2017年2月24日 (金)

焼売と献立

 

170214_02  

<2月14日の晩ごはん>

ターサイの生姜炒め
焼きねぎの即席マリネ
ボリューム焼売
野菜とわかめと桜エビの具沢山スープ
チョコレートケーキ💦

 

 

春を目前に、冬に食べたいもの作りまくりです。

あ、そういえば、これがバレンタイデーごはんだったんだー。笑

 

 

170214_01

 「晩酌ごはん本」にも肩ロース肉から作る焼売を掲載しています。

この日は肉肉しいのを作ろうと思って、肉は切り落としじゃなくてブロック肉を切って使い、玉ねぎとの割合を変えてみました。

ゴロゴロッと肉を感じるよう、半分は包丁で切って、食感も残しました。

肉が370gに玉ねぎが130g。干し椎茸2枚と調味料はほぼ同じで作りましたが、肉が多いので塩をほんの少し増やしたかな。同じでも問題ないけど。

ひき肉で作る時は、醤油とかオイスターソースを増やしたくなるんですけど、いい肉を使うときはシンプルに作ってお肉の美味しさ感じていただきます。

その辺りは適当に作っても、美味しくできちゃうのが焼売のや餃子のいいところですね。

 

 

170214_04

ふんわりだけどボリュームがあって、ジューシーでうまいです!

実家デリの分とお弁当分を取り分けて冷凍しましたよ。
お弁当でも肉にくしくて良かったと、すごく喜ばれた。

 

 

170214_03

こちらの焼きねぎの即席マリネも「晩酌ごはん本」から。

二人で1本半〜2本白い部分使っても大丈夫です。

コショウや七味を効かせてどうぞ〜。

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

Bansyakugohan_3

  Tomyの晩酌ごはん(文化出版局)発売中。 

  
  → amazon   

  
  → 楽天

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

お弁当いろいろ vol.13

 

 

170100bento_05

<1月 えのき茸の肉巻きと菜飯弁当>

  • えのき茸の肉巻き
  • ブロッコリーとささみのゴママヨ和え
  • ゆず大根
  • 金柑甘煮
  • 塩ゆで卵
  • 梅きゅう
  • プチトマト
  • 大根葉とゴマの菜飯

 

 

 

170100bento_07

<1月 鶏肉としめじのケチャップ炒め弁当>

  • 鶏肉としめじのケチャップ炒め
  • 卵焼き
  • 水菜のおひたし
  • ゆず大根
  • きんぴら太ごぼう
  • 白米 + 塩昆布

 

 

 

170100bento_08

<1月 ハムのバルサミコ焼きと塩鯖弁当>

  • ハムとパプリカのソテー バルサミコソース
  • 塩鯖
  • プチトマト
  • きんぴら太ごぼう
  • 白菜とちぢみホウレン草の生姜風味おひたし
  • ゆず大根
  • 白米 + 梅干し

 

 

 

 

170100bento_09

<1月 イワシのごま煮弁当>

  • イワシのごま煮とちぢみホウレン草の胡麻和え
  • ネギ入り卵焼き
  • プチトマト
  • ゆず大根
  • ブロッコリーマヨネーズ
  • 人参の塩麹炒め

ちぢみほうれん草は、イワシの煮汁も使って。

 

 

 

170100bento_10

<1月 チーズサンドのハムカツ弁当>

  • チーズサンドのハムカツ + キャベツ
  • ひよこ豆とちぢみホウレン草とプルーンのカレー風味サラダ
  • 人参の塩麹炒め
  • プチトマト
  • 黒米入りごはん + ごま塩

 

 

 

170100bento_11

 <1月 ハムと卵のチャーハン弁当>

  • ハムと卵のチャーハン
  • 塩茹でスティックセニョール
  • 紫キャベツのマリネ
  • エビとはんぺんの揚げ団子
  • プチトマト
  • みかん

 

 

 

170100bento_14

<1月 肉団子とさつま揚げの炒め煮弁当>

  • 肉団子の黒酢あん
  • カリフラワーマヨネーズ
  • 卵焼き
  • もんべつさつまとセロリの炒め煮
  • 赤かぶの酢漬け
  • 白米 + 大根葉炒め

