« プリプリささみとセリのポン酢びたし、そしてなぜかおでん? | トップページ | 深夜の晩ご飯 イクラ丼とイクラ茶漬け »

2006年2月20日 (月)

ピーマンの肉詰めで祝い膳&『ア・ラ・カンパーニュ』のケーキ

060220image2
今日はお祝い。
今朝オットに「今日はどうしようか?」と何度も期待を込めて聞いてみたが、「遅くなるし、フツーでいいから家で食べようよ」とのこと。
私は一瞬勘違いした。私のこんな料理でも家で食べたいのか(^-^)と。。。
リクエストがないか聞くと、「野菜。野菜でいいよ!サラダとかで。」
えっ?・・・
どうやら料理ではなく、野菜が食べたいだけのよう( ̄□ ̄;)!! 。
私がマイナス思考なのだろうか?なんだかおもしろくなかった。
もうオットにリクエストを聞くのはやめるよ…(゜дÅ)。

買い物袋をさげ、冷たい雨の中家に着いたのは8時半だった。
『野菜中心のフツーの祝い膳』と勝手にテーマを決めて、これでも私にしては充分頑張った。
ピーマンの肉詰めがフツーの祝い膳にふさわしいかは別問題だが。
今日は(今日も?)なんだか冴えなくて、ピーマンに詰める肉に卵を入れ忘れ、再度詰めなおし、途中でちらし寿司に変更したのでごはんを炊いたり、オットの戻りも遅かったが、本日も遅い夕飯となった。

ピーマンにかけるソースは写真を撮る時に気がつき、『お好みソース』とうケチャップ、コンソメを湯に溶かしたものをあわせただけですませてしまっ た。でも、下味もついているので、充分おいしかった。お肉は二人で100g程度にして、たっぷり玉葱、人参、パン粉と卵を少し、塩コショウ、ナツメグ。合挽き肉だったので、今日はワ イン少々で最後蒸し焼きにした。12月にやった時は、まだダイエットモードだったので、鶏胸の挽肉だったが、あっさりめで鶏バージョンも好き。

本日の献立『野菜中心のフツーの祝い膳』

・ピーマンの肉詰めと生野菜

・スモークサーモンのマリネ風大根サラダ

・カリカリベーコンと温野菜のチーズ炒め

・しらすときんぴらのちらし寿司

・ニラたっぷりのかき玉汁

060220_2

サーモンのマリネ風大根サラダは大根とすりおろした玉葱、レモンと青じそ等が入っている。最後に青じそをと思っていたのに、なぜかカイワレにしちゃった私。なんやかんや言っても、オットはサーモンのマリネが好きなことを私は知っている(¬v¬)。

今日はイクラでスペシャルだ。




060220_3

お次はその名のとおり、バターとガーリックでカリカリに炒めたベーコンを野菜と炒め、パルメザンチーズとバジルや粗挽きコショウで仕上げるいつもの味。

今日はチーズ、たっぷり入れたんだけどね。


060220_5

最後まで作ろうか迷ったこのちらし寿司の具は、前回きんぴらごぼうを作った時に冷凍しておいた非常食きんぴらを少し細かくしたもの。それにしらす干しとみつばを加えた。(炒りごま、もっと入れないと見えなかったね)計らないで作ったすし酢もちょうど良かったみたい。



060220_4

汁物はニラとふわふわ卵のかき玉汁。
写真をのせるほどじゃないね。でも一応のせてみる。今日の残り物の卵大集合で、少し少なかったみたい。

晩ご飯は以上。


そして最後に・・・

今日はケーキも買ったよ。

"a la campague "のケーキ。(フランス語出なくてごめんね)

060220_6 神戸や名古屋、東京もあちこちにお店があるみたい。
いつも女の子たちがいっぱい並んでいる。近くにお店ができてから自分でいただくのは初めてだ。白いふわふわのケーキか、ブルーベリーづくしのタルトが食べたかった。

オットがフルーツの『タルト・オ・フリュイ』、私が奥の、…名前忘れちゃった!ラズベリーと優しいチーズクリーム。
食事の片付けを終えた夜中、あんなに食べた後でも、ペロッと食べれちゃう甘みを抑えたケーキ。

おいし〜@^▽^@

明日は朝からハードワークなので、大丈夫、これぐらいのカロリーは…。

今日はこれ以上考えず寝る事とする。

★料理ブログに参加しました!
気に入っていただけたら、にほんブログ村 料理ブログへ←クリックお願いします。

 

|

« プリプリささみとセリのポン酢びたし、そしてなぜかおでん? | トップページ | 深夜の晩ご飯 イクラ丼とイクラ茶漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/8765301

この記事へのトラックバック一覧です: ピーマンの肉詰めで祝い膳&『ア・ラ・カンパーニュ』のケーキ:

« プリプリささみとセリのポン酢びたし、そしてなぜかおでん? | トップページ | 深夜の晩ご飯 イクラ丼とイクラ茶漬け »