で蒸し物にしたかったのだが、あったのは豚挽肉。
時間もないことだし簡単に麻婆豆腐風にしてみた。

入っているのは、豚挽肉と人参、いんげん、木綿豆腐。
味噌がメインでお醤油と酒とみりん、砂糖。山椒と七味たっぷりのピリ辛味。
油はなしで豚肉から出る脂だけで炒めて、さらに余分な脂は吸い取るので、味噌のコクあるスッキリ味。
仕上げに水溶き片栗粉でトロミをつけているが、葱を散らすのを忘れてしまった。
なくてもOKなかんじ。

アスパラのマヨ醤油和え

私、こごみとアスパラは、このマヨ醤油にかつおぶしかけてでいただくのが好き。
昨日ベーコン巻いたりしたけど、本当はこれが一番だと密かに思っている。
マヨ醤油は、カロリーハーフタイプのマヨネーズじゃなくて、普通のがいいね。

エノキとオクラのツルツル和え物

060323_3


大好きなネバネバ系。
説明することもない簡単和え物。
オクラは塩でもんで塩を入れた湯でさっと茹でて冷まし、輪切りにする。続いて1/2の長さに切ったエノキも熱湯にくぐらせる。
冷めたら混ぜて海苔をたっぷりちぎって入れる。味付けは麺つゆとお塩。
これだけでご飯がすすむツルツルネバネバおかず!

いつも朝食べてるんだけど、初めてこのブログに登場。
早くもネタぎれか?

春菊とグレープフルーツのサラダ

鯵やサンマがメインの日にピッタリなこのサラダ。
確か先月は春菊とリンゴのサラダだったはず・・・。
あら、写真がないから今一緒にアップするわ。

これが先月の春菊とリンゴのサラダ

060210_3

そうそう、くるみと、レーズンじゃなくてブルーベリー入れたんだった。

そしてこちらが今日の春菊とグレープフルーツのサラダ

060323_4

家に残っていたのはルビーグレープフルーツだったんだけど、すごい甘かったから今日は春菊たっぷり!ルビーの色に負けない金時人参があって良かったよ。

前も入れてたような気がしたけど (見えない!)、カッテージチーズはダイエットしてた時にはまって、それ以来よくさっぱり系サラダに入れてちょこっとコクを足している。今日も入れたんだよ。

おいしいんだってば!

ドレッシングは、レモンがなかったからグレープフルーツをむいた時に出た果汁と酢とグレープシードオイル、塩コショウだけのシンプルドレッシング。

グレープフルーツをそのまま出してもあまり食べないオットだが、こうやって出すと喜んで食べる。スプーンですくうのが面倒くさいのかな・・・チューハイのグレープフルーツ味も好きだもんね。

*****

ありがたいことに、今週からまた仕事がいろいろ動き出して、何だかワサワサしてきた。
でもみんなのブログ見る時間がなくなるとつまんないな。。。
いや、その前にご飯つくれないかもしれない。

ということは、明日の朝もいっぱい野菜食べないと大変なことに・・・。

そう思って、さっき洗い物してから3品つくったわ!!

早く寝ないと。

★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年3月22日 (水)

茹で鶏のニラソース カリフラワーのマスタードマリネ風

今日は私も帰りが遅く、お惣菜でも買って帰りたかったが、在庫野菜があるので頑張ってつくることに。。。

 

060322menu1

<本日の献立>

・茹で鶏のニラソース(春キャベツの生姜和え添え)

・アスパラのベーコン巻き マヨ添え

・カリフラワーのマスタードマリネ風炒め

・小松菜のピーナッツ和え

・三つ葉と卵のスープ

・雑穀ごはんとビール

この量を深夜11時半にオットと食べるのは、うちではめずらしくない。
今日のおやつの量ではかなりお腹がすいて、結局かなりの野菜を食べたい欲求と買い物のし過ぎがこの量にさせるのだ。

参考にするレシピがある時はその通りに作りたいのだけれど、帰ってきてからその余裕がないのでつい自己流アレンジですませてしまう悪い癖がある。
今日もメニューが決められず、『とりあえずご飯』となってしまった。
かなしい。。。

今日のメインは鶏肉。以前栗原さんちのごはんで見た茹で鶏のねぎソースのイメージで、昨日の残りのニラを使って適当にアレンジ。

060322_1

もろみ酢が肉をやわらかくするのに、酸味が弱く良いと書かれたサイトを昨日発見(ん〜、Bookmarkしなかったのでまた探すね)したの!うちにあったんですね〜。オット購入品が。

なのでもろみ酢と酒につけてから、葱と生姜で肉を茹でてゆで汁の中で冷ましてみた。
結果は…、いつも胸肉を蒸してるからもも肉茹でたことって少なくて、(;^_^A。。。ということで柔らかくておいしいんだけど、これがもろみ酢効果なのかわからないの。ごめんね。

ニラは刻んでタレにした。
(酢、醤油、みりん、鶏の茹で汁を各大2ぐらいづつとおろし生姜、おろしニンニクに軽くすった胡麻大1を合せて火にかけ、ニラと刻み葱少々をさっと煮てごま油を大1弱投入して火をとめる。)

なんだか美味しくて、お腹が減ってたから味見してるうちに量が減ってきて、葱を少し混ぜちゃったのさ。
ねぎソースとか、ニラソースは、いろんな人のがあって楽しいね。
今度みんなの真似してみよ。

060322_3 もうひとつ、これも適当につくったんだけど、美味しかったカリフラワーのマスタードマリネ風炒め。
新玉葱とあわせても色がさみしいとか、ピクルスにしたいとか、色々考えながらも手が勝手に〜、あら、マリネ炒め?ってかんじでなかなか美味しい。


*超うる覚えなので、お試しになる方は調整してください。


カリフラワーのマスタードマリネ風炒め

カリフラワー  大1/2ぐらい
新タマネギ(普通のでも) 中1個
パプリカ2色  各1/3個ぐらい

グレープシードオイル(オリーブオイルもいいかも) 大1

A: 酢      大2ぐらい
 みりん    大2ぐらい
 マギーブイヨン(またはコンソメ)小1〜1.5
 粒マスタード 大1.5ぐらい (好みで)
 (好みでお砂糖 小1どうぞ)
 
塩      小1/3ぐらいかな〜 (カリフラワーと玉葱を一緒に食べて調整して)
粗挽きコショウ それなりに
白ワイン 少々

1. カリフラワーは、塩水で固めに茹でて、ざるにあげ水をきり、玉葱とパプリカは3mmぐらいに薄く切っておく。

2. フライパンにオイルを熱し、玉葱とパプリカ2色を入れて軽く炒めてからAの調味料とカリフラワーを入れてまぜあわせ、塩、コショウで味を整える。

3. 仕上げに白ワイン少々で火をとめできあがり。
(全体に少し濃い目の味付けの方がいいかも。)

なんだかね〜、冷めてもまたおいしいの。マリネみたいで。
さっきも冷蔵庫の中の残りをつまみぐいしてきちゃった。

マリネするよりも火を通すからあという間にできあがるしね。
残ったら、少し酢をたして、翌日の朝はマリネで食べてもいいな、これ。

それから小松菜のピーナッツ和えですご〜く小さな発見。

いつもピーナッツ和えってほうれん草で砂糖とお醤油でやってたの。
で、今日は小松菜だしピーナッツがなじみにくいかな〜とも思って、お醤油半分にして、味噌をいれたらいい感じにコクも出てなじんでくれたの!
今さら知ったのかってかんじ?
昔『ピーナッツ味噌』ってお菓子、食べたよな〜って思い出しちゃった。

こんな小さな発見を楽しむ初心者な私。。。


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

海老のチリソースに揚げ餃子 大満足な中華の日

060321_1

やっと念願かなったり!
先日kotobuさんのおいしそうな大きい車エビに刺激され、スーパーに行っても頭の中が『海老』だった海老好きな私。
車エビはちょっと無理だし、大正海老とかあるのかな?・・・と思っていたら特売の大物ブラックタイガーを発見! もうこの際なんでもOKよ、OK。d(^_^o)
(普通は大正海老とか?)