 

 

いただきもののハムと大根葉を使ったお弁当がいっぱいでしたー。

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

しらたきとさつま揚げの炒め煮など

 

春一番が吹いて、暖かな日もありましたが、夜帰ってくるときは寒いんだよ〜。
もうちょっとお鍋(小鍋)も楽しみます。

そんな小鍋の副菜にぴったりなおかず。
いくつかチョイスしてみました。

 

170113_01

しらたきとさつま揚げの炒め煮は、七味を入れてお酒にもぴったりな一品に。
さつま揚げの旨みを、乾煎りしたしらたきに吸わせます。

私の好みはごぼうと人参入りの野菜天と炒めるのが好きですが、お好みのさつま揚げで!

お鍋以外にも、手羽元や手羽先がメインの副菜にもよく作ります。
この日は手羽元の黒糖お酢煮。

 

「しらたきとさつま揚げ(野菜天)の炒め煮」

しらたき……あく抜き済み徳用大1袋(約350g)
野菜入りさつま揚げ……3枚
サラダオイル(またはごま油)……大さじ1/2
A: 酒・みりん・薄口しょうゆ・水……各大さじ1、塩少々
七味唐辛子

しらたきは塩もみして洗い、食べやすく切る。さつま揚げは5〜6mm厚さに切る。
フッ素樹脂加工のフライパンでしらたきを乾煎りして水分を飛ばして端に寄せる。
オイルを加えてさつま揚げを軽く炒め、しらたきと混ぜたらAの調味料を加え、水分が少なくなるまで炒め煮にする。仕上げに七味唐辛子をふって混ぜる。

 

 

170131_02

昔は酒を飲んでいた父に、母がよくおつまみのさきイカを使って一品作っていました。
最近買ってないけど、私も「燻製風味のいかくん」と、塩もみしたセロリをごま油とコショウで和えたりしてたな。

これはお好み焼きに入れたりする(?)切りイカと、塩もみセロリを和えたもの。
こちらはごま油の他に酢と砂糖を少しだけ入れて。

 

 

170131_01

小松菜やホウレン草だけじゃなく、ターサイも今は柔らかで美味しいとき。
生姜と一緒にさっと炒めたて、スンドゥブ鍋や湯豆腐の小鍋とともにいただきたい。  

 

来週には3月なんだね…。

 

 

170127cat_02  

頭寒足熱。 

夜はずーっとこたつにひきこもっていては、ときどきフラフラして出てきます。笑

モンはもうちょっと冬を楽しみたいかもしれないな。

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

鰤刺し&鰤しゃぶ

 

170201_01

<2月1日の晩ごはん>

ひじきの五目煮
鰤の刺身と鰤しゃぶ
雑炊 
ゆず風味の白菜の浅漬け

 

お鍋はいろいろ食べているのに、今年はうっかり、鰤しゃぶをまだ食べていなかったのでした。

今のうちに食べないとね!

 

170201_02a

自分で切ったので、お店で買う鰤しゃぶ用のスライスより分厚い〜(笑

しかも、途中で表裏を数枚間違えて、あまり美しく盛れてませんが、自分で切る方が安くあがります。

野菜は水菜と白ネギの薄切り、ピーラー大根を用意しました。

昆布出汁に、香り付け程度の薄口醤油、酒と塩で下味をつけて、軽くシャブシャブしていただきます。

 

 

170201_03  

が、その前に、、、刺身用の鰤なので、まずは刺身でお酒を。

うっまっ!