で、やっぱり大好きな海老チリ!!\(^O^)/ 
あとはおうち中華でまとめるの、お彼岸なのに。。。

今日はこの前つくった揚げ餃子があるので、海老もいつもだったら下処理したものを茹でるんだけど、今日はプロのように揚げてみることにした。
今日のはこんなカンジ↓。

1. 葱30cm位と生姜1かたまり、ニンニク1片分をみじん切りにした後、合せ調味料を作っておく。(Tomyんちの合せ調味料:鶏ガラスープ1/2カップ、ケチャップ大2、酒大1と1/2、砂糖大1、醤油小1、豆板醤小1)

2. 海老(14尾)は頭と殻をとり、尾びれは切って中の水を包丁でこすって出す。
背開きにし、背わたをとって塩と酒でもみ洗い。
水で洗ってからもう一度酒と塩をして、ペーパーでふいてから身に片栗粉をまぶし、余分な粉は落としておく。

3. 油を熱し、油どおしする。海老の背が開き、色が着き出したらすぐあげて、油をきる。

4. 油をあけて、フライパンをきれいにしたら、サラダ油をひき、みじん切りにした葱の半量と生姜とニンニクに香りが立つまで炒める。

5. 4に合せ調味料を入れて混ぜながら水分をとばし、その後海老と残りの葱を入れて混ぜ、ごま油小2(好みでさらに醤油小1をどうぞ)ぐらいをかけて混ぜる。
(水分がとばしきれずにソースの絡みがゆるければ、片栗粉小1程度を少量の水にといて混ぜ仕上げる。)

060321imageあ〜、おいしい♪(*^-^*)。
プリプリの海老ちゃん!! 
レタスも入れて、残ったソースも全部いただく。

ところで、油どおしするとさらに旨い気がするのは気のせい?
カロリーとか気になるけど、これからは油どおし派!かも。
オットは尻尾まで全部食べてたもん。

<本日の献立>

・海老のチリソース(たっぷりレタス添)

・パリパリ野菜の揚げ餃子

・きのことニラのキムチ炒め

・3色ナムル (もやし、ほうれん草、金時人参)

・セロリと生姜のスープ(クコの実)

・ごはん + ビール

一見手間がかかって見える今日の献立。
実は海老の下処理と3色ナムルの味を3つ変えたことが面倒だっただけで、他は楽チンメニュー。060321_2

このパリパリ野菜の揚げ餃子、2月に焼ギョウザを作ったときに作って冷凍しておいたもの。
いつも野菜いっぱいで作って、6つ必ず揚げ餃子にするの。
パリパリしておいし〜のさ!中濃ソースにケチャップ混ぜたものにつけて食べるのが好き。
作る時はひだを寄せずに、ただ二つ折りでしっかりとめる。
いくつか試したけど、これが一番パリパリでいい。

香りのする野菜は好きだけど、何故か香菜は苦手。だから三つ葉。へんだよね〜、でもなんかあった方がいいかなと思って。。。
お願い、遠目で見て。

続いて、できたてで湯気がいい感じのこちらがきのことニラのキムチ炒め。
残りのキムチも少しになったので、キムチパワーで野菜を炒めることに。

060321_3

キノコとニラのキムチ炒め

1. キムチは種類や好みがあるから適量ひとつかみ分ぐらいを1cmぐらいに切る。

2. エノキ大1/2パックを半分に切り、舞茸1パックは手でさく。ニラ1/2束を4cmぐらいの長さに切り、エノキと舞茸はボールに入れ、熱湯をかけてザルにあげ水をきる。

3. ごま油を熱してキムチとキムチのつけ汁少々を入れて炒め、ニラと水をきったキノコ類を入れ、酒大1とオイスターソース大1/2を加えてさっと炒めるて出来上がり。(キムチの味によって、少しお砂糖や醤油を加えてもいいし、キムチのつけ汁の量で調整)

3分でできる、めちゃ簡単で美味しいキムチパワー!
身体にもいいんだよね。
私は一昨日の和風キムチだったので、豆板醤少したしちゃった。

キノコはなんでもいいんだけど、舞茸とキムチの相性が身体にとてもいいらしい。
お皿に盛ってからも余熱でけっこう火が通るし、舞茸やきのこはくれぐれも炒めすぎないようにね。

060321_4途中で3つも味付けするのが面倒だった3色ナムル。

なぜか在庫が金時人参だったので、とってもきれいな赤い色。

1. 金時人参のナムル
:すり胡麻、酢、ごま油、砂糖
塩で調味して少し甘く。

2. ほうれん草のナムル
:すり胡麻、醤油、酢、砂糖、生姜、ニンニクで調味した醤油仕立。

3. もやしのナムル
:すり胡麻、塩、刻み葱、生姜、ニンニク、ごま油、酢で調味した葱塩味。

食べる前に「3つとも違う味だからね!」ってオットに言ったの。
でないと、み〜んな同じだと思って気がつかず食べそうだから(-。-;)…。


・・・それにしてもなんか満たされた。
みんな美味しかったし、うん、うん(自画自賛)
でも今日はほとんどに油使ったし・・・、明日は低カロリーメニューにしよ。


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

身体にいいもの集合!鰯の大葉揚げ他盛りだくさん

060319image今日はまじめにご飯づくり。しばらく酒のつまみが多かったので、『おかず』をつくりたい。

残り野菜も少ないが、できあがった料理を見ると身体にいいものがいっぱい!同世代の女性必見だわよ。

<本日の献立>

・鰯の大葉揚げおろし添えと骨チップス

・竹輪ととえのきのカレー炒め

・小松菜と砂肝の煮浸し

・たたきごぼう

・野菜の粕汁(大根、人参、葱)

・雑穀ご飯



今日のイチオシはやはりメインの鰯。焼こうか迷っていたんだけど、骨チップスしたいから一緒に本体も揚げてしまった。

そして揚げた鰯を甘辛い醤油だれにからめたので、添えた大根おろしを一緒にのせて食べる。鰯なんかの青魚が身体にいいのは私より奥様の方が『あるある…』なんかでご存知。

鰯の大葉揚げ おろし添え (一人1.5〜2尾ぐらい用意)

1. 鰯は3枚におろすか、私のように手で中骨をはずして2つに切る。(骨を身からそぐようにすると簡単。多少身が崩れても見えないので平気よ!背びれなんかは包丁で切り落としてね)

2. 鰯は軽く塩コショウして、余分な水分をふきとり、鰯の半身に対して大葉1枚を用意し、尾のほうからくるくると大葉ごと巻く。

3. 揚げ油を用意。片栗粉をバットに敷き、巻いた鰯と鰯からはみ出している大葉にも軽くつけ、巻き終わりもおさえる。

4. 巻き終わりが下になるよう入れて160°〜170°ぐらいの油で裏表かえしてしっかり揚げる。揚げ油の量を控えすぎない事。骨も食べやすく切り、一緒に素揚げにする。

5. 揚がった鰯を取り出し、油をオイルポットに戻したら、ペーパーでフライパンをきれいに拭き、そこに水、みりん、醤油を各1:1:1と砂糖を入れ、甘辛だれを少量作り、油をきった鰯の表面にたれをさっとからめて器にもり、大根おろしと生姜をそえると出来上がり。


060319_1

残ったタレも少しかければ良かったな〜、でも美味しかった!!