 

 

170201_04  

ちょっと分厚く切ってしまったけど、これが好みのしゃぶしゃぶ加減にしやすくて良かった。
ポン酢と柚子胡椒でいただきました。

 

締めには醤油と塩を少し足して、卵で雑炊に。
鰤しゃぶも二人分なら小鍋でやった方が出汁が濃厚になっていいですね。

ごきげんな晩ごはんでした〜。

 

 

そういえば、私は以前、お刺身なんかも良く研いだ三徳包丁で切っていたのですが、それはキッチンの調理スペースが狭いからでした。

だんだん料理をするようになってくると、やはりもう少し長い牛刀が欲しくなり、結局21cmの牛刀で刺身もたいていのものを切っています。

このサイズが一番自分が使い易い好きなサイズ。
そして今のスペースではこれが限界。 

 

先日もオットが洗い物をしてくれたのですが、包丁を洗ったあと、置いておく場所が狭いために、手が触れたらしく、洗ったこの牛刀が落ちてきたそうです。

自分の足に!!!!! (lll゚Д゚)

「包丁が刺さった〜!」って聞いて、

「え?漫画?」って一瞬思っちゃった私を許してください。

 

出血したものの、鋭利な先端が垂直に落ちたようで傷口は7mm程度だったんですが、3日ぐらい歩くのも痛かったようです。

めっちゃ研いだばかりだったけど、大ケガしなくて、ホントに良かったよぉ。

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

鶏胸肉の治部煮風と献立

170126_01

<1月のある日の晩ごはん>

うるめいわしの骨チップス
青梗菜と桜エビの炒めもの
鶏胸肉の治部煮風
ゆず大根
オットはごはん

 

 

前日にうるめいわしをオイルサーディンにしたんですが、 たくさん三枚におろしたので、その骨に塩をふって冷凍しておきました。

それに胡椒と小麦粉つけて揚げたら骨チップス。
美味しいおつまみです♪

 

170126_02

桜エビ(乾燥)と青梗菜と生姜で炒めました。

前日に昆布蒸し鶏を作って、濃厚な蒸し汁を残していたので、それを少し鶏ガラスープ代わりに加えてあとは塩こしょうだけ。

おいしかったなぁ。

 

5分で手軽に作るおいしいものもあるけど、日々の連続の家庭料理の中でできる美味しさと一品ってあるよね。

 

 

170126_03

金沢の郷土料理の治部煮風に。

鴨のかわりに、片栗粉をつけた胸肉を、ちょっと甘い煮汁でさっと煮ました。
小蕪が残っていたので、しめじと一緒に。 

 

 ★recipe 「鶏胸肉の治部煮風」

小蕪がなければ、下茹でした大根でも。
しめじの代わりに椎茸などでも代用できます。

胸肉がシットリ美味しくいただけます。

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

お弁当いろいろ vol.12

 

弁当作りも、もうすぐ6じゃなかった:汗)7年目に突入しようとしています。
てきるだけ手作りのものをと思って続けてきました。

でも正直、デカイ弁当箱を埋めるだけでいっぱいいっぱいでした。
自分の弁当画像を整理して見て、反省はしていたのですが…。

もう少しきれいな弁当にしたいと思った昨年末。
それから、ちょっとだけ気を使ってみている、今年の弁当作りです。

昨年末からの弁当画像大放出するよ。

 

161200bento_08  

<12月 豚肉の炒め物ともんべつさつまのお弁当>

  • 豚肉とピーマンと榎茸のピリ辛炒め
  • 赤かぶのリンゴ酢付け
  • もんべつさつまの生姜焼き
  • 卵焼き
  • 梅キュウ
  • 白米 + 自家製海苔の佃煮

 

手作りって言ったばかりだけど、「もんべつさつま」っていうスケトウダラ100%のさつま揚げが美味しくて好きなので、入れてあげました(^^;

 

 

161200bento_06

<12月 塩鯖と豚しゃぶの胡麻和え弁当>

  • 豚しゃぶと人参のゴマ和え
  • 塩鯖
  • 赤かぶのリンゴ酢漬け
  • 春菊ともってのほかのおひたし
  • ブロッコリーの茎とかぼちゃのサラダ
  • 黒米入りごはん + 塩昆布
      

冷凍庫整理で、最後に残っていたもってのほかを使って。

 

 

170100bento_02

<1月 牛肉の野菜巻き弁当>

  • 牛肉の野菜巻き(いんげん、にんじん)
  • 菊花ラディッシュ
  • セロリとじゃこの炒め煮
  • ネギ入り卵焼き
  • ちぢみほうれん草のおひたし
  • 塩茹で銀杏
  • 金柑の甘煮
  • 白米 + 塩昆布