鰯もこうやってみるとごちそうだ。


060319_2 次は子供も喜ぶカレー風味。低カロリーえのきは奥様にもお腹が気になるご主人にもオススメ。子供の時はキノコ嫌いだったけど、こうしてエノキを沢山食べれるようなったキッカケがこれ。エノキも信州特産品。

竹輪とエノキのカレー炒め (2人分)

1. エノキ1袋は石突きをおとして1/2の長さに切り、適当にほぐし、竹輪2本をやや斜めに切りにする。

2. 絹さやは10〜15枚程度スジをとり1/2の斜め切りにし、わけぎか小口葱を適量刻む。

3. フライパンに少量の塩水を入れ、絹さやをさっとゆでてザルにあける(面倒なら竹輪と一緒に炒めて)。そのフライパンにサラダ油大1程度を熱し、竹輪をさっと炒め、えのきと酒を入れて混ぜる。絹さやを戻し入れ、醤油大1、みりん大1、カレー粉小1/2(好みで)、砂糖小1(ぐらいだったかな〜)を入れて炒め、コショウと塩少々で味を整えてあまり炒めすぎないうちに火を止め小口葱をかける。(*絹さやがなくとも、葱は必要!入れた方が美味しい。)

少し甘めだと思うのだが、カレー味でごはんがすすむ。好みで砂糖と塩を調整してみて。

それから冷凍庫に残ってた砂肝とカルシウムたっぷりの小松菜。
小松菜と砂肝の煮浸し。
たしか中村孝明さんレシピだった気がするが、私は砂肝に醤油と酒で下味つけたり、ちょっとニンニクなんかの風味もきかせてご飯がすすむ用にアレンジしたが、これまた美味しかった!

060319_3

ニンニク入れたので、かつお節なくても十分美味しかったよ。

ほうれん草より小松菜の方が断然カルシウムが多いから、35を過ぎた女性は小松菜を。日曜に散らかすダンナにイラッとしたらカルシウムですよ!
ちなみにうちの母は骨粗鬆症。

あ、中村孝明さんのレシピ発見。プロの味はこちら


060319_4 次がたたきごぼうね。

食品の整理しつつご飯を作り、ごぼう発見!で献立さしかえ。

たたきごぼうって、お醤油入れていいよね?

ごぼうは食物繊維の固まりみたいなものだからね、私と同じ○秘の奥様、たくさん食べないとね!
私の場合はごぼうぐらいじゃあ、ビクともしないけど・・・。

060319_5

最後に野菜の粕汁。

油揚げ入れ忘れちゃったのよ!
それでも粕汁はいいわ〜、大好き。(酒だからかしら?)

この前酒粕はいいのを使うと違うって聞いたから、漬物しようと思って吟醸酒のちとお高いの買ったんだ。そしたらホントに美味しいのね。びっくり。

粕汁は疲労回復や抵抗力をつけるのにみそ汁の何倍もいいらしい。

今年は粕汁の鍋するのも忘れた〜! なんか最近かなり忘れっぽい・・・。

ふぅ、ご飯もしっかり食べて満腹〜〜(^。^)。
腹八分目はいつから辞めたんだろ。。。これが一番問題なのかも!!


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

おうち御膳第3弾? 独活と豚肉の塩炒めとふきみそアレンジ

でた!大人のための春御膳スペシャル…、なんてね、本当は残りの春野菜でまとめるぞスペシャル!!

060317menu

<本日の献立>

・独活と豚肉の塩炒め
・はんぺんのふきみそチーズ焼
・セリと油揚げの煮びたし
・ブロッコリーと春キャベツのたらこソース
・花麩とほうれん草のお吸い物 (長葱、はんぺんの端っこ入)
・胡麻かけ雑穀ごはん (オットのみ)
 ビールとクリスピーサンド (私のみ)

こうやって写真を撮る前に画面にうまくおさまるか、お皿のセレクトと配置はとても重要。なぜならすぐご飯にありつけるかどうかがかかっているから。。。
もちろん、うまくいかなくても、暖かいうちに食べることはもっと重要!!

今日は料理作るのもスッゴク早かったけど(切って茹でただけ〜焼いただけ〜だから)、写真もあっという間でびっくりだった。

今日のイチオシの前に、どうかしつこいと思わないで欲しいふきみそアレンジ。
先日の鱈のふきみそ焼きがあまりに美味しかったので、今度はチーズとあわせて豆腐がないから冷凍はんぺんにのせてみた。(ふきみそレシピはこちら

060317_2 のせたのはモッツァレラだけど、ピザ用ならもっとコクがあっていい!
はんぺんには鱈のように塩をしないので、この前より赤味噌を少し足したのは正解だったが、はんぺんに酒をかけて焼けば良かったかも(そう思うのは酒飲みだけ?)。
でも味噌とチーズは相性がいい!
焼いたはんぺんは、ご飯のおかずにはならないかな?やっぱりビールのお供でしょ。
お豆腐でふきみそチーズ田楽とかなら最高!

で、本日のメインは、冷蔵庫の中の最後の独活(うど)。
ラストのしめくくりは豚肉をあわせようと前から決めていた。
黄身酢和え、酢みそ和え、天ぷら、きんぴら、甘酢漬けと、これまでいろいろ楽しんだけど(あ、マヨみそするの忘れてた!)、田舎でも独活と豚肉はとても良く合う相性として食べ飽きるころ食卓にのる。
口福noteのkurakurachayaさんもすでに食された様子。
私は塩炒めというと、たいていオイスターソースやラー油を入れて仕上げているので簡単にご紹介。

独活と豚肉の塩炒め

1. 独活1本は皮付きのままよく水洗いし、節の部分だけきれいにして、5cmぐらいの長さに切り、それをたて1/2にしたものを5〜7mmぐらいに切り、酢水に入れてアクをとる。

2. 豚肉160〜180g程(バラ肉がオススメ、肩ロースやコマ肉でもOK)を熱したごま油で炒める。色がかわってきたら酢水からあげた独活を入れて一緒にさっと炒める。

3. 酒大1をまわしかけ、塩、粗挽きコショウ、オイスターソース小1でさらに炒めあわせ、仕上げにラー油を入れて混ぜたらできあがり。独活の歯ごたえが残るようにするぐらいが美味。(嫌いな人も火を通すと独特のくせが軽くなるから食べやすいかも!)

060317_1

写真だとあんまり見えないけど、しっかり塩コショウ入ってます。

うどの風味と塩味でさっぱりいただけるので、他の献立には味噌系やマヨネーズ系のちょっとこってりしたものがあるとバランスいいかも!

・・・と、思って、ひさしぶりに『たらこソース』。

ブロッコリーって、いつもスーパーにあるから知らなかったけど、本当は冬野菜なんだね。3月までが旬らしい。(こちらを参照

060317_4レンジでチンしたキャベツが下にお山になってるの。
だってさ、ブロッコリーだけだと、ソースが皿に残ってもったいないじゃない!
だからキャベツがあるといいかなって発想。。。

たらこのソースはたらこ中1/3腹とマヨネーズ大1、レモン汁も大1ぐらいにオット対策でみりんも少々入れてみた。

ヨーグルトや生クリームでのばす人もいるよね。私はさっぱりレモン!

セリも美味しかったし、春御膳シリーズ最終回かな???
いや、いろいろ作りたいものは沢山あるし、今日は解凍ご飯なので、今度桜ごはんっての食べたいのよ。
ふきみそ焼おにぎりも本当はやりたかったし・・・、しつこい!!

今日もヘルシー?
カロリーは多分これで十分(すぎ?)なはずよ!

その上、オットがおいしい桜餅のかわりにハーゲンダッツのクリスピーサンド買ってきてくれて、映画を観ながらそれを食べ、こんな夜中に更新している私。

明日頑張って仕事します。

★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年3月16日 (木)

トマトは必須!野菜とベーコンの和風パスタと春キャベツのコールスロー

060316image なんだかこんな雨の日の、遅い夜はやる気がでない。しかもおやつ食べ過ぎた。。。

最近オットにつきあって朝もしっかりご飯を食べると昼か夜は麺が食べたくなる。オット的にはできればパスタは昼らしい。
さらに、夕方ラーメンを食べたというオットの話に耳をふさいで自分のお腹に素直になる|(-_-)| 。

野菜いっぱいの和風パスタにしよ!

( ´∀`)アハ

あとは春キャベツ、大きすぎるからなんとかしないと。


<本日の献立>

・トマトは必須!野菜とベーコンの和風パスタ

・キャベツとしらすのコールスロー

・お菓子が作れないのでまんま苺

 パスタ作りながらビール

私ができる和風パスタって、こんなフツーのカンジですよ。
でも解凍したベーコンは早く使わないといけないし、中途半端に残っている野菜もあるのでちょうどイイ!
一応どんなんかメモしておくね。

トマトは必須!野菜とベーコンの和風パスタ (2人分)

060316_1パスタ 160g
トマト 中1個
茄子  中1個
ほうれん草 小4かぶぐらい
ベーコン 2枚
ニンニク 1片分
唐辛子 少々
オリーブオイル 大2.5ぐらい
醤油 大1
砂糖 少々(トマトによる)
白ワインか酒 大1
バルサミコ酢 大1
塩コショウ
オレガノ、バジルもあれば
パスタのゆで汁 お玉に2/3

1. 茄子は1cmぐらいの輪切りに切り、水に7〜8分ぐらいつけておき、ほうれん草はさっと下茹でして水にとった後絞り、4cmぐらいに切る。トマトは1個を8等分にカット、ベーコンも2cmぐらいに切ってパスタの湯をわかす。

2. フライパンにオリーブオイルを大1.5ぐらい入れ、水をきって、ペーパーでふいた茄子を両面炒める。(これ以上オイルは入れず、ここで油が足りないと思ったら少し湯をさしてカロリーオフに努める!気にしない人はオイル4くらいでベーコンと一緒に炒めると早い。)

3. 炒めた茄子を一旦器にとり、パスタを茹でる。
フライパンで再度オリーブオイル大1でニンニクを炒めたら取り出し(そのままでもいいですが…)輪切り唐辛子とベーコンを入れ炒め、トマトと取り出しておいた茄子を戻し入れる。

3. トマトから汁気が少し出てきたところへ酒と砂糖(完熟などでトマトの甘みが強ければ不要。)醤油、バルサミコ酢、塩コショウ、バジル、オレガノを加え、フライパンをふって混ぜる。

4. ほうれん草と固めに茹でたパスタとパスタのゆで汁を3に入れ、塩コショウを調整して混ぜ合わせ出来上がり。

炒めたトマトからでる汁気と醤油がいい感じにマッチする。
バルサミコ酢があった方が味がしまって好きですが、ない時は黒酢とかで代用したこともある。ちょっと違うかもしれないけど。。。
お醤油ベースっていうだけで和風なおいしさ。お醤油えらい!!

オリーブオイルじゃなくてごま油と黒酢もいいかも〜!

やってみよ。

060316_2 あとはこちらのキャベツとしらすの和風(?)コールスロー。
キャベツはさっと塩でゆでるか、電子レンジで2分ぐらいチンして沢山たべれるようにしている。

最近栗原さんのレシピでみた甘酢を使うとおいしくて、それに今日はパスタに合せてオリーブオイル、白ワインとビネガーも少々、塩コショウをしっかり入れて、苔をたっぷりちぎってまぶしただけ。

海苔としらすが入っているだけでちょっと和風チック。

これはこれでおいしいが、こっちもこの前ごま油使ったときの方がなお和風チックで好きかも。今度いろいろ試してみてまた報告するよ。

でもけっこうキャベツ使ったよ〜!明日の朝もこのサラダをいただく。

オットがパスタもコールスローも気に入って、どうやってつくるの?と聞いたが、
もちろん説明をしたとたん食べる事に専念した。

そういえば昨日は、「これだけ作るのって大変だよね。」と食べながら言ったのだ。
初めて聞く言葉! (゜дÅ)ホロリ。
私的には昨日はかなり簡単だったのだが、そう言ってもらえるとたいしたものを作ったようで、なんだかありがたい。


いちごは、ホワイトデーのお返しを忘れた罪悪感らしく昨日買ってきてくれたもの。私が桜餅が好きなのを今さら知って、今日はめずらしく桜餅まで買ってきてくれた。

でもね、これは近所のイマイチなヤツなので、明日は美味しいのを買ってもらいましょう! 鬼〜!!