おせちで作った肉巻きを冷凍していたものを使って。おせちのなごりがある弁当ですね。

 

 

170100bento_03

<1月 ささみチーズカツとピラフ風チャーハン弁当>

  • ささみチーズカツ
  • ブロッコリーマヨネーズ
  • ピラフ風チャーハン(玉ねぎ、いんげん、コーン、にんじん)
  • りんご  

 

以前アップしたささみチーズカツ。

お弁当用には、1枚のささみを開いてたたき、半分に包んでもいいですね。

 

 

170100bento_04

<1月 塩鮭といろいろ弁当>

  • 塩鮭
  • ちぢみほうれん草の海苔巻き
  • ゆず大根
  • エリンギのバター醤油ソテー
  • 卵焼き
  • ブロッコリーのゴママヨネーズ
  • プチトマト
  • 黒米入りごはん + 焼き生姜の佃煮

 

特に変わったものはないんだけど、こんな弁当は喜ばれる。

 

 

170100bento_06  

<1月 鯖缶とキャベツのカレー煮弁当>

  • 鯖缶とキャベツのカレー煮
  • 黒米入りごはん + 焼き生姜の佃煮
  • みかん

努力を誓ったばかりなのに、ネタがなくて、すぐにこのありさま。

でも朝作ったカレー煮はルウを使っていない手作りです。
弁当用に汁気を少なめの具沢山。

具はキャベツ、玉ねぎ、人参、鯖缶。
炒めたセロリと玉ねぎのペーストが隠し味。ケチャップ入り。

 

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

ちぢみ小松菜 ちぢみほうれん草

 

冬のほうれん草は、ちぢみほうれん草ばかり好んで買っています。

霜にあたらないとあの糖度が出ないらしいけど、特に1月〜2月のちぢみほうれん草は甘くて美味しい。

普段は小松菜の方が食卓に並ぶ回数が多いのだけど、この季節はちぢみほうれん草の方が断然多いのです。

そんなとき、ちぢみ小松菜も見つけました。

 

 

170120_01

少し生で食べたけど、柔らかでアクがなくて美味しいっ。

煮る予定を変更して、ベーコンとニンニクでさっと炒めるだけの一品にしました。

酒を少しふったけど、塩こしょうだけ。
美味しかったよ〜。

21時の帰宅だったので、まずはこれとビールでとりあえず乾杯。
あとは飲みながら、残りの料理を作るというパターンです。

青菜炒めは、冬が一番美味しいとりあえずの一品。

 

 

 

170123_04

もちろん、ちぢみほうれん草も毎週食べてます。

和え物以外にも、これはひよこ豆とプルーン(セミドライ)と合わせたサラダ。
プルーンの甘さだけでなく、さっと茹でただけの、茎がしっかり食感で甘いっ。

 

170208_01

先日の休日には、玉ねぎとちぢみほうれん草のカレー。しっとりチキンソテーのっけ。

炒めた玉ねぎを、大好きな『印度の味』と水で煮て、仕上げにさっと下茹でしたちぢみほうれん草を加えてます。

お正月あけの朝食カレートーストでも作ったけど、カレーに負けないちぢみほうれん草の味わいと食感。好きだなぁ。。。

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

セロリ餃子

170115_01

<1月のある日の晩ごはん>

セロリ餃子
トマトと卵の炒め物
白菜とえのき茸と干し貝柱入りのスープ

 
 

ビールも必須だけど、寒いから、熱いスープ付きで餃子の晩ごはん。

水餃子では食べた事のあったセロリ餃子を、この日は焼き餃子でも作ってみました。

セロリ一本近く入っているけど、そんなにセロリの青臭い感じないよ。
セロリ好きにはたまんないけど、そうでない方でも食べてもらえそう。

セロリ餃子、好き〜!

 
 
 

170115_02

 

 

焼きがイマイチの仕上がりだったかな(汗

でも美味しかったー!