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

鱈のふきみそ焼 風味楽しむ香り御膳

今日もテーマが先走ってますが、ほぼ残りものコーディネイト。

060315menu


<本日の献立>

・鱈のふきみそ焼とふきみそ胡瓜ーふきみそ風味
・焼き蕪の卸し蕪和え(YOMEちゃんレシピより)ー柚子風味バージョン
・アボカドと豆腐のおかかみょうが和えーみょうが風味
・スナップエンドウの胡麻炒めー胡麻風味
・きのこと武蔵葱の味噌汁
・雑穀七福米ご飯
 ビール

060315_1 これ、鱈の皮はぎが安かったから買ったんだけど、その時ピンときたの。

このまえ作ったふきみそで焼いたらどうかなって。

大正解!!
なんだか料亭の味。

上にのっているのは松の実。
酒塩焼の要領でやいた淡白な鱈とふきみそがマッチして、松の実がコクを出してくれた。

鱈のふきみそ焼とふきみそ胡瓜

1. 皮剥ぎの場合鱈は骨をとって適当な大きさに切り、軽く塩とたっぷりめの酒をふって、時々表裏をかえしながら酒と塩を20分ぐらいしみ込ませる(味噌がのるので酒塩焼の時よりも塩は控えてね)。

2. 魚焼きグリルを熱くしておき(くっつきますので〜)、裏面から焼く。(酒塩焼の時は表面から)。その間に松の実を包丁で刻む。

3. 表面を焼き、火が完全に通った後、ふきみそに少々の湯を加えてゆるくして塗り(ふきみその塩気や固さにもよりますが、鱈にも塩気があるので、湯でゆるくしました)、その上に刻んだ松の実をのせ、再度味噌や松の実にうっすら焦げ目をつけるよう焼いてできあがり。

4. 胡瓜は5cmぐらいに切り、真ん中あたりでV字を一周作るかんじで包丁の下の角の部分を差し込んで二つにする。塩水に少し漬けるか、軽く塩をしたものの上にゆるくしていないふきみそをのせる。

ふきみそが2種類楽しめるもんね。(ふきみそは3月13日の日記

060315_2 こちらはYOMEちゃんのレシピより。

うちのポン酢は『ゆずポン』なので、粗挽きこしょうした後、柚子一味たっぷりに柚子ポンかけて、さっぱり柚子風味〜♪

実は毎朝食べるお漬物にしようと思って蕪を買い込んだんだけど、保存する場所がなくてね・・・、蕪は冬なんて言わないで、こりゃ夏でも食べたい!

盛りつけが今イチ?
二人分で3つの蕪だったから、切り方変えてお皿に盛れる量にしたの。

ベーコンがブロックでないのは残念なんだけど、あるものだから許して。

しかし、蕪におろした蕪・・・、さすがだねぇ〜!
私がいつもやるのは、ハムと中華風に炒めるぐらいでさ、感心してしまったよ。
ホントに。。。

060315_3
お次は昨日の残りのアボカドと残りの豆腐でいつものアボカドと豆腐のおかかみょうが和え。

おかかだけでもたっぷり入れるとおいしいけど、今日は香る風味だからみょうががメイン。

味付けは塩とわさび醤油。なんだかぐちゃぐちゃだけど、これには絹ごしで、少し柔らかいぐらいのアボカドをこんな風に和えるのがおいしいと思っている。

ぐちゃぐちゃが嫌いな人はトッピング方式でどうぞー。

あとは残りもののスナックいんげん。固ゆでにして真空パックしておいた。
香りものもう1点は悩んだけど、やっぱりシンプルに胡麻にした。

で、スナックエンドウのシャキシャキを残すようにごま油で砂糖と塩とみりん少し入れて炒めたところに半ずり黒胡麻投入。

もっと黒胡麻入れれば良かったけど、いんげんの胡麻和えよりおいしいかも。


ごはんはkotobuさんに13種類の雑穀が入った『福っくら御膳』ていうのを教えてもらったんだけど、通販商品みたいで近くの大型スーパー数件にはなかった。

060315_5 で、あったのが『雑穀 七福米』。

黒米、大麦、そば米、黒ささげ、きび、あわ、クコの実の7種類が入って398円!!
ネットで買うよりかなり安く仕入れたよ。

しかし黒米ってすごい色が着くんだね、びっくり!入れ過ぎかな?

なんだかこういう雑穀ごはんにだんだん慣れてきたのか、これがいいのかわかんないが、今日はとってもご飯がおいしいと感じてしまった。

あ〜、食べ過ぎるぜぃ!!


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年3月14日 (火)

帆立のマリネ 海老のアボカドサラダ そして…

060314image遅く帰った夜のあっさり和食のつもりだったが、オットから再度『白身の魚のマリネ』のオーダーが入った。

洋風の献立は苦手だし、外食お寿司ですっかり満足したものだと思っていたが、ダメらしい。困ったもんだ( ̄〜 ̄)ξ。

ここまできて作らないとかなり悪い妻に見えるのでスーパーに寄る。
鯛が780円、帆立が特売で480円、どっち買う?

もちろん帆立!
という訳で帆立のマリネに決定。イジワル?

ネットで帆立のマリネを探すも、今ひとつピンとくるものがなかったので、いくつかのサイトを参考に、あとは私の好きな香り野菜を集めてみた。


060314_1白ワインと白ワインビネガーを1:1、オリーブオイルは控えめに0.8ぐらい、あとは砂糖、塩コショウで味付け。それからさらに(好みで)レモン汁を少し入れちゃった。
ホタテの下に敷いたのは、アーリーレッドとセロリ。帆立と一緒に1時間ほどマリネした。
上にのっているのは2種のパプリカと帆立の刺身についていたパセリを使用。パプリカも刻んでマリネする。




060314_2 そして、アボカドがそろそろ食べごろになってきたようなので、冷凍してある海老とサラダにする。
海老まで入れるなんて我が家ではデラックスバージョン。

トマト、きゅうり、アボカド、茹でた海老(飾り用4尾と中身用4尾)を切って、マヨネーズと塩コショウ少々で和え、お醤油と柚子コショウ少々で整えた。

マヨネーズっておいしいからつい使いすぎてしまう。ダイエット中はノンオイルイタリアンドレッシングにパルメザンチーズをふりかけてアボカドサラダを和えたりした。それもまたおいしい。




060314_3 そして、そして、見せたくないけど
春キャベツのグラチンスープ
(ネーミングのセンスがないんだってば!)
料理も名前もなんか変?

春キャベツをたっぷり食べたいからキャベツとアンチョビのパスタにしようと思った。
でも、オットが帰ってきたのは12時半だよぉ!
さすがに私も待っているわけないし、
今日4回目の食事だからパスタより軽いスープにしたの。

中には炒めた玉葱とベーコン、
人参、使えずに困っている固ゆでマカロニ。
そして、レンジで2〜3分チンした春キャベツととろけるチーズ

キャベツとマカロニ以外の具をマギーブイヨン(またはコンソメ)と塩コショウでスープにして、アツアツになるまで温めてボールに入れる。そこへマカロニとたっぷりの春キャベツを入れて混ぜ、具沢山スープ状態にする。
上にお好みのとろけるチーズ(私はあっさりモッツァレラにしたよ)をかけて、蓋かラップをしてレンジで1分チ〜ン!!

これをすぐかきまぜて、トロ〜ンとキャベツにチーズを絡ませて食べる。
普通にチーズ入スープと言えば良かった?
マカロニってすぐ茹だるし便利だが、使い道に困っていた。
でもこれならパスタほどの量も入れないので、
ちょっと小腹がすいたときの夜食にも重くない。

明日の朝はたっぷりマカロニ入で食べてもらいましょう!

オットはホタテのマリネに感激し、そして例のグラチンスープもキャベツがいいねと喜んで食べたのでよかったが、これでマリネ騒動も一見落着なのか?

明日は和食にするぞ!!

<本日の献立>

・ホタテのマリネ
・アボカドと海老のサラダ
・春キャベツのグラチンスープ


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

豚の角煮 大人のための春の角煮御膳 

060313menu

<本日の献立> テーマは大人のための春の角煮御膳

・豚の角煮 菜の花と煮卵添え
・大根のふきみそ煎餅
・春菊とこんにゃくの白和え
・みょうがとうどの即席甘酢漬け
・大根と大根葉の味噌汁
・雑穀ごはん
 ビール

少し早く帰って来たのでテーマが先走りましたが、単なる定食です。
でも、自分で言うのもなんですが、カロリーはオーバーしているものの、かなり満足な献立。

060313_1 そして、昨日から仕込んでおいた角煮、旨すぎ〜@^▽^@!!
冷蔵庫で汁ごと一晩寝ている間に出た脂が固まり、きれいに洗ってから1時間ほど煮た。ホロホロ、トロトロ〜ってカンジ。
人生の中で角煮を自分で作るのは2回目なんだけど、昔作った時はこんなに煮なかったし、私と同じでもっと脂ぎっていたよ。

随分小さくなっちゃったけど、オットは食べた瞬間、目が(☆。☆)になって、「うま〜い!!」と言いながら焼酎を取りに行った。
卵は20分ぐらい一緒に煮たんだけど、これまたいい味がついて、昨日の後悔はふっとんでしまった!
あ、写真に辛しがないです。食べてから気がつきました。残念!!

味付けは、ネットでいろいろ見たけどみりんを足したりして、結局酒2カップ、水1カップ、砂糖大2で煮た後、醤油大3、みりん大2ぐらいと半熟ゆで卵を入れた。

今日は減塩じゃない普通の醤油買ったわよ!

あれ、そういえば、角煮の時って卵入れない?
煮卵好きなので、許して。

おうちでつくったのって、なんか安心だしおいしいもんなんだね・・・。

で、角煮に合う低カロリーでさっぱり!な春っぽいものを少々こしらえた。
060313_2
こちらが大根のふきみそ煎餅

明日用に『ふきみそ』を作ったのだが、このふきみそがあまりにも美味しかったので、オットに食べさせてみるべく、みそ汁の具で作ったおつまみ。
きちんと計量していないので、↓これはだいたいの目安。少し甘め。。。

1. ふきのとう小8〜10個ぐらい?を刻み、酢水に1〜2分程度さらし(苦みが好きな方はそのままどうぞ!)、ペーパーでこしたものをごま油で炒め、そこに酒大2ときび砂糖大1(好みで)を入れて少し炒める。
(*追記:最近はさっと茹でて冷水にとって灰汁を抜きます。オットが喜んで食べるので)

味噌(信州味噌をそのまま入れたり、好みでブレンドするといい)大2、みりん大2を入れ、(必要に応じて水(まかだし汁大2を入れて)弱火で炒め、少しやわらかいトロ味があるぐらいで火を止めた方がいい。

2. 薄く切った大根の片面に軽く塩をふり、ごま油で両面焼色がつくまで炒め、しんなり曲がる程度にする。

3. 絹さやと大根葉は塩を入れた湯でさっと下茹でして水にとる。大根葉を刻み、水気を絞って1のふきみそ小1/2と一緒に大根にのせて、ふきみそで大根が返らないようおさえる。

4. 飾り用に茹でた絹さやは1/2に切って、この2枚をふきみそでとめるとできあがり。

決してかわいくはないので、お父さんのおつまみにどうぞ。

060313_4
アクをとって、軽く塩もみしたうどとみょうがに、少し熱い甘酢をかけ、真空パック状態にして冷凍庫で冷やすといういつもの即席甘酢漬け。

歯ごたえもシャキシャキで、色もきれいに仕上がった。
これが角煮にとても合う。

大根たっぷりのみそ汁もよく合った。

060313_3

そしてまた?みたいな春菊の白和え。
今日はヘルシーにこんにゃく入!(春菊が少なかったと素直に言えばいいのに)
でもこんにゃく入の方が私は好き。

今日は絹ごし豆腐しかないので、仕方なく絹ごしで白和えを作ってみた。胡麻の量を木綿豆腐でつくるより多めにして、春菊もだし醤油をかけたものをいつもよりしっかり絞って和えたらこれまたいい感じ。この春菊の白和えは味噌じゃなくてお醤油ベースが合います。

よかった〜。

満足満足(⌒‐⌒)、ふぅ。。。

でも、ビールだけにしようと思ったのに、ご飯しっかり食べちゃったし(-""-;)、その上オットが焼酎半分くれるって〜〜!!

明日は飲みません!
絶対に、きっと、多分・・・。


★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

粗食のススメ? にじますの塩焼きと菜の花

今日は帰りが遅くなることがわかっていたので、朝からYOMEさんの『菜の花のスープパスタ』にしようと決めていた。
ところが、帰り際、オットにそれを伝えると、
「パスタだったら、白身の魚のマリネしたのとかさぁ、魚も食べたくない?」と言うのだ。それには賛成だった。
一番近い夜11時まで開いてるスーパーにギリギリ駆け込んで、刺身が残っているのを期待するも、やっぱりなにもない。。。
かつおのたたきとか、さくで売っているのが残っているだけだ。

060311image そこで私の目を釘付けにしたのが、にじます!(@。@;)
この瞬間にすべての予定が狂った。
そう、私はにじますの塩焼きがとても好きなのだ。

昼のこってりラーメンと夕方の桜あんパンがお腹を圧迫しているし、パスタはまた今度にすることにした。
どうしていつもこうなるかな〜。

川魚はきらい?
「化粧塩で焼かれたにじますとおいしいお酒をいただく・・・。
そして菜の花のおひたしとか、山菜のきんぴらをつまみ・・・」
イメージはできた!
そして材料は全部そろってるじゃないか!!(^Q^)
ないのはおいしいお酒だけ。

久しぶりに魚に串を打ったので、打ち方を忘れてしまった(゜.゜;。
なんか違うなーと思うのだが、とりあえずうねってくれたので、ま、いいかと化粧塩をする。
魚焼きのグリルで焼くと、塩が落ちてしまい旨く焼けないが、じっくり焼いてみる。

060311_3その間に菜の花のからし酢みそと昨日のうどの皮が残っているので、蓮根とあわせてきんぴらにした。

ちょっと黄色い花になりかけてたからおっちゃんに安くしてもらった。
菜の花に辛しがあうよね〜♪
辛し酢みそ、辛しじょうゆ、辛し醤油マヨ、どれもおいしい。


060311_2

うどの皮は厚くむいて、いつも翌日の朝用にきんぴらにしている。
昨日はそれができずに残しておいて良かった。
れんこんと一緒に立派な一品になるよね。穂先も一緒に炒めて飾ってみた。

カルパッチョが食べたかったらしいオットも、にじますで満足してくれた。養殖だって、いいの!
何で焼くかの方が、差がでるような気がするんだけど、気のせい?

オットもご飯は食べないというので、私はビール、オットは健康茶で飲みモード。
今週1週間頑張ったね〜、おつかれさま!

え?、オット明日も仕事だっけ?