 

セロリは葉も含めて一本近く入っています。他には長ネギを10cmくらい。
野菜はこれだけで、同量か、ちょっと多めの豚ひき肉を塩少々、酒、醤油とオイスターソースとごま油、こしょうなどで下味をつけました。

実はこの翌週も食べてしまったという、セロリ好き。

 
 

セロリには、イライラ解消作用があるらしいですよ。

私にも必須(笑

 

 

 
 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

おひざだっこ

 

昨日の節分は、ぐったり疲れて帰ってきて、オットのリクエストのメンチカツと、恵方巻きを買って帰りました。

かろうじて、サラダだけは作ったけど、汁モノも作れずに力尽きてしまった。

恵方巻きもまだ自分で作ったことないけど、昨日は豆まきもできなかったなー。
うちには鬼(嫁)がいるんだけどね…(笑


 
 
 

160124cat_011_2

 

来週末はゆっくり本でも読みたいな。

モンを抱いて。


 

本人(本猫)は、目を細めて喜んでるつもりなんだけど、顔がこわいよね(笑

 
 

 
 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

トマト鍋の副菜*長芋と桜エビのチーズグリルなど

170122_04

トップに鍋画像3連投、しつこくてごめーん(笑
 

時々、外のスタジオで一仕事終えて帰る途中、『太陽のトマト麺』を食べに行きます。

最初は、おいしいけど感動するほどではないかな?なんて思ったのですが(ゴメンナサイ)、後からじわじわ「身体が喜んでる気がする〜!」という満足感。疲れた身体がスッキリするので妙に癖になってしまい、また食べに行きたくなります。

ニンニクやトマトのパワーもありつつ、鶏ガラや野菜の素材の美味しさなんでしょうか?
洋風じゃなくて、ラーメンに合う感じもちゃんとあるのがいい。

私はあさり入りのトマトラーメンを毎回決まって頼むのですが、そんなわけで、トマト鍋を作るときは、太陽のトマト麺を妄想しながら作ってしまいます。(笑

じっくり鶏ガラのだしをとることはそうそうないのですが、あさりや魚醤を入れたりするのがちょっとこだわり。
この前日はあさり300g酒蒸しにした蒸し汁があったので、それを使いました。

今度は魚貝メインの、洋風ブイヤベースにするのもいいねー。

 

 

170122_02  

そんなトマト鍋の副菜に作るのが、長芋とチーズのソテー。
この日はカマンベールと桜エビをのっけました。

桜エビは酒少々で湿らせてフライパンでちょっと乾煎りして取り出します。
1.2cmぐらいに切った長芋に塩コショウしてオイルで焼き、柚子胡椒を溶いた醤油を少しかけます。
その上にカマンベールと桜エビをのせて黒胡椒をかけ、グリルかオーブンでちょっと焼くか、フライパンの蓋をして蒸し焼きにし、カマンベールが少し溶けてきたらできあがり。

チーズは普通のチーズにして、柚子胡椒はお好みでなくても。

めっちゃ古い記事にも、「長芋とカマンベール」がありました。
そら豆が安く出回ったら、また作ります〜。

 

 

170122_03

もう一品、よく作る定番の副菜。

セロリとリンゴのサラダです。この日はヨーグルトドレッシングで。

マヨネーズとヨーグルトで簡単に作る時もあるんだけど、オイルと粒マスタードであっさり作るこっちの方が好きかな。
くるみ入れ忘れたし、セロリを分厚く切りすぎたけど、とりあえずレシピメモ
 

★レシピメモ 

セロリ1本とリンゴ1/2個は食べやすく5〜6mm厚さに切る。
くるみがあれば粗みじんで適量用意。
ヨーグルトドレッシング(ヨーグルト大さじ2、リンゴ酢大さじ1/2、粒マスタード小さじ1、はちみつ小さじ1/2(なくてもOK)、オリーブオイル大さじ1、塩ひとつまみ、こしょう適宜)をよく混ぜて、食べる前に和える。
(*ヨーグルトは、余分な乳清をのぞく)

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«冬小鍋いろいろ