<本日の献立>

・にじますの塩焼き
・うどの皮と蓮根のきんぴら
・菜の花のからし酢みそ和え
 ビール

★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

鶏の香草焼 タコのトマトマリネ他

アップしようと思ったら、サーバーのメンテナンスとかで消えちゃったので、再度アップ。見に来てくださった方がいらしたら、ごめんなさい。

今日仕事で埼玉の春日部まで出かけて、途中で『ちぐさ』という和菓子屋さんに立ち寄った。そこの生クリーム大福がおいしいとは知らなかったので、焼皮の桜餅と、沖縄産100%の黒糖蒸しカステラで生クリームと餡を包んだ長さ40cmもあろうかという黒糖ロールを買って食べた。甘さをおさえた餡と風味のよい黒砂糖がとてもおいしい!これで525円は安かった。

060308image 本日のメインは洋風にも和風にも合う私の定番、鶏の香草焼き。
揚げないし、卵も使わないからヘルシーでめちゃ簡単!

写真はちょっと焦げ過ぎだね、焼いた後、しばらくオーブンに入れっぱなしにしちゃったの(>_<)!!

でもいつぞやのささみチーズフライもどきとは違うから是非お試しあれ。

鶏の香草焼

鶏肉もも肉  200g

塩  少々
粗挽きコショウ 少々

バター 10g (お好みのオイルでも)
オリーブオイル 少々

A: パン粉 大1〜1.5
 パルメザンチーズ 大2
 乾燥スライスガーリック 1片分位
ハーブ2〜3種 (バジル、オレガノ、パセリ、ローズマリー等 ドライでも生でも)


1. Aの材料をあわせて、バットにひく

2. 鶏肉は100gづつ厚みを均等になるようならし、皮面に切り込みを入れたものを3つに切ってから塩と粗挽きこしょうをふり、なじませる。

3. 鶏肉に1であわせたものをまんべんなくつけて、クッキングシートに並べる。

4. バターを小さく刻み、鶏肉の上にのせ、鶏肉のあいだにオイルを少々垂らしてオーブンで焼く(うちのオーブンは温度が高くならないので、200°で10分ぐらい焼いた後、トースターで少し焼き色をつけてますが、230°位で10分で焼けるのではないでしょうか)。

付け合わせは、スナックいんげんと細切りカボチャのソテー。
スナックいんげんと細切りカボチャはそれぞれ固ゆでして、オリーブオイルでハムも入れて炒めたら、マギーブイヨンを水で溶いたものをかけ、塩コショウで味をつけただけ。


ところで『スナックいんげん?』『スナップいんげん?』

 (→注:スナップエンドウで統一されてるそうです。2008.5月追記)

060308_2 煮ダコが食べたくて大きなタコを買ったんだけど、まずは生でいただこう。
ということで、これも我が家定番タコのトマトマリネ。
でも今日は缶詰のトマトを使ってみたの。その方が味がいいかなぁと思って。
そしたら、生のトマトで作った方がおいしかったんだ。
だからレシピはまた今度。
見りゃ、わかるって?


今日も帰りが遅かったので、コーンスープは手抜きのレトルト。一応コーン入れて、クルトンを作ろうと鶏肉と一緒に焼いたら、取り出し忘れてこれも色が黒くなった、ダメだ今日は・・・(ρ_;)。

060308_3 サラダのドレッシングは玉葱をすりおろして、バルサミコとお醤油とオリーブオイルに砂糖、塩コショウのあっさり系。
このセロリ食べたことある?『アメリカ産ドールセロリ』。
緑が濃くて、セロリ臭くないしやわらかで甘いの。
セロリ嫌いにはもってこいだけど、私は国産セロリが好きだよやっぱり。
ガシガシ食べたい!

<本日の献立>

・鶏の香草パン粉焼き
・タコのトマトマリネ
・野菜サラダバルサミコドレッシング
・コーンスープ
・雑穀ごはん 
+ 白ワイン(私だけ)

★料理ブログに参加しました!万が一、気に入っていただけたら、

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

★人気の出るブログではありませんが・・・

NinkiBlogbanner03←クリックしてただけると続ける励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

焼野菜のおろしソース 蕎麦屋の粋パート1

060305_2先日天ぷらを食べてから、蕎麦もいいな〜と思っていた。
今日はオットがパーティーとやらに夕方から出かけるというので、夕飯は蕎麦で済ませようと思ったのだが、出がけに「今日も写真撮るからね。帰ってなんか食べるから!」と言い残して行った。
なんかってなんだよ?

パーティなんてカナッベとかマリネとか洋風おつまみがいっぱい食べてくるはずだ。であれば、こっちは粋な蕎麦やのおつまみでそろそろ冷酒なんぞいただくのもいいと休日出勤の後駅前のスーパーに寄った。オープン50周年記念とかで狙っていたものが安くなっているので、これらでまとめる。

写真を見て、かまぼこだけかよ!と思わないで、まぁ、ゆっくり一緒に蕎麦やで一杯やるつもりで見てやってくださいな。

粋な蕎麦屋のおつまみリクエスト、まずは板わさ。小田原鈴広(旧字が出ない)のかまぼこだと想像していただく。
日本酒は久しぶりなので、誰にでも好まれる新潟の『上善水如』を冷やで。
そば通と言われる方は、そばをつまみにまず一杯やるが、一応ヘルシートミーなので、栄養バランスも考えて〆にいただく。

060305_3060305_4 次は胡麻豆腐。こんな黒胡麻の胡麻豆腐は初めて食べたかも。

濃厚な胡麻に甘い味噌だれがいい!木の芽をあしらったりするのだろうが、ないのできゅうりとごまでごまかしてみた。何かのせないと、あまりにも買ってきたままみたいだったので(事実、買ってきたままです、はい(^_^;)。

気になったのだが普通これは2人でいただく量なのだろうか?うちでは一人分。。。

そして焼物と煮物も欲しい。煮物はうどと薩摩揚げの煮物。

これはうどの皮を剥いてちゃんと作ったよ!きれいな色に仕上がるようにお醤油の量には気をつけた。春っていいよね、この風味。

オットも私もこういうのが好きで、既にビール飲みながら、ふきをつまみながら撮影し、私はお皿に盛っている。

さくらのべったら漬けも買った。
べったら漬けってほんと、大好き。その上さくらだよ、かわいいね〜。
雛祭りが終わったから半額だった。我慢していた甲斐があったよ!

060305image 焼物はヘルシーというと聞こえがいいが、野菜オンリー。手前から舞茸、焼いてさいたエリンギ、ネギ、プチトマト、ピーマン。

ししとうは高かったので、夏になったら山ほど焼いて食べよう。

上にのったおろしソースは、大根おろしとわけぎ。さっぱりポン酢で食べるもよしだが、たっぷりごま油と醤油と酢と塩でおろしと混ぜたソースも最高!

ねえねえ奥さん、これ、おうちでやる時は、おうちにあるできるだけいい器を使って、盛りつけに気をつけないとならない。でないと、あなたのダーリンの眉間にしわが寄るよ!黒焦げにならないように注意してね。

…私は過去それで失敗したことがある。

こんな買ってきたものばかりだが、ちょっとした演出とチョイス次第でしっとりと家でも飲めるものだ。今日はご飯中のテレビもつけない。仕事の愚痴もこぼさず気分良く、ビールの後に720mlの2/3をほぼ一人であけてしまった。

〆のお蕎麦は、あったかい山菜そば。

060305_5 今日のは実家からもらった乾麺。
信州戸隠の和紙の箱に入ったやつ。

おうち蕎麦やならこれで十分。

私も信州の人間で、もれなく蕎麦は好きだが、本当においしい蕎麦は外で手打ちをいただきたい。できれば玄そばを石臼で手挽きした田舎そば。最近食べてないな。

もう少ししたら生蕎麦で『蕎麦屋の粋パート2』やりたいね。また買ってきたものばっかりかもしれないけど。

060305menu <本日の献立>

・板わさ(薩摩揚げとかぶったかも)

・黒胡麻豆腐

・焼野菜のおろしソース

・うどと薩摩揚げの煮物

・季節限定さくらべったら漬け

・山菜そば


★料理ブログに参加しました!
気に入っていただけたら、にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

菜の花ごはんおかわり!春の天ぷら御膳

060303menu

<本日の献立>
・きすと野菜の天ぷら(きす、うど、蓮根、舞茸、大葉、南瓜、薩摩芋)
・海老とうどの黄身酢和え
・ほうれん草と人参のごまよごし
・豆腐としめじの赤出し
・菜の花ごはん(菜の花、鮭、胡麻)

ずっと春の野菜が食べたいと思いつつ、なかなか献立に入らなかったが、今日は雛祭り。二人暮らしとしては『春の天ぷら御膳』のイメージでいつもの定食献立をたてた。

060303_2 安いスーパーと高いスーパーの2件見て、太いうどが見つかった。酢みそ和えにするか迷ったが、今晩はお肉もないので海老と一緒に黄身酢和えとシャレこんだ。
明日の朝は酢みそ和えをいただく予定。

黄身酢の卵黄と酢やみりんの配分をしっかり調べて弱火にかけてつくればよかったのだが、味の記憶を頼りにちょっと手抜きして電子レンジで10秒。
・・・絶対に電子レンジにはかけないでください(>_<)。
あわてて少しだしを足して猛烈な勢いでかき混ぜた。

「あんまりアップで撮らないでね〜!」

味がよけりゃいいのよ!と、うどをつけて食べてみる。
うま〜、うどの風味を楽しめる上品な味。最後に入れた「だし」のおかげ?
これを失敗は成功のもとと言う。

オットの帰りを待っている間に『黄身酢』をネットで調べてみると、たくさんでてくる。味の素のHPにほんだしを使った黄身酢のレシピがあるが、私の分量も少し酢が多かったが結果的にほぼ同じだ。

海老も3尾づつ茹でたので、盛りつけをこのまま参考にする。

060303image その後天ぷらぼうずもたっぷり作って、オットが帰ってきてから天ぷらを揚げた。

ちなみに、オットはこの量の倍天ぷらのおかわりをしている。私もきすとれんこんとうどに芋・・・あ、ほぼ同量おかわりです。

カリッと揚げても、天ぷらのカロリーは変わんないんだろうね。

おかわりしたのは天ぷらだけじゃない。
060303_6 食べる前に冷蔵庫を開けて、「ビールがないじゃん!」と大声をあげた私は、本日菜の花ご飯もおかわりした。

私の田舎は信州で、野沢菜なんかをたくさんつくるので、春は3食菜の花を食べていた。
千曲川を背景に一面黄色の花が咲く中で鯉のぼりをあげる『菜の花まつり』があるくらいだ。

酒と塩でご飯を炊き、シラスがないので、鮭フレークと炒りごまを入れた菜の花ごはん。
春は食いしん坊に拍車がかかる。

満足満足(⌒‐⌒)、今日の献立は味のバリエーションのバランスが良くて、「ナイスだよ!」と誰も言ってくれないので自分で言う。

★料理ブログに参加しました!
気に入っていただけたら、にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

牡蛎の昆布焼 居酒屋モードな深夜の晩ご飯

頭がボケてしまい、昨日が月末だということをすっかり忘れていた。
なので今日は朝から集中して仕事をこなし、こんな雨の日の夜9時過ぎに、お米と大量の野菜を買ってかえるハメになった。
しかも猫の餌までなくなっていて、こりゃ、明日は腕が筋肉痛だ。
外は寒いのでけんちん汁と決め込んだ。

060301_1 お刺身を買って帰ろうと思ったのに、生牡蛎が安かったので殻なしの牡蛎にした。
しかし、生で美味しく食べるときは、たいてい殻がついて、レモンや、もみじおろしとかネギでツルっといただくのではないか?
・・・グラタンにする元気がないので、ちょっと焼いてみる事に。

昔、新橋にある『安芸路 酔心』がちょっとモダンな懐石料理の店を出していた事があって、そこで良く出していた。小さい卓上七輪の上でちょっと焼きながら昆布の香りと半生の牡蛎ををいただく。酒とうにつけ込むらしいが、そんなものはないので、昆布のエキスと昆布にふりかけた酒、そして牡蛎のうまみだけでいただく。
しかも、フライパンで焼くのだ!

060301_1image

あ〜、冷凍わけぎなので今イチ美しくないが、生より好き@^▽^@
この食べ方か、カキフライが一番好き。
高い昆布を贅沢につかったので、結局高くついてしまった気がするが、たまにはいいでしょ。焼いただけで楽チンだし。


060301_5
それから、けんちん汁。
春だっていうのに、牡蛎だのけんちんだの、季節感がなさすぎるね
(-。-;)

中の具は、大根、人参、ごぼう、こんにゃく、長葱、大根葉、絹ごし豆腐、豚肉も入っている。
油で肉と野菜を炒めた後、湯どおししているので、すっきり仕上がっている。
ダイエットを始めた時に油を控えるのと、アクをとるのが面倒なので、妹に教わってそうしたのだが、この方がだしもきいて、とてもおいしい。



で、それ以外がなんだかまとまらなかった。

060301_3jpg
牡蛎ではボリュームがないので、残りのニラと卵、それに朝の残りの釜揚げ小エビタップリで卵焼き。
「巻きす、巻きす…あれ〜?100均で買ったと思ったのに〜」とバタバタしているうちに卵も冷めた。
あんなに入れても小海老が見えないじゃないかっ!!
卵液があと一巻き分残っていたが、オットにせかされて、途中で辞めてしまった。ちと小さいかも。



060301_2
こちらはいんげん、昨日入れ忘れたパプリカ黄色、アーリーレッド、焼いたベーコン、松の実、粗挽きコショウが入っている。
オリーブオイルで普通にフレンチドレッシングでもおいしそう。今日はバルサミコを使ってみた。
色がきれいになるようにあるものを切っただけだったが、以外とおいしい組み合わせで、オットには好評だった。


060301_6 もう一品、オットが写真を撮っている間に切って混ぜただけの、切り昆布のサラダ。

いつもからしマヨネーズだったりするのだが、今日は粒マスタードとレモン汁、マヨネーズ、砂糖、塩コショウで味付けした。
写真は最後にとってくれたが、明日の朝の分にしておこっと。ごめんね〜

今日は買ってきた野菜の片付けもしていない、戦場のようなキッチンだったのでまったく計量できず、レシピもない。

<本日の献立>060301menu

・牡蛎の昆布焼
( 本当の名前は忘れました)
・ニラと釜揚げ小海老のだし巻き卵
・いんげんとベーコンのサラダ
・けんちん汁
・雑穀ご飯 + ビール

こんな遅い時間のごはんなのに、オットがたくさん写真を撮ってくれたので、全部載せてあげる。大サービスだ!



★料理ブログに参加しました!
気に入っていただけたら、にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